アルファード/ヴェルファイアはこう変わる!! どこよりも早い一部改良&マイナーチェンジ情報! 


■販売現場から見たこれからのアルファード/ヴェルファイア

●証言1:首都圏トヨペット店営業担当者
 アルファードは2018年10月26日のマイナーチェンジによって、フロントマスクが見栄えのいいデザインを採用したことで、姉妹車のヴェルファイアを大幅に上回る販売推移となっている。5年後のリセールバリューでも査定額が20万円以上もアルファードのほうが高くつくケースが多い。このため2021年の世代交代までにはアルファードに統合される見込みになっている。

 2020年5月の全店併売時には特別仕様車の設定で商品ラインアップさらに強化する見通しだが、この時点で今後の方向性が明らかになると思われる。

●首都圏トヨタネッツ店営業担当者
 ヴェルファイアはつい最近まで納期が4カ月待ちと長引いていた。これが増産によって2.5カ月程度に短縮している。ただ成約してから生産納車する方式に切り替えているので、これ以上短縮するのは難しいと見ている。

 アルファードへの1本化が濃厚なようだが、同じクルマのようなものだから、どちらになっても遜色はない。ヴェルファイアは今後中古車価格が下がり、リセールバリューは下がるだろうが、これまでは高過ぎたから、これによってわれわれが不利になるようなことはないだろう。

【画像ギャラリー】一部改良では内外装の変更なし!! アルファード/ヴェルファイアの現行モデルをおさらいする!