【かつての王者に何があったのか!?】強力ライバル以外にもあった「ヴェゼル」苦戦の理由

 2013年12月にデビューし、2014〜2016年までSUV販売ナンバーワンに君臨し続けてきたホンダ「ヴェゼル」。

 2016年12月にトヨタ「C-HR」がデビューし、販売トップの座を明け渡してから3年経ったが、それでも高い人気を維持していた。しかし、2019年10月の販売台数ランキングから急落するという状況となっていた。

 なぜ急落は起きたのか? かつての王者に一体何があったのか!? その理由を渡辺陽一郎氏が分析していく。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA

【画像ギャラリー】挽回の起爆剤となるか!? 新たにラインナップに加わったモデューロXをチェック!


■強力ライバル続々登場だけではなかった、元王者失速の理由

 最近はSUVの販売が好調だ。特に人気の高い車種として、ヴェゼルが挙げられる。2013年末に登場して、2014年から2016年(暦年)には、SUVの国内販売1位になった。2017年と2018年は、2016年末に登場したC-HRに1位を譲ったが、2019年上半期(2019年1~6月)には、再びSUVの1位に返り咲いた。

 ヴェゼルが着実に売れる理由は、SUVの本質を突いた商品であるからだ。SUVはフロントマスクなどの外観に存在感が伴い、悪路の走破も考えて開発されたから、タイヤも大きくて迫力がある。そのいっぽうでボディの上側はワゴン風のスタイルだから、後席の居住性や積載性も良好だ。SUVは外観がカッコよく、車内は実用的でファミリーカーとしても使いやすいから人気を得た。

3代目フィットをベースに開発された小型SUV「ヴェゼル」。2019年上半期(2019年1~6月)における販売台数が3万3445台を記録

 そしてヴェゼルは、外観デザインと実用性をバランスよく調和させたから、SUVの魅力を満喫できる。しかも全長は4400mm以下に収まるから、街中でも運転しやすい。燃料タンクを前席の下に搭載したから、荷室の床が低く積載性も優れている。後席の足元空間はLサイズSUV並みに広い。空間効率が優れ、価格は1.5Lノーマルエンジンを搭載するXホンダセンシングが安全&快適装備を充実させて220万5093円と割安だから、好調に売れて当然だろう。

 ところが最近は、ヴェゼルの販売が下降気味だ。今は2019年4月に登場したRAV4が、5月から10月まではSUV販売ランキングの1位になっている。さらに11月は、同月に発売されたコンパクトなライズがSUVの1位になった(11月の登録台数は7484台)。2位はC-HR(5097台)が浮上して、3位はRAV4(4988台)、4位はライズの姉妹車となるロッキー(4294台)で、5位がヴェゼル(2909台)とになる。

 ヴェゼルの登録台数を見る時に注意したいのは対前年比の推移だ。2019年8月は96.7%、9月は97.8%だから前年と比べて微減にとどまったが、10月は55.6%、11月は68.5%だから31~44%の大幅な減少になる。

 ここまでヴェゼルの売れ行きが下がった理由として、2019年10月に日本を襲った台風19号の影響が考えられる。多くの方々が犠牲になられた甚大な災害だから、自動車産業も打撃を受けた。2019年10月における国内新車販売台数の対前年比は、消費増税の影響もあり24.9%のマイナスになっている。11月も12.7%減った。

 特にホンダは落ち込みが大きく、10月は39.5%のマイナスであった(小型/普通車は40.5%・軽自動車は38.6%の減少)。11月も30.8%減っている(小型/普通車は37.5%・軽自動車は23.9%の減少)。このように台風19号によってホンダ車の国内販売が滞ったから、ヴェゼルの売れ行きも、今後の動向を見た上で判断せねばならない。

 そこで今後のヴェゼルの売れ行きを考えると、登録台数は大きく減らなくても、販売ランキング順位が後退する可能性はある。仮に2019年11月のヴェゼルの売れ行きが、2018年の11月と同じ4247台でも、ライズ、C-HR、RAV4、ロッキーに抜かれていたからだ。

ヴェゼルの強力なライバルとなっているモデルたち。なかでもトヨタ「ライズ」/ダイハツ「ロッキー」は、手ごろなサイズ感と価格の5ナンバーサイズSUVとして好調なスタートを切った

 ライズとロッキーは前述のように新型SUVで、日本でも売りやすい5ナンバー車だから、今後も安定的に売られる可能性が高い。RAV4はシティ派SUVが増えたなかで、オフロードSUVの雰囲気を感じさせる。駆動方式も前輪駆動の2WDをベースにしながら、4WDのグレードを豊富にそろえた。ボディは大柄で価格も高めだが、SUVの原点回帰を感じさせて注目されている。ライズ、ロッキー、RAV4の3車種は、今後も好調に売れる可能性が高い。

■マイチェンで復活の兆しC-HR。ヴェゼルはモデューロX投入で挽回なるか!?

 問題はC-HRだ。2017年と2018年にはSUVの販売1位になったが、その後は売れ行きを下げて、2019年上半期はヴェゼルの登録台数を下まわった。それが再び上まわる気配を見せている。

 背景にあるのはC-HRの改善だ。C-HRの発売当初は、1.2Lターボが4WD専用、ハイブリッドは2WD専用とされ、価格の安い1.2Lターボの2WDは選べなかった。加えてヘッドランプはハロゲンが中心で、LEDを装着するには、上級のGかG-Tに15万円を超えるセットオプションを加える必要があった。この不都合を一部改良で改善して、2019年10月には、安全装備を充実させるマイナーチェンジも実施した。C-HRは戦力を強化している。

 また2019年以降に、ヴェゼルが挽回してC-HRの売れ行きを上まわったものの、大差で引き離していたわけではない。ヴェゼルは優れた実用性と割安な価格で安定的に売れているが、今では発売から6年を経過した。しかも今はN-BOXが国内で売られるホンダ全車の30%以上を占めて、軽自動車全体では50%に達する状況だ。

 そうなるとホンダの小型/普通車は、軽自動車に販売力を奪われている。ステップワゴンやオデッセイは、かつてホンダの国内販売を支える存在だったが、今ではライバルのミニバンに販売面で大差を付けられてしまった。ヴェゼルはホンダの小型/普通車では好調に売れている部類だが、軽自動車偏重の悪影響も相応に受けている。

 ヴェゼルは、2020年の末以降にフルモデルチェンジを行う可能性が高いが、ホンダの国内販売を支える基幹車種だから、売れ行きを下げるわけにはいかない。2019年1月には1.5Lターボのツーリングを加え、11月にはモデューロXも設定した。2020年も効果的な改良と特別仕様車の設定を行い、商品力を維持していくだろう。

2019年11月28日にコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ・エックス)」の新ラインナップとして、「ツーリング Modulo X ホンダセンシング」、「ハイブリッド Modulo X ホンダセンシング」が追加された

 従ってライズ、ロッキー、C-HR、CX-30といったコンパクトSUVを選ぶ時には、ヴェゼルと比べて判断したい。特に後席の居住性と荷室の機能は、今でもヴェゼルがコンパクトSUVの最高峰だ。優れたクルマだから、SUVを買う時の判断基準になり得る。

【画像ギャラリー】挽回の起爆剤となるか!? 新たにラインナップに加わったモデューロXをチェック!

最新号

ベストカー最新号

【核心スクープ】新型WRX STI情報入手!!!|ベストカー 2020年3月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、スバルが新開発する水平対向4気筒ターボエンジンが搭載される新型WRX STI情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、新型グランエース、新型ハスラー…

カタログ