マツダのデザインは本当にいいの?【10カテゴリーで国産車と比較してみた】


 新世代群の登場やネーミングの変更など、変革期の途上にあると言っていいマツダ。その流れの中にあって、「デザイン」はマツダ車の根幹をなすものの一つだ。

 今回はそんなマツダの主要モデルを10のカテゴリーに分け、国産車の同カテゴリー内のなかで、デザインNo.1に輝くマツダ車はいくつあるのかを検証してみたい。デザインにこだわるマツダだからこそ、そこはシビアに考えたい。

 10カテゴリーでデザインNo.1に選ばれるマツダ車は果たしていくつ? 判定は自動車評論家 清水草一氏。

■カテゴリーとそのカテゴリー内のマツダ車
・Cセグメントハッチバック(マツダ3 ファストバック)
・Cセグメントセダン(マツダ3 セダン)
・コンパクトカー(マツダ2)
・Dセグメントセダン(マツダ6 セダン)
・Dセグメントワゴン(マツダ6 ワゴン)
・コンパクトSUV(CX-3)
・ミドルSUV(CX-5)
・ラージSUV(CX-8)
・クーペタイプSUV(CX-30)
・2ドアクーペ&オープン(ロードスター)

【画像ギャラリー】マツダ車は果たしていくつがNo1? ギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号


■Cセグメントハッチバック(マツダ3 ファストバック)

 このクラスの国産競合車はカローラスポーツ、プリウス、リーフ、シビックハッチバック、インプレッサスポーツなど。マツダ3の美しさは一歩抜けているか?

マツダ マツダ3 ファストバック

*   *   *

 このクラスはぶっちぎりでマツダ3が1位。国産ライバルたちとはレベルが違う。

マツダ マツダ3 ファストバック

 ゴルフと比べたって断然上だ。マツダ3の超絶シンプルにしてインプレッシブな造形はすごい。特に低く構えた逆スラント気味のフロントフェイスは超精悍!

 サイドのエッジラインを排した、1枚削り出し的なパネル面の造りこみもすさまじいし、それがリアピラーまでつながってるのがまた凄い。

 マツダ3のデザインは、現在このCセグメントクラスで世界ナンバーワンだろう。まともに戦えるのはアウディA3くらいじゃないだろうか。

■Cセグメントセダン(マツダ3 セダン)

 Cセグメントセダンの注目は新型カローラ。ほかにシビックセダン、インプレッサG4、WRX S4なども存在するが、マツダ3の優位は動かずか?

マツダ マツダ3 セダン

*   *   *

 ファストバックに比べると、ぐっと地味でフツーな感じのマツダ3セダンだけど、相手が国産同クラスであるかぎり、ぶっちぎりの首位の座はゆるがない。

マツダ マツダ3 セダン

 大人と子供の戦いって感じで、ライバルと呼べるのは新型カローラだけ! でもやっぱりマツダ3セダンのほうが一枚格上だろうなぁ。

 デザインにかける執念みたいなものが違う。マツダ3セダンと戦えるのは、世界を見回してもアウディA3セダンくらいか? セダンだとさすがにアウディが上ですね。

 このクラスは、世界的に退潮著しいっていうのもありますし。

次ページは : ■コンパクトカー(マツダ2)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ