【RAV4 PHV、レクサスLC…】海外でベールを脱いだ魅惑の日本車 4選


“日本では見られない日本車”が、海外のモーターショーで続々公開!! 海外でベールを脱いだ国産車は、2020年内に日本導入されるモデルも!!

 国内の自動車ショーといえば、「東京オートサロン」が年初の1月第2週目に開催されるのが通例。また、「東京モーターショー」は2年に1度開催される日本最大のイベントだ。こうしたショーでは、さまざまな市販前提車が初公開される。

 一方で、近年では海外のモーターショーで“日本では見られない新しい日本車”が初公開されるケースも珍しくない。多くは海外専売の日本車となるが、その後、日本に導入されるモデルもあるのが面白いところだ。

 本稿では、2019年11月22日から12月1日まで米国で開催された「ロサンゼルスモーターショー」に出展された4台の日本車をピックアップ。うち2台は2020年の日本導入が正式に発表されている。

文:編集部
写真:MAZDA、LEXUS、NISSAN、TOYOTA
ベストカー 2020年1月10日号

【画像ギャラリー】日本のシルフィとは全然違う!! 日産 新型セントラ&シルフィは超スポーティ!!!


ついにスポーツモデル誕生!! マツダ3 TCR仕様

マツダ3 TCR仕様。350psのエンジンに、6速シーケンシャルを搭載。大型リアウイングが迫力大のレーシング仕様

 マツダ3をTCR規格に適合させたレーシングカーが出展された。

 TCRは国際ツーリングカーレースで、現在世界各地で36のレースが開催されている。このマツダ3 TCR仕様は、米国のロングロードレーシングとマツダモータースポーツが共同で開発したもの。

 直4ガソリンエンジンはターボが装着され最高出力350ps、最大トルク50kgmを発揮する。2020年中にTCRに参戦するプライベーターに向けて販売する計画。

◆日本導入確率/20%

待望のオープンは日本導入決定!! レクサス LCコンバーチブル

レクサス LC500コンバーチブル。コンセプトモデルは2019年のデトロイトショーに出展されていたが、いよいよ量産モデルが公開され、日本導入も決まった

 正式に発表されたレクサス LCのコンバーチブル。日本への投入は2020年夏と正式にアナウンスされた。

 ソフトトップを採用し、このトップは50㎞/h以下ならば走行中も開閉可能。コンバーチブル専用のボディ設計により高い剛性と流麗なスタイルを両立。

 ボディサイズは全長4760mm、全幅1920mm、全高1350mm。エンジンは(LC500と同様の)V8、5L・NAを搭載する。

 LC500の同一仕様であれば、最高出力477ps/7100rpm、最大トルク55.1kgm/4800rpmを発揮する、現代では稀有な大排気量オープンスポーツが誕生することとなる。

◆日本導入確率/100%(発売決定)、発売時期:2020年6月(予想)

次ページは : “北米のシルフィ”日産 セントラ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ