マツダのデザインは本当にいいの?【10カテゴリーで国産車と比較してみた】

 新世代群の登場やネーミングの変更など、変革期の途上にあると言っていいマツダ。その流れの中にあって、「デザイン」はマツダ車の根幹をなすものの一つだ。

 今回はそんなマツダの主要モデルを10のカテゴリーに分け、国産車の同カテゴリー内のなかで、デザインNo.1に輝くマツダ車はいくつあるのかを検証してみたい。デザインにこだわるマツダだからこそ、そこはシビアに考えたい。

 10カテゴリーでデザインNo.1に選ばれるマツダ車は果たしていくつ? 判定は自動車評論家 清水草一氏。

■カテゴリーとそのカテゴリー内のマツダ車
・Cセグメントハッチバック(マツダ3 ファストバック)
・Cセグメントセダン(マツダ3 セダン)
・コンパクトカー(マツダ2)
・Dセグメントセダン(マツダ6 セダン)
・Dセグメントワゴン(マツダ6 ワゴン)
・コンパクトSUV(CX-3)
・ミドルSUV(CX-5)
・ラージSUV(CX-8)
・クーペタイプSUV(CX-30)
・2ドアクーペ&オープン(ロードスター)

【画像ギャラリー】マツダ車は果たしていくつがNo1? ギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ