【カローラよお前もか】 5ナンバーでも立派&カッコよかったクルマ烈伝


 先ごろ、3ナンバーサイズとなって登場した新型カローラ。メーカーにもいろいろ都合があっての決断だが、もしアナタが「3ナンバーのほうが立派に見えるし、カッコいいじゃ~ん」などと考えているなら、それは誤りだ。

 かつての日本は税制の関係もあって、ほとんどのクルマが5ナンバーだったわけだが、それでも貧相に見えず、カッコいいクルマは、ちゃんと存在していた。

「側突時の安全性が~」なんて話もあるが、たとえばスズキなどは現在も5ナンバー枠いっぱいを使いきらない全幅のモデルを販売している。つまり安全性も問題ないはずなわけだ。

 本企画では、かつて存在した5ナンバーサイズのナイスなクルマたちを紹介する。ぜひ現在にも、こんな素晴らしき5ナンバーサイズ車が誕生してくれることを願ってやまない。

【画像ギャラリー】5ナンバーだってカッコいいモデルはできるだろ!? 往年のナイスな5ナンバーサイズ車をギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
車両解説:片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■トヨタ 4代目クラウン(1971年登場)

●クラウン史上最大の失敗作? いやいや、猛烈にカッコいいですよ!

 スピンドルシェイプと呼ぶ大胆なデザインを採用し、2ドアHTは個性的なアイラインウィンドウも話題に。小型車枠でも立派に見えたが販売低迷。

■トヨタ 2代目コロナマークII(1972年登場)

●現行マークXよりはるかにカッコよく思えてしまうのは、加齢のせいではないはずだ

 2代目マークIIでは2Lの直6エンジンを積む「L」シリーズが主役になる。4気筒車よりノーズを50mm延ばし、専用の2分割グリルを採用。

次ページは : ■日産 フェアレディ240Z-G(1971年登場)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ