超絶人気のヤリスクロスがマイナーチェンジ! 日本発売は2024年1月中旬か? 第5世代の新HV搭載で大幅進化!

■兄弟車のレクサスLBXより大きい10.5インチのディスプレイオーディオ

12.3インチのフル液晶メーターと10.5インチ
12.3インチのフル液晶メーターと10.5インチ

 インテリアは大幅進化。プレミアエディションとGR SPORTには12.3インチのフル液晶メーターが用意される(そのほかのグレードは7インチ)。

 センターディスプレイオーディオは9インチのほか、上級グレードには10.5インチが用意される。兄弟車となるレクサスLBXは9.8インチだからそれよりも大きいということになる。細かいところでは運転席と助手席の間にセンターアームレストが装着されているのも嬉しい。

10.5インチのディスプレイオーディオ。レクサスLBXの9.8インチより大きいってどういうこと?
10.5インチのディスプレイオーディオ。レクサスLBXの9.8インチより大きいってどういうこと?

 安全機能の向上もポイント。Appleまたは Android のスマートフォンを使用したMyTアプリは最大5人のユーザーが車両にアクセスでき、リモートでのロック/ロック解除、走行前の空調操作、混雑した駐車場などで車両の位置を特定するためのハザードライトの作動など便利な機能も用意されている。

 ヤリスクロスに搭載されるトヨタT-Mate は、安全性と運転のしやすさを向上させる先進機能を統合したもので、最新「Toyota Safety Sense」システムを搭載するなど、さらに機能が強化されている。

 これらの機能は、ほかのBセグメントSUV モデルではオプションや未搭載のことが多いが、ヤリスクロスでは標準装備となっている、とプレスリリースでは強力にアピールしていた(欧州仕様)。

12.3インチのフル液晶メーター
12.3インチのフル液晶メーター

 主な標準装備の安全装備としては、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)、オートマチックハイビーム(AHB)、レーダークルーズコントロール(ACC)、ブラインドスポットモニター(BSM)、パーキングサポートブレーキ(PKSB)。

 また新しいマルチメディアシステムとデータ通信モジュール (DCM) により、クルマをサービスセンターに持ち込むことなく、ソフトウェアアップデートを無線で配信できるようになった。これにより、Toyota Safety Sense とマルチメディア機能をシームレスにアップグレードできるという。

■日本発売はいつ?

アーバンカーキ/ブラックの2トーンカラーに18インチの5スポークアルミホイールが映えるヤリスクロス・プレミアエディション
アーバンカーキ/ブラックの2トーンカラーに18インチの5スポークアルミホイールが映えるヤリスクロス・プレミアエディション

 すでにトヨタディーラーではヤリスクロスの受注は停止になっているが、このマイナーチェンジモデルの発売が近いためだろう。ディーラーの情報では、ヤリスクロスのマイナーチェンジモデルの発売時期は2024年1月中旬頃になるという。

 日本仕様の中身がどうなるか正確にはわからないが、エクステリアデザインやハイブリッドシステム、メーターやディスプレイなどのインパネ回りなどは欧州仕様に準じるのではないだろうか。

【画像ギャラリー】全然安っぽくない新型ヤリスクロスの内外装の写真をチェック!(9枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!