新型C-HR GRスポーツ試乗!! 派生モデル追加でSUV王座奪還となるのか!? 


 2016年12月に発売されるや、翌2017年上半期のSUV新車販売台数第1位を獲得して瞬く間に最激戦カテゴリーを制したトヨタ C-HR。

 そのC-HRが2019年10月にマイナーチェンジを果たした際、設定されたのが、トヨタのスポーツブランド「GRカンパニー」が展開する派生モデルのひとつ「GRスポーツ」だ。

 元々スポーティなイメージの強いC-HRが、「GRスポーツ」を纏うことでどんな化学変化を起こすのか? 自動車評論家 清水草一氏の試乗レポートをお送りする。

●「トヨタ C-HR GR SPORT」のポイント
・フロア下にフロアセンターブレースを追加しボディ剛性を強化。操舵応答性が向上
・足回りを専用チューニングしてフラットな乗り心地とスポーティな走りを両立
・専用19インチタイヤ
・GR SPORT専用のエクステリア、インテリア
・インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)と1.2Lターボ設定

【画像ギャラリー】 走れるSUVのキャラ確立!? 「C-HR GR SPORT」試乗の様子をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年11月のものです。試乗日:11月12日
文:清水 草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年12月26日号


■マイナーチェンジ後の走りやいかに?

 何を隠そう、発表当初からC-HRファンのオレ。C-HRの何がいいかって、なによりもデザインがいい! この『攻殻機動隊』みたいな、大胆で完成度の高い攻めたデザインが好きなんです!

 そのC-HRがマイチェンを受け、見た目が少し変わりました。一番目立つのは、ヘッドライトが流れるようにグリルとつながったこと。これでさらに若干カッコよくなった(私見)。

 リアコンビランプもシーケンシャルウィンカーになって高級感アップ。意外とこういうのって、オーナーはうれしいもんだよね。

左がマイナーチェンジ前のC-HR、中央がC-HR GR SPORT、右がマイナーチェンジ後のC-HR。今回試乗会では、マイナーチェンジ後のC-HRと、それをベースとしたC-HR GR SPORTを乗り比べた

 さらには、1.2Lターボ車に、カーマニア待望の6速MTが追加された! 基本的にはカローラに採用されてるアレですが、なにはともあれMTの裾野がちょっとでも広がるのは、ありがたくて涙が出る。本当に最近のトヨタは、弱者(カーマニア)のことを考えてくれている。

 で、マイチェンと同時に、GRスポーツが設定されたのです。モデルは、FFのハイブリッド車と、FFの1.2Lターボガソリン車(6MT)!

 ガソリン車のCVTは設定ナシってのが微妙にマニア泣かせだね。もちろんC-HRの売れ筋はハイブリッドなので、AT派も安泰です。

 まずは1.2LガソリンターボのGRスポーツで、大磯周辺の高速と一般道を走る。

大磯ロングビーチの近くの西湘バイパスを颯爽と走るC-HR GR SPORT。正面から見るとシュッとした印象がある

 第一印象は「これでGRスポーツなの!?」というもの。ものすごくフツーというかなんというか……。

 もともとC-HRは、プリウスに続くTNGA投入2号車で、走りのレベルが高いので、GRスポーツに乗っても違いがほとんどわからない!

 6MTのフィーリングはまずまず。ちょっと2速に入りづらかったけど、トルクのある1.2Lターボとのコンビはかなりグッドだ。

 このエンジンも、いつの間にか上まで回るようになったなぁ。トヨタの「もっといいクルマを!」主義は着実に成果をあげている。涙。


■足回りはヴェゼルやCX-3より明らかに上質で1クラス上!

 最終的には、「GRスポーツは、19インチタイヤに合わせた超オトナなセッティングなのかも」という感覚を抱きつつ、場内の特設路でノーマルモデルとの比較試乗に移る。

 当たりでした!

 ノーマルもGRスポーツも、「しなやかで適度にスポーティな走り」という方向性はまったく同じ。

 ただ、18インチのノーマルだと、ちょいしなやかすぎて食い足りないという御仁には、GRスポーツの19インチを見事に履きこなした、応答性の高い足がドンピシャではないか。

3ペダルのC-HR GR SPORT。カローラスポーツと違って、iMTのオンオフは専用スイッチで行う

 私も年齢とともにしなやか大好き人間になっておるのですが、そのしなやか大好き人間でも、ノーマルよりGRスポーツのほうが好き!

 嫌な路面からの突き上げなしに19インチを履きこなすというのは、すなわちそれだけ高級ってことなので。

 年齢とともに高級好きになってるんだねオレ。つまりC-HRのGRスポーツは、ズバリ、ノーマルより高級なのだ!

1.2Lターボ搭載のエンジンルーム。エンジンカバーがなくむき出し。メンテナンスしやすそうだ

 この足回りは、ライバルのヴェゼルやCX-3より明らかに上質で1クラス上だろう。ただ、BMW X2やアウディQ2に比べるとコンフォートでユルい。

 これ以上スポーティにして質感を維持するには、さらにコストをかける必要があるだろうから、いい落としどころと拝察セリ。

C-HR GR SPORTのリアデザインは他グレードとあまり違いがないようだ

次ページは : ■C-HRの価格とラインアップ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ