【感動の復活劇から意外なヒットまで!】2019自動車界の重大事件簿 5選

 いよいよ2019年も残すところあと数時間。

 今年は元号が平成から令和に替わった激動の一年間で、さまざまな出来事がありました。

 もちろん、自動車界にもさまざまなニュース・出来事がありました。

 そこで、大晦日の、紅白歌合戦も始まりそうかという、このタイミングに自動車の記事をクリックして、ここに訪ねてくださった読者の皆様に向けて(うっかり大晦日の更新担当になってしまった筆者が)、今年一年間で自動車界に起きた5つの重大ニュースを振り返ってゆきたいと思っております。

 まずは、新車に関するこちらのトピックから!

写真:編集部、RedBull Content Pool、SUBARU

【画像ギャラリー】2019年に登場した新車を写真で振り返る!


【1】RAV4が日本市場に復活! 発売後即SUV販売No.1に

「今年の一台」はトヨタ RAV4。日本市場復活で予想以上の大ヒットに!

 2019年の新車におけるトピックといえば、まずはトヨタ RAV4の日本復活とヒットでしょう。

 SUVの先駆者として1994年に誕生したRAV4ですが、世界的なヒットの裏で日本では2016年5月にいったん生産終了となっていました。

 しかし、通算5代目となる新型が2019年4月に日本市場で発売され“復活”。ただ、米国向けが中心のモデルで、全幅1.8m超と大柄なボディということもあり、「果たして日本でも売れるか」というのが正直な印象でした。

 ところが、ふたを開ければ発売翌月の2019年5月に6817台を売り上げ、たちまちSUV販売No.1に! 同じく2018年8月に日本市場に復活したホンダ CR-Vが、やや苦戦していることを考えても、予想以上の大ヒットとなりました。

 さまざまな新車が誕生したなかで、日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたRAV4は、間違いなく“今年を象徴する一台”。その復活劇には素直に「参りました!」のひと言です。

【2】ホンダF1 復帰後初&13年振りの優勝!

F1第9戦オーストリアGPで優勝し、ホンダバッジを指すマックス・フェルスタッペン(=レッドブル・ホンダ)

 RAV4と同じく2019年を象徴する復活劇といえば、やはりこれ! ホンダF1の13年振りとなる優勝でしょう。

 2015年のF1復帰以来、優勝はもちろん表彰台にも登れていなかったホンダですが、2019年は強豪レッドブル・レーシングにパワーユニットの供給を開始。

 開幕戦オーストラリアグランプリ(GP)で幸先よく復帰後初の3位表彰台に上がると、第9戦オーストリアGPで念願の初優勝! F1での優勝はホンダにとって2006年ハンガリーGP以来、実に13年ぶりの快挙となりました。

 モータースポーツ人気が衰退していると言われ、2019年は事故など自動車に関する暗いニュースも多かっただけに、個人的にも非常に嬉しいニュースでした。

 今季は通算3勝をあげましたが、2020年はさらなる飛躍を遂げ、日本に明るいニュースを届けてくれることを期待しています。

【3】東京モーターショーに130万人超! 12年ぶりに大台越え

「東京モーターショー2019」のトヨタブース。新車が1台もない異例の展示も話題に

 2019年は、2年に1度行われる「東京モーターショー」の開催年。第46回となった今回のショーは、東京ビッグサイトで10月24日から11月4日まで開催され、幕を閉じました。

 ここ数年、東京モーターショーは来場者数の減少に苦しみ、今回も数多くの輸入車メーカー/ブランドが出展を見送るなど、下馬評は決して高いものではありませんでした。

 しかし、終わってみれば会期中の総来場者数は130万900人と、2017年の77万1200人を大きく上回り、実に12年振りに100万人の大台越えを達成しました。

 会場が2つに分かれていたり(これは東京五輪の影響で一部施設が使えないことも理由)、トヨタはブースに市販前提の新車を1台も置かない異例の展示を行うなど、さまざまな意味で賛否両論あるでしょうし、100万人達成したから万々歳! というわけでもないでしょう。

 個人的にも、いわゆる“市販前提のコンセプトカー”が少なかったことは確かにちょっと残念ではありました。

 ただ、従来型のショーを漫然と続けていても、来場者数は(さほど)増えなかったでしょうし、課題はあるものの、これだけ多くの方が足を運んだことは、ひとつの成果といえるのではないでしょうか。

 今後も“クルマが主役”とうコアな部分を守りつつ、多くの人々の興味を惹く「東京モーターショー」であり続けてほしいと切に願っています。

【4】マツダ3など車名統一相次ぐ!

アクセラから日本国内における車名を変更し、デビューした新型マツダ3

 もうひとつ、日本の新車市場におけるトピックといえば、「車名の統一」が相次いだことでしょう。

 2019年は、マツダの「アクセラ」がフルモデルチェンジを機に、日本での車名を「マツダ3」に変更。7月にはマイナーチェンジでアテンザが「マツダ6」に、9月にはデミオが「マツダ2」になるなど、マツダ車の多くが日本名を捨て、世界統一車名へと変更されました。

 この流れがマツダだけかといえば、そういうわけでもなく、10月16日に世界初公開(※発売は2020年2月)されたトヨタの新型ヤリスも、従来のヴィッツという日本名を廃止し、世界統一の車名で再出発を図ることを発表。

 旧車名のユーザーにとっては、愛車の名前がなくなってしまうわけで、ノスタルジックな感情を除いても、その点は唯一の懸念です。

 ただ、もちろん「車種単体ではなくブランドとして統一のイメージを訴求したい」、「新型登場を機にイメージを刷新したい」など、それぞれ狙いがあって日本での車名が変更されています。

 車名は車にとって“顔”ですから、これまでその車種を育ててくれた日本のユーザーの想いを汲みながら、新しい車名の車たちが、さらに進化・発展してゆくことを期待したいところです。

【5】スバル 名エンジンとともにWRX STIを生産終了

WRC時代のスポンサーに由来する555台限定で発売されたWRX STI EJ20ファイナルエディション

 5つ目は、正直何について書こうかかなり迷いました。最後なので未来志向のテーマで締めたいとも思ったのですが、日本の自動車業界における功績という意味で、やはりこれは外せないでしょう。

 最後に選んだのは、スバルの名機「EJ20」の生産終了に伴ってWRX STIが消滅するというニュースです。

 スバルは2019年10月に同エンジンを生産終了し、WRX STIの注文受付を12月23日で終了することを発表しました。

 EJ20型エンジンがこれまで打ち立ててきた功績と実績は、今さら言うまでもないですが、1989年に誕生した初代レガシィへの搭載から始まり、2019年までちょうど30年間という年月が、それを物語っています。

 2019年は、WRX STIのほかにも、マークIIの系譜をもつトヨタ マークXや三菱 パジェロなど伝統を持つ車が、日本から消滅した一年でした。

 その長年の功績に改めて敬意を表すとともに、こうした名門車に負けない“令和の新たな名門車”が現れることに期待したいです。

◆  ◆  ◆

 さて、ここからは数あるサイトのなかから「ベストカーWeb」で、この記事を読んでいただいている皆様だけに、うっかり大晦日の更新担当になってしまった筆者からメッセージです。

 暮れも押し迫った最中に、しかも文末までこの記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。

 いま自動車界は100年に1度の変革期と言われ、電動化や自動運転関連技術などが急速に発展してきています。2020年はそうした意味でいっそう過渡期の一年になりそうな予感です。

「自動運転、電動化って言われても何だかなぁ……」という気持ち、筆者は非常によくわかります。実際、そう感じているクルマ好きも多いでしょう。私自身、今の愛車はMTのガソリン車ですし。

 でも、新しい車にもきっと“楽しさ”はあるはずです。皆さまとともに「温故知新」で、今までの価値観も大切にしながら、自動車に関するさまざまな話題を取り上げてゆければと思っております。

 今年一年間、「ベストカーWeb」を愛読いただき、ありがとうございました。編集部スタッフ一同改めて感謝申し上げます。それでは皆さん、良いお年を!

【画像ギャラリー】2019年に登場した新車を写真で振り返る!