プリウスPHV、CX-5、CX-3、デミオなど情報続々【地獄耳スクープ】

 月に200店のディーラーを回る遠藤徹氏。その遠藤氏が足で稼いだディーラーでの最新情報を毎回お届けするのがお馴染みの「地獄耳スクープ」。

 今回は注目のトヨタプリウスPHV、そしてマツダのCX-3、デミオ、CX-5の情報をお届け。

 文:遠藤徹/写真:池之平昌信(プリウスPHV)
ベストカー2016年11月10日号


プリウスPHVの年内発売は絶望的

 トヨタはプリウスPHVの発表、発売をこれまでの12月下旬から17年1月下旬に再延期すると、このほど傘下販売店に通達しました。

 これまで10月下旬から12月下旬に2カ月先送りしているため、さらに1カ月延期することになります。生産を徐々に立ち上げ、軌道に乗せるためとしており、組み立てそのものはすでに8月から開始しています。

 販売店各社では12月に発売するクロスオーバーSUVのC-HRと並行して、ティザーキャンペーンをスタートさせています。

20160928_01_03_s
話題のハイブリッドクロスオーバーのC-HRとのタッグで、販売面でも好成績を上げるか期待だ

CX-5、まもなくFMC。現行型がオーダーストップ

 マツダは今年11月いっぱいをもって、現行CX-5をオーダーストップし、生産を終了する見込みです。

 来年2月にも発売する次期型への切り替えのため。すでに生産グレードやボディカラーは売れ筋に絞った生産に移行しています。

11月〜12月にデミオ、CX-3の一部改良。話題のG-ベクタリングコントロールを搭載

 マツダは今年11月~12月にデミオ、CX-3、アテンザを一部改良し、カーブなどでの重量配分を自動制御することで、ワインディングコースなどでの走破性を向上させる「G-ベクタリングコントロールシステム」を装備。

 このシステムは、今年7月中旬にビッグマイナーチェンジしたアクセラに採用しており、以降好調な販売推移をみせていることから、主軸3モデルについても展開します。11月にデミオとCX-3の2車とも改良され、12月の改良はない可能性もあります。

01_W_text_160421
誰でも自然なコーナリングを味わえるG-ベクタリングコントロール搭載車種を拡大する

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ