カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか

カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか

 欧州日産がキャシュカイのフェイスリフトモデルを発表した。うーん、お世辞抜きでかっこいいぞ。しかもよく考えたら日本で大人気のカローラクロスと近いサイズ感。もちろんe-POWERもあるからもしかしたら対抗馬になっちゃうんじゃ??

文:ベストカーWeb編集部/写真:NISSAN

■全長4425mmで「カロクロ」に迫るちょうどよさ

この顔なら「かっこいい」と思う消費者も多いのでは
この顔なら「かっこいい」と思う消費者も多いのでは

 日本で大人気のカローラクロス。その最たる理由は「ちょうどよさ」だろう。スタイリングも攻めすぎず、中身はカローラだから使い勝手も燃費もいい、そんなSUVが売れないワケはない。

 日産にもそんな「カロクロ」の対抗馬が登場しそうだ。今回欧州日産が発表したフェイスリフトされたキャシュカイがそれ。

サイズ感は絶妙。古臭かったデザインが一新されたのはうれしい
サイズ感は絶妙。古臭かったデザインが一新されたのはうれしい

 現行型は全長4425mm×全高1625mm×全幅1835mmと絶妙なサイズだ。カローラクロス比で65mm短く、5mm高く、10mm幅が広い。ほぼ同じサイズ感だ。

 全高がグッと抑えられた姿は他人と被らないチョイスとして人気が出そう。

現行型はこんな感じ。うーん、今見ると野暮ったいぞ
現行型はこんな感じ。うーん、今見ると野暮ったいぞ

■フェイスリフトされて「ノート」顔に

リアブレーキランプは楔状のデザインが追加された
リアブレーキランプは楔状のデザインが追加された

 今回のキャシュカイ最大のハイライトはきりッとしたフェイスデザイン。従来型はメッキを使ったVモーショングリルだったが、新型になってマイナーチェンジ前のノートのようなブラックアウトされたフェイスデザインになった。

 もうこれだけでかっこいい。ブレーキランプやリアバンパーのリフレクターの形状も変更されている。顔が変わるだけで随分と印象は変わってくるものだ。

インテリアもいいぞ
インテリアもいいぞ

 パワートレインなどは変わらないが、新しいアラウンドビューモニターとGoogleを装備しているのが新しいポイント。

 ここらへんで日産が新しい元気のあるSUVを日本市場に投入してほしいなぁ……。キックスとキャシュカイの2段構えがあればトヨタへの対抗馬としては相当強い布陣になると思うのだが、日産の中期経営計画などを鑑みれば日本導入は十二分にありうるという事実はお伝えしよう。

【画像ギャラリー】サイズ感が絶妙なのよ 内装もステッチがマジ上質なキャシュカイを見て!!(19枚)画像ギャラリー

 

 

  

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号