【新世代のマツダを辛口評価!!】現行ラインナップ全10車の長所と短所

【新世代のマツダを辛口評価!!】現行ラインナップ全10車の長所と短所

「人馬一体」というテーマを掲げ、開発を進めているマツダ。スバルと同じく国産自動車メーカのなかでは独自路線を歩んでいるが、最近のマツダ車には、開発者のこだわりが目一杯詰まっている。

 また、「ここ最近のマツダ車の走りはすばらしい」とほめられることが多いマツダ車だが、本当のところはどうなのか!? 大いに気になるところだろう。

 今回は最新のCX-30やマツダ3を含む 10モデルの長所と短所を、渡辺陽一郎氏が解説。クルマの総合点を採点する。

※本稿は2019年10月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:MAZDA、編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号

【画像ギャラリー】実はやたらとカッコいい、海外の向こうのマツダ車


■MAZDA 3 ファストバック(222万1389〜328万1055円)

光のリフレクションなどで、ボディデザインを際立たせる深化した魂動デザインが採用される

 マツダの第7世代商品群、第一弾として5月に登場。1.5Lと2L、2種のガソリンエンジンと1.8Lディーゼルターボが用意される。ファストバックはMTも選択可。

○長所
 カーブを曲がる時の挙動変化が滑らか。ハンドルの舵角に応じて車両の向きが正確に変わり、ドライバーも一体感を得やすい。

 下り坂のカーブで制動を強いられても、後輪の接地性が高く、不安定な状態に陥りにくい。乗り心地は少し硬いが、バタバタした粗さと突き上げ感は抑えている。内装は上質で前席は座り心地がいい。

×短所
 3ナンバー車となるミドルサイズハッチバックは、ファミリーユーザーのニーズも高い。しかしマツダ3は後席の足元が狭く、4名で乗ると窮屈だ。ピラーが太く、後席側のサイドウィンドウが極端に狭いため、斜め後方の視界も悪い。後席の乗員についても、周囲の風景が見にくく閉鎖感が生じる。

●100点満点で採点すると……67点

■MAZDA 3 セダン(251万5741〜320万9555円)

ファストバックが注目されがちだが、実際に目にするとセダンの美しさに驚くはず。キレイです

 ファストバックのセダン版だが、ガソリンの搭載エンジンが2Lのみとなり、用意されるミッションも6ATのみとなる。静粛性が高く、内装の質感も高い。

○長所
 基本的な特徴はファストバックと同じだが、後方視界はセダンが少し優れる。セダンはトランクスペースが独立しているためノイズも低減させやすい。

 ファストバック同様、後輪の接地性を充分に確保したうえでカーブを自然に曲がるから、運転が楽しい。助手席にもシートリフターが備わり、最適な着座姿勢が得られる。

×短所
 セダンの後席もファストバック同様に狭い。身長170㎝の大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシひとつ半だ。グレイスのふたつ半に比べて窮屈に感じる。

 マツダ3の車両重量は、2Lガソリンエンジン車でも1300kgを超えるから、峠道では動力性能が物足りない場面もある。

●100点満点で採点すると……70点

■MAZDA 2(157万3000〜266万7500円)

減速エネルギー回生システム(i-ELOOP)搭載車以外のFFでは、6MTも選択できる

 110ps/14.4kgmを発生する1.5Lガソリンエンジンと、105ps/25.5kgmの1.5Lディーゼルを用意。現在のマツダの登録車における、唯一の5ナンバーモデルだ。

○長所
 一番の特徴はほかのマツダ車同様、ドライバー本位の開発をしていることだ。コンパクトカーには運転姿勢に無理が生じている車種もあるが、マツダ2はペダルを最適に配置した。

 シートは腰から大腿部を確実に支えるから、運転姿勢が乱れにくく座り心地もよい。走行安定性が優れ、高性能で低燃費のディーゼルも長所だ。

×短所
 ボディサイズのわりに後席が狭く、4名で乗車すると窮屈だ。荷室容量も不充分だから、ファミリーカーには適さない。サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから後方視界も悪い。1.5Lのノーマルエンジンはパワフルだが、他車の1.0〜1.3Lと違って燃費は重視していない。

●100点満点で採点すると……80点

次ページは : ■MAZDA 6 セダン(289万3000〜429万5500円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ