ストラーダ大使が行く名城巡り -最終回 群馬県箕輪城&高崎城-


ベストカーアンバサダーが9V型最新ナビを初体験

20170110_strd3_xx5

 パナソニックから発売になった新型カーナビ・ストラーダCN-F1Dは2DINスペースに9インチワイドの大画面モニターを採用するのが大きな魅力。

 しかも装着可能車種は225車種以上(11月24日現在)と新車以外にも対応しているところがすごい。

20170110_strd3_xx1

 今回は来年の大河ドラマ『おんな城主直虎』を先取りして直虎が養母として育てた、井伊直政ゆかりの城を訪ねることにした。箕輪城は天守などはないものの、徳川家康が関東に移った時に、井伊直政が12万石で城主となったところだ。

「スイテルート案内」でスイスイドライブ

20170110_strd3_xx6

 9インチワイドの大画面採用の新型カーナビ、ストラーダCN-F1Dの大きな魅力がVICS WIDEに対応した的確な渋滞回避ルート案内。

 プローブ情報(東京のみ)を利用し精度の高い渋滞情報を得られるからスムーズにストレスなく目的地に早く着ける。

 チェルシー リナ(左)はテレビ東京のスーパーGT+のレポーターの経験もあり、クルマが大好きで横浜女子マラソン完走と体力もある。

 もつ焼きもラスクも大好きなハーフ。Booze(ブース)所属 / アンバサダーのゆきおさん(右)は、埼玉県狭山市から、駆けつけてくれた。

20170110_strd3_xx18
9インチの大画面のほかブルーレイディスク再生対応、VICS WIDE対応、SDナビ、 フルセグ地デジ対応、ETC2.0車載器対応、音声認識など至れり尽くせりの装備が魅力。全地図更新は1度、部分更新は2 カ月に1度それぞれ2019年8 月まで更新可能なので安心。●オープン価格  

9V型の大画面で後席からも見やすい!

20170110_strd3_xx3

 ベストカーがストラーダ大使に任命したハーフの「女侍」チェルシー リナは、アンバサダーと合流すべく、群馬県箕輪城の二の丸に向かった。

 そこへ突然、「何やつ、見慣れぬ顔立ち、名を名乗れ!!」の野太い声。あっという間に4人の侍に取り囲まれる。

 「きゃ?」、チェルシーの叫び声に助けに入ったアンバサダーのゆきおさんだが、鎧姿の迫力に手が出ない。まさに鎧袖一触だ。

 この方たちは群馬甲冑会の面々で、箕輪城での時代劇撮影に、ボランティアとして参加していたとのこと。

 実際、戦国侍の末裔ということで、風格が違います。アンバサダーのゆきおさんは、ベストカーが用意した「どっきり」と思ったらしく、笑いが止まらない。

 気持ちが乗ってきたところで、直政が次に治めた高崎城に向かう。

 ストラーダCN-F1Dは、ダイナビッグディスプレイ搭載で9インチと画面が大きいうえに、フローティング構造になっていて、角度調整や上下スライド、奥行き調整(取付時)もできるから、女性にとっても見やすい位置にモニターをセットできる。

20170110_strd3_xx9
大きくて見やすい画面

 「初めて見ましたが、大きくて見やすいし、トップ画面が右にナビ、左にオーディオと機能ごとにレイアウトされているから、操作しやすいですね」とゆきおさんは第一印象を語る。

20170110_strd3_xx7
操作もスムーズに作業できる

 「ルートチューンや、マップチューンなど、ナビ機能を自分の好みに合わせてチューニングできるんですよ。例えばルートチューンでは道幅優先、マップチューンでは地図の配色や自車マークの大きさや色が変更できるんですよ。

 カスタマイズに弱い女子としては大歓迎です」とチェルシーは、アンバサダー大使らしくポイントを説明する。

 さらにチェルシーはモーションコントロールを実演する。スマホと同様、2本の指でサクサク操作できるので、ストレスがない。


20170110_strd3_xx15
オプションのETC2.0車載器(CY-ET2000D)を装着すれば、料金履歴が表示できるほか、圏央道が2 割引きになる。  
20170110_strd3_xx20
右にナビ、左にオーディオというふうによく使う機能をトップメニューに登録でき、直感的な操作が可能だ。  
20170110_strd3_xx13
VICS WIDEに対応した、「スイテルート案内」で渋滞を避けた最適ルートをガイド。交差点のレーン別に渋滞状況がわかるのはパナソニックだけ。  
20170110_strd3_xx14
初めての道でも道路標識情報を音声と地図上にポップアップして教えてくれ、安心してドライブできる。標識は小さく表示することも可能だ。  

スイテルート案内でスムーズドライブ

20170110_strd3_xx10
スイテルート案内で、渋滞を避けた最適ルートをガイド。新旧ルートがひと目でわかるのはパナソニックだけ!  
20170110_strd3_xx8

 東京から箕輪城に向かう際に大いに役立ったのが「スイテルート案内」。本来は関越道だが、所沢IC付近で事故渋滞があって、東北道から圏央道を通って関越道に戻るルートを案内してくれた。

 VICS WIDEに対応しているからできるサービスで、渋滞を避けた新ルートと旧ルートを同時に表示し、距離と時間もあわせて比較。どちらか選択ができるからわかりやすい。これはパナソニックだけの機能だ。

 チェルシーが驚いたのは、東京を出発する際に交差点のレーン別に渋滞情報を色分けする機能だ。「右折したほうがいいか、直線がいいか、結構迷いますよね。これがあれば、「しまった」と思うことも少なくなりますね」。

20170110_strd3_xx16

 これはプローブ情報を入手し、直進、右折、左折の交差点進行別の通過時間から精度の高い渋滞情報を割り出すもので、これもパナソニックだけの機能だ。スイーツ好きのチェルシーは、高崎名物ラスクが食べたいと主張。

 どうせならとガトーフェスタ ハラダ本社工場に目的地をセットし向かう。初めて走る一般道は、緊張するものだが、ストラーダは制限速度案内や踏切案内、ライト点灯など、道路標識情報を音声と地図上のポップアップで知らせてくれる。ポップアップの表示が見やすく安心だ。

 ちなみにゆきおさんは埼玉県狭山市にお住まいで、ETC2.0車載器対応ナビという点も気になったよう。「よく使う圏央道はETC2.0対応車載器なら、料金2割引きになるんですよね」と羨ましそう。

20170110_strd3_xx17
冬桜が咲いている

 桜山公園で冬桜と紅葉を満喫し、今回のドライブは終了。1日で300㎞近く走ったが、疲れも感じなかったのは、大画面で見やすく、的確なルート案内をしてくれたストラーダCN-F1Dのおかげだ。

20170110_strd3_xx19
10月に発売になった7V型ナビRX03シリーズはBDハイレゾ音源に対応し、ブルーレイディスクを再生できる  

 3回にわたってご愛読ありがとうございました!

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ