【安全装備のはずが役に立たない事態にも!!】あなたのドライビングポジション、危険です!


■危険その3/ヘッドレストレイントの位置が合っていない人

 ヘッドレストと略されることが多いが、正式名称は「ヘッドレストレイント」。

 たとえば、後方から衝突された際に首はむちを打ったようにしなるが、ヘッドレストレイントはそのしなりが加わった頭部を支え頸部を守る。また、衝撃を受けた際にシートの背もたれ部分が沈み込み背中を支える安全シートを備えるクルマも多い。

 正しい位置は、後頭部の中心がヘッドレストレインの中央にくる、もしくは頭頂部とヘッドレストレイントが同じ高さになるところ。この調整を怠ると、頸部負傷による“むち打ち症”リスクが高まる。むち打ち症は完治まで期間を要するし、季節の変わり目や低気圧の影響を受け痛みが再発することがある。

真横から見て自分の耳の後ろの位置にヘッドレストの中心が来るように、自分の座高に合わせてヘッドレストの高さを調整したい。写真の位置だと低い

■危険その4/正しいステアリング位置を把握できない人

 ステアリングは両手で握り操作する。これが基本だ。では、両手の正しい位置はどこか?

 巷では「10時10分の位置で握ると危ない」、「9時15分から8時20分がよい」などさまざまな声がある。ちなみに10時10分が危ないと言われる所以(ゆえん)は、エアバッグが展開した際に弾かれた自分の腕で顔面を強打する可能性が高いことから。

10時10分の位置で持つと、腕と腕の間隔が狭く、展開するエアバッグに腕を弾かれやすい

 ただし、確かに危険性はあるが、ステアリングのスポーク位置からして、10時10分の位置が握りやすいクルマもある。警視庁「安全運転管理者講習」で講師を拝命している筆者(西村直人)としては「10時10分はなるべく避けて9時15分を握ること」を推奨している。

 9時15分の推奨理由はワンアクションで均等な左右へのステアリング操作ができ、さらに一度で操舵できる角度も大きいことから。

次ページは : ■危険その5/右腕を車外に出して運転する人

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ