【必要? もういらない??】スタッドレスタイヤの慣らし運転は今でも必要か?

 北海道・札幌では2019年11月28日にホワイトアウトするような雪が降り、関東でも谷川岳(群馬県)など山間部で2cm近い積雪か観測された。今シーズンで一番強い寒気が流れ込んだことによるものだが、日本各地で雪の便りが届いている。

 そうなってくると、準備が必要になるのがスタッドレスタイヤだ。夏用タイヤから冬用タイヤへの交換の目安は、外気温が7℃を下回ったらと言われている。これは冷えて温度が下がると、夏用タイヤではゴムが硬くなりグリップが弱くなってしまうため、制動距離が伸びるなど問題が出るためだ。

 東京でも最低気温が7℃を下回る日が増えてきたこともあり、例年路面が凍結するような地域に住んでいる人はスタッドレスタイヤへの替え時といえるだろう。

 さて、そんな時に気になるのが、新品のスタッドレスタイヤを購入したが、慣らし運転は絶対に必要なのか? ということ。駆け込みで購入したから、雪が降る日までに間に合わなかった…なんて経験をした人もいるのではないだろうか?

 今回はそんな悩める人が多い、スタッドレスタイヤの慣らしについて、 斎藤聡氏に解説してもらう。

文/斎藤聡
写真/編集部、 Adobe Stock

【画像ギャラリー】タイヤメーカー9社の最新フラッグシップモデルのスタッドレスタイヤを紹介


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ