新型インプレッサに試乗!! ラリー界の“チャンプ”新井敏弘が徹底分析


ボディ剛性、ハンドリングはライバルのゴルフより上か?

 ゴルフの装着タイヤはインプレッサのインチと同じ銘柄となるBS製のエコタイヤ、TURANZA T001の225/45 R17 です。

 ゴルフは路面からの小さい入力に対してほとんど反応しないというか、ずっとフラット& ライドに動いています。ボディ剛性感は新型インプレッサと比べると同レベルですがコ ーナリング中の安定感はインプレッサのほうが高い。

 乗り心地に関してはゴルフと18インチ仕様のインプレッサはイーブン。決定的に違うのは直進安定性のよさ。インプレッサはハンドルを切った瞬間にクルマがカーンと曲がり出す気持ちよさがあります。これは直進安定性がいいから、よく曲がるということなんです。

ike_-43_01
直進安定性などさまざまな面でゴルフに勝るというインプレッサ。CVTだけが悔やまれる?  

エンジン、トランスミッションの出来は?

 以前のFB 型エンジンってミャーンと「嫌だ回りたくない」っていう感じで回るんですが、新型FB エンジンはそれがなくなって滑らかに雑味なくスムーズに吹け上がります。

 リニアトロニックもオー トステップ変速の制御がよくなって人間の感覚とのズレ、違和感が解消しています。

 ダイレクト感ではゴルフの7速 DSGにはさすがに負けますが、排気量が少し足りなくてアクセルを踏み込まないと速く走れない……というゴルフの感覚に比べると、インプレ ッサの2Lエンジンのほうが全体的には好印象です。

次ページは : インプレッサの詳しいスペックと公道試乗は…