BMW、VW、MINIなどお得な中古車情報大放出!! 手が届く憧れの輸入車 17選


 愛車選びを思い悩む時、それは(たとえ妄想であっても)クルマ好きにとって至福のひとときだ。ところで、皆さんがそんな物思いにふける時、輸入車はその選択肢に入っているのだろうか。

「輸入車は高いでしょ」。確かにそうなのだが、「輸入中古車」なら買える現実味は増すし、探せばグッと値落ちした上質のモデルが出てきたりもする。

 中古車相場価格を4つのパートに分け、輸入中古車には一家言あるライター・伊達軍曹がオススメを紹介! 憧れのあのクルマに手が届く!!

【画像ギャラリー】1シリーズ、ゴルフ、Eクラス…憧れの輸入車たちと相場をギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年12月のものです。各モデルの相場価格の「上限」は細かく調べると際限がないため、4つのテーマ別の上限にしています
文:伊達軍曹、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月26日号


■相場100万~150万円で手が届く中古輸入車コース

 100万円台前半では「どうせボロい中古車しか買えないんでしょ?」と思うかもしれないが、事実は異なる。例えばBMW1シリーズだ。

●先代BMW1シリーズ後期(相場:130万~150万円)

FRこだわりならコレ。先代BMW1シリーズ

 さすがにこの予算では現行型ではなく先代になるが、ボロい前期型ではなくパリッとした後期型の低走行物件が充分探せる。

 具体的には、強力なディーゼルターボを搭載した2016年式118d Mスポーツの走行4万km台が車両130万円前後といったイメージ。現行型はFFとなった1シリーズだが、先代は甘美なステアフィールが堪能できる、FRレイアウトであるという点も大きな魅力だ。

「1シリーズでは小さくて嫌だ」というのであれば、同じBMWの3シリーズはどうだろう? こちらも100万円台前半で現行モデルを買うのは無理だが、先代であれば車両価格100万円+αぐらいで充分イケる。驚きませんか。

●先代BMW3シリーズセダン(相場:110万~150万円)

先代3シリーズもこの相場価格。そそります

「そんなに安いのはボロい過走行車に決まってる!」とおっしゃる人もいそうだが、実際はそうでもない。ベーシックなガソリン直4搭載の320iなら走行1万km台から3万km台までの個体が100万円台前半から検討でき、ディーゼルターボを積む320dも、走行4万km台までOKとするなら充分探せる。

 絶対に100万円台前半には見えないし、感じられない、ナイスな選択だ。

■現行ゴルフは100万円ちょいで選び放題。涙が出る!

 ハッチバックでは、世界の大定番であるVWゴルフもこの価格帯で余裕。それも、10年も20年も前の古典的なゴルフではなく現行型、ゴルフ7と呼ばれているアレの走行2万km台までのTSIコンフォートラインが、100万円ちょいで選び放題だ。

●VWゴルフ7(相場:80万~150万円)

「世界の定番」、現行モデルのゴルフもこの相場

 以前はDSGというツインクラッチ式ミッションに不安がないでもなかったが、ご承知のとおり大規模リコールで問題は解決ずみ。

 特にこれといった不安もなく、“世界の大定番”を乗り回すことができるのだ。

■おしゃれコンパクトが100万円から。奥様へも!

 しゃれたラテン系コンパクトがお好みの場合は、フィアット500のツインエアが最高だ。100万円台前半という価格帯でかなりの数のフィアット500が流通しているが(しかも低走行物件も多い)、最も数が多い1.2POPは正直やや非力。これが難点。

 だが、0.9L 2気筒ターボを搭載する「ツインエア」であれば、動力性能に不満はいっさいないはずで、そしてそれもまた90万~150万円にて余裕で探せる、この事実。うれしすぎる。

●フィアット500ツインエア(相場:90万~150万円)

動力性能を気にするなら、ツインエア選択が◎ ※写真は2003年の500S

■相場150万~200万円で手が届く中古輸入車コース

 100万円台後半というのは、輸入車を買うにはさすがに「潤沢な予算」とは言い難いが、「まあまあイケそうな予算」だとは確実に言える。

 例えばこの予算が用意できるなら、現行型のメルセデスベンツCクラスであっても充分射程範囲内だ。

●現行メルセデスベンツCクラス前期(相場:160万~200万円)

C180アバンギャルド、走行2万km台なら180万円前後からある

 2018年7月以降の後期型は中古車でもまだ320万円以上となるケースがほとんどだが、それ以前の前期型であれば、走行2万km台のC180アバンギャルドが車両180万円前後から。

 しかもこれは先進安全装備がセットになった「レーダーセーフティパッケージ付き」の相場。なんともお買い得ではないか。

■快適システム搭載のアウディA4が200万円以内で

 そのベンツCクラスと同じプレミアムDセグメントでは、アウディA4の中古車も150万~200万円のゾーンで検討可能。フルモデルチェンジ時期の関係でこちらは現行型ではなく先代になる。

 が、ただの先代A4ではなく、2012年4月に行われたマイナーチェンジ以降の後期型、さらには2013年4月の一部変更でフロントシートヒーターとリアビューカメラ付きAPS(アウディパーキングシステム)が標準装備となった最終世代も、この価格帯で探すことができる。アバントが特におすすめだ。

 いわゆる型落ちではあるが、総合的な満足度はかなり高いはずだ。

●先代アウディA4アバント後期(相場:140万~200万)

先代アウディA4アバントが、この相場

■実用性がほしい? それならミニクラブマンだ

 立派なサイズのDセグメントではなく比較的コンパクトな輸入車に目を移すと、例えばミニクラブマンの現行モデルも100万円台後半にて余裕となる。

 ミニクラブマンはご存じのとおりのシューティングブレーク(やや小ぶりなワゴン)で、ベーシックな「ワン」というグレードの中古車は以前から比較的安価ではあった。

●現行ミニクラブマン クーパー(相場:190万~200万円)

走りに不満なしの「クーパー」も190万円台で

 しかし、ここ最近は動力性能に不満なしの「クーパー」も190万円台で探せる状況になり、いい流れにある。「しゃれてる実用車」が欲しい人にとっては最高に近い選択肢といえよう。

 また現行型プジョー308のHDi(クリーンディーゼル搭載グレード)も、この価格帯でぜひ注目してほしい一台。

●現行プジョー308ディーゼルターボ(相場:150万~200万円)

走りよし実用性もよしでこの相場。しかも走行距離が1万~2万km台が多い

 抜群のシャシー性能と極太トルクなディーゼルターボにより、胸のすく走りが可能となる5ドアハッチバックだが、中古車であればそのお値段は160万円前後から。

 しかも、その走行距離はせいぜい1万km台か2万km台である場合がほとんどなのである。これを“買いのモデル”と言わずして何と言う!

次ページは : ■相場200万~250万円で手が届く中古輸入車コース