かつての王者「ヴェゼル」に何があったのか? ライバル以外にもあった苦戦の理由

 2013年12月にデビューし、2014〜2016年までSUV販売ナンバーワンに君臨し続けてきたホンダ「ヴェゼル」。

 2016年12月にトヨタ「C-HR」がデビューし、販売トップの座を明け渡してから3年経ったが、それでも高い人気を維持していた。しかし、2019年10月の販売台数ランキングから急落するという状況となっていた。

 なぜ急落は起きたのか? かつての王者に一体何があったのか!? その理由を渡辺陽一郎氏が分析していく。

文/渡辺陽一郎
写真/HONDA

【画像ギャラリー】挽回の起爆剤となるか!? 新たにラインナップに加わったモデューロXをチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ