【アコード MX-30 レヴォーグ…】 2020年 ホンダ スバル マツダ レクサス期待のクルマたち


 もう間もなく1月も終わりだが、2月からは各メーカー新車への動きが本格化する。そこで今回は2020年登場予定のホンダ・スバル・マツダ・レクサスのクルマたちを総まとめしてみた。

 下の登場予定カレンダーを見てみると(今回はトヨタの予定表も重ね合わせてみた)、じわりじわりとピュアEV、電動カーのラインナップが動き出していることがわかる。

 これからどんどん本格化してゆくであろう各社のEV戦略の行方も予想しながら登場予定のクルマたちを見てみるのも面白いかもしれない。

■2020年 新車登場予定カレンダー
1月 ホンダ シビック(セダン&ハッチバック)
2月 トヨタ ヤリス、ホンダ フィット&アコード
4月 トヨタ プリウスGR
5月 トヨタ Tjクルーザー&ハリアー
6月 トヨタ カローラスポーツ GRスポーツ、レクサス LCコンバーチブル
7月 トヨタ MIRAI
8月 トヨタ RAV4 PHV&ヤリス GRスポーツ
夏頃? ホンダ シビック タイプR
9月 マツダ MX-30、スバル レヴォーグ
10月 ホンダe、スバル インプレッサSTIスポーツ
秋頃 トヨタ ヤリス クロスオーバー
11月 ホンダ N-ONE
12月 トヨタ 超小型EV、ホンダ グレイス
2021年1月 レクサス UX300e
時期未定 ランドクルーザー、レクサス LX
※ヤリス、レクサスを除いたモデルはいずれも予定。

【画像ギャラリー】期待のモデルチェンジから新進のピュアEVまで、ホンダ・スバル・マツダ・レクサスの新型車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年12月のものです。新車スケジュールは2019年12月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。新型車の発表スケジュールについては、新情報が入り次第更新していきます
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月26日号


【2月登場予定!】10代目はスタイリッシュサルーン ホンダ アコード

 すでに北米ではひと足先に10代目となっているアコード。東京モーターショーで新型国内仕様が展示されていたが、日本国内でもいよいよ2020年1月より予約開始、2月発表、発売となる。

先に北米で販売が開始されている10代目アコードは2月日本発売だ

 パワーユニットは現行型と同じく2Lエンジンを主に発電用に使いモーターを主に走る「e:HEV」を採用する。

パワートレーンは現行型同様、直4、2Lエンジンを主に発電用に使用するハイブリッド。従来はi-MMDと呼ばれていたが、「e:HEV」と改称

【6月登場予定!】レクサス LCコンバーチブル

 やっと登場するLCコンバーチブル。ルーフはソフトトップとしたことで、収納時の省スペースを実現した。オープン時の美しいフォルムが印象的。ソフトトップは50km/h以下であれば走行中でも開閉可能となる。

 搭載されるエンジンはLC500のV8、5L NA(477ps/55.1kgm)。10速ATが組み合わされる。

 オープン化に伴い徹底的なアンダーフロアの補強を実施。アルミやマグネシウム材を使い軽量高剛性を実現した。

プレミアムオープンにふさわしい高級感あふれるインテリア。写真は北米向けの左ハンドル仕様

 またボディのしなりと剛性を高次元でバランスするパフォーマンスダンパーを採用して、ハイパワープレミアムスポーツにふさわしい走りを実現。

車体色に合わせてソフトトップのカラーにもバリエーションがある

■レクサスLC500コンバーチブル予想スペック
・全長×全幅×全高:4760mm×1920mm×1350mm
・ホイールベース:2870mm
・車両重量:-
・エンジン:V型8気筒DOHC、4968cc
・最高出力:477ps/7100rpm
・最大トルク:55.1kgm/4800rpm
・トランスミッション:10速AT
・価格:1500万円

次ページは : 【9月登場予定!】マツダらしい走れるEV マツダ MX-30

最新号

ベストカー最新号

「ベストカー誌上東京モーターショー2021」開幕! ベストカー11月10日号

 あぁ~……。本来であれば、この10月は47回目の「東京モーターショー」が開催されているはず。残念だ…

カタログ