ストラーダ大使が行く名城巡り -最終回 群馬県箕輪城&高崎城-



ベストカーアンバサダーが9V型最新ナビを初体験

 パナソニックから発売になった新型カーナビ・ストラーダCN-F1Dは2DINスペースに9インチワイドの大画面モニターを採用するのが大きな魅力。

 しかも装着可能車種は225車種以上(11月24日現在)と新車以外にも対応しているところがすごい。

 今回は来年の大河ドラマ『おんな城主直虎』を先取りして直虎が養母として育てた、井伊直政ゆかりの城を訪ねることにした。箕輪城は天守などはないものの、徳川家康が関東に移った時に、井伊直政が12万石で城主となったところだ。

「スイテルート案内」でスイスイドライブ

 9インチワイドの大画面採用の新型カーナビ、ストラーダCN-F1Dの大きな魅力がVICS WIDEに対応した的確な渋滞回避ルート案内。

 プローブ情報(東京のみ)を利用し精度の高い渋滞情報を得られるからスムーズにストレスなく目的地に早く着ける。

 チェルシー リナ(左)はテレビ東京のスーパーGT+のレポーターの経験もあり、クルマが大好きで横浜女子マラソン完走と体力もある。

 もつ焼きもラスクも大好きなハーフ。Booze(ブース)所属 / アンバサダーのゆきおさん(右)は、埼玉県狭山市から、駆けつけてくれた。

20170110_strd3_xx18
9インチの大画面のほかブルーレイディスク再生対応、VICS WIDE対応、SDナビ、 フルセグ地デジ対応、ETC2.0車載器対応、音声認識など至れり尽くせりの装備が魅力。全地図更新は1度、部分更新は2 カ月に1度それぞれ2019年8 月まで更新可能なので安心。●オープン価格  

次ページは : 9V型の大画面で後席からも見やすい!