日産デイズの超絶進化【伝家の宝刀プロパイロットでいざ勝負!!】


日産デイズ/デイズハイウェイスターが2019年3月28日にフルモデルチェンジにより刷新された(以下デイズをスタンダード、デイズハイウェイスターをハイウェイスターと呼ぶ)。旧型が2013年6月デビューだから約6年で初のフルモデルチェンジとなる。

日産のフルモデルチェンジ車は、2017年9月のリーフ以来約1年6カ月ぶりで、久々の登場となった日産の新型車デイズへの注目度は高い。

企画・開発のマネージメントを日産と三菱の合弁会社であるNMKVが行うというのは旧型と同じだが、日産が軽自動車に対して本気になり、開発の主導権を握ったのが旧型とは大きな違いといえる。ある意味日産が初めて本気で作った軽自動車とも言えよう。

三菱はeKワゴンとeKカスタムの後継車となるeKクロス、日産は従来どおりデイズにスタンダードとハイウェイスターをラインアップする。

デイズのライバルは、スズキワゴンR、ダイハツムーヴ、ホンダN-WGNとなるが、一新された日産デイズはどんな魅力を持っているのか?

文:ベストカーWeb編集部/写真:平野学


開発コンセプトは小型・普通乗用車と同じ

日産はユーザーがワクワクするような体験を具現化するために、『ニッサン インテリジェント モビリティ』をスローガンにクルマ作りを展開中で、デイズ/デイズハイウェイスターのコンセプトもここにある。

それを実現するために、旧型のネガ潰し(加速性能など)を徹底したうえで、快適&安全装備の充実などを図ることで魅力を追求している。その結果、軽自動車初、日産初となるものも満載されることになった(詳細は後述)。

デイズのスタンダードとハイウェイスターをフルモデルチェンジするにあたり、エンジン、トランスミッション、プラットフォームのすべてを新開発した日産の本気度に驚かされる。

日産デイズはユーザーが旧型に対して新開発エンジンの搭載、新プラットフォームの採用、新開発CVTの相乗効果で最も不満に感じていた加速性能の悪さを大きく改善

ハイトワゴン軽自動車ナンバーワンの快適空間

全長3395×全幅1475×全高1640(4WDは1660)mmということで旧型比で全高が20mmアップしただけ。

新しいプラットフォームは、フロントタイヤを前方に配置することでホイールベースを旧型から65mm延長。

これによりリアシートのニースペースは旧型より70mm長くなり、高級サルーンのフーガに匹敵するリアのスペースを実現することに成功している。

真横のアングルだと、新型デイズの前後のオーバーハングが強烈に短いことがよくわかる。65mmのホイールベース延長ぶんをユーティリティにそのまま活用

ラゲッジの広さもデイズの魅力で、旧型よりも+135mmの奥行きで、クラスナンバーワンの荷室スペースを誇る。リアシートはスライドするので、荷物によって広さを選べるのもうれしい。

広さに加えて、着座した時のアイポイントを15mm上げることで乗った時の安心感、見晴らし性が向上している。これはクラストップレベルの前方上方/下方視界角を確保しているという。

新型デイズシリーズのラゲッジスペースは旧型に比べて135㎜奥行きが増えて使い勝手も向上。リアシートはスライドするのでアレンジの範囲は広い

次ページは : エクステリアの質感がすこぶる高い!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ