レカロシートに6速MTは羨ましすぎ!! WRXの北米仕様が激アツ!! 新グレード「TR」日本導入切望のデキ

レカロシートに6速MTは羨ましすぎ!! WRXの北米仕様が激アツ!! 新グレード「TR」日本導入切望のデキ

 スバルオブアメリカは2023年12月20日、WRX(日本名:WRX S4)の2024年モデルの詳細を発表した。パフォーマンス重視のアップグレードを施したというTRグレードが追加となったが、その内容について紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/スバル

【画像ギャラリー】北米のWRX2024年モデルが精悍! 写真でCHECKだ!!(39枚)画像ギャラリー

■新設定のTRを含めて全5グレード設定

北米WRXの2024年モデルが正式発表された
北米WRXの2024年モデルが正式発表された

 WRXは6MT車を含む全モデルにアイサイト運転支援技術を標準装備しており、すべてのグレードに最高出力271hpを誇る2.4L水平対向ターボのFA24ターボと、シンメトリカルAWDを搭載する。

 ワイヤレスのAndroid AutoとApple CarPlayとの互換性を備えたタブレットスタイルの11.6インチSUBARU STARLINKマルチメディアプラスシステムが2024 年モデルのすべてに新たに標準装備されており、開始価格3万2735ドル(約466万円)で2024年初頭に北米の小売店に登場する。

WRX2024年モデルのリアビュー。小ぶりなトランクスポイラーが装着されている
WRX2024年モデルのリアビュー。小ぶりなトランクスポイラーが装着されている

 グレードは「ベース」、「プレミアム」、「リミテッド」、「TR」、「GT」の5つ。GTを除くすべてのグレードに6MT車が設定されている。スバルパフォーマンストランスミッション (SPT) は、プレミアムとリミテッドにはオプション設定されており、GTには標準装備されている。

 WRXの6速MTは最適化されたギア比を備え、洗練されたシフト品質を備えている。また、SPTはより高速なシフトアップとシフトダウンを実現し、ブレーキング時に回転数に合わせたシフトダウンにすばやく反応してコーナー付近やコーナー出口で理想的なレシオを維持する適応シフト制御を備えている。

次ページは : ■スポーツグレードのTRが熱い!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します