【BMW、アウディ、ベンツ…】 なぜいまクーペが世界を席巻しているのか?


■CHAPTER-3 もっとガンバレ!? 日本の新世界クーペ

(TEXT/編集部)

 欧州車ではベンツやBMW、アウディといったドイツのプレミアム3は、通常の4ドアセダンやSUVとは別に4ドアクーペとクーペSUVのボディバリエーションを次々と加えて、ラインナップを充実させている。

 そのほか、ランボルギーニやマセラティといったスーパースポーツカーブランドもスポーティなSUVをラインナップに加えているのだが、そんな世界的な流れにやや乗り遅れてしまっているのが日本車だ。

 日本車は世界でいち早く1980年代から1990年代にかけてカリーナEDをはじめとした4ドアクーペのような背の低いスタイリッシュサルーンが登場したにもかかわらず、現行モデルに4ドアクーペはなし。

 クーペSUVも、マツダのCX-30が昨年(2019年)9月に登場したものの、三菱エクリプスクロス、トヨタC-HR、レクサスUXがある程度。マツダCX-3などもスタイリッシュでクーペSUV系のモデルといってもいいが、それでも車種数は少ないといえる。

●マツダ CX-30

ミドルクラスSUVのCX-5に対して、クーペフォルムのSUVとして登場したCX-30

●三菱 エクリプスクロス

スタイリッシュなスタイルがウリの三菱 エクリプスクロス

●トヨタ C-HR

個性的なスタイルが特徴のC-HR

 スバルがコンセプトカーを今年のジュネーブショーで発表していて、今後はそれの市販化が間違いなくありそうだが、そのほかにもクーペSUVを中心に新世界クーペの登場に期待したいところだ。

●スバル ヴィジヴ アドレナリン コンセプト

スバルのコンセプトカー、「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」

■CHAPTER-4 本家本元、正統派も集まれ! 世界の2ドアクーペ ベスト5

(TEXT/清水草一)

 正統派クーペといえば2ドアクーペ。現行モデルの輸入車&国産車の2ドアクーペのデザインベスト5を選んでみた。今回は正統派クーペってことで、ミドシップやRRのスーパースポーツ系は除きました。

 第5位は、ちょいムリヤリだけど、国産から唯一入選のマツダロードスターRF! 素のロードスターなら堂々と第2位くらいに入れたいんだけど、今回はクーペなので。

●5位 マツダ ロードスターRF

 第4位は、もう10年選手ながら、マセラティのグラントゥーリズモ。あのニュッと突き出た口がたまらん。イタリアンアートそのものだ。

●4位 マセラティ グラントゥーリズモ

 第3位は、アウディTTクーペ。なんだか地味な存在になっちゃってるけど、デザインはものすごく凝縮感が高くて美しい。コンパクトなクーペそのものが希少な存在になってるし、絶滅してほしくない美しさです。

●3位 アウディ TTクーペ

 第2位は、ベントレーのコンチネンタルGT。これまたあんまり注目されないですけどね、実物を見るとすべての面の美しさに息を飲む。すべてが流れるように豊潤です。

●2位 ベントレー コンチネンタルGT

 そして第1位は、ブッチギリでアストンマーチンDB11だ。この美しさの前には誰もがひれ伏すしかございません。

●1位 アストンマーチンDB11

4L V8と5.2L V12のツインターボエンジンを搭載するアストンの中心モデルがDB11

次ページは : ■CHAPTER-4 4ドア&SUVの「新世界クーペ」、続々日本上陸!