日産 トヨタ ホンダほか 2020年のニューモデル戦略が見えてきた!!!

 2019年10月にマイナーチェンジを果たしたホンダのN-BOX。そのN-BOXを2019年11月の新車販売台数で抜きトップに立ったタントが、その首位をキープすべく特別仕様車をスタンバイ。

 その一方で、日産のデイズルークスもそのお披露目の日を待つばかり、そしてスズキのハスラーは受注2万台を超えて絶好調……と、どうやら今年は軽自動車から目が離せない!?

 そのほか、日産の2020年のラインナップ、三菱アウトランダーの動向、トヨタセダン体制統合の方向性など、2020年の各社ニューモデル戦略の行方を流通ジャーナリストの遠藤徹氏が読み解く。

【画像ギャラリー】タント! デイズルークス!! キックス!!! 各車期待のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■ダイハツ タントが販売台数トップ奪還に次の一手!!

 ダイハツは2019年11月にタントが宿敵ホンダN-BOXを抜いてトップセラーを奪還しましたが、次の一手を用意していました。タントに2019年12月23日、お買い得な特別仕様車が設定されたのです。

 この特別仕様車は標準タント&タントカスタムに、UV&IRカットガラスやシートヒーター、パノラマモニターなどを標準装備しながら、これらのコストアップぶん約4万~6万円相当を値上げせずに価格を据え置くグレード(X“セレクション”)も設定するモデルとなっています。

タント Xターボ セレクション
タントカスタム Xターボ セレクション

 現行型タントは2019年8月にフルモデルチェンジしたので、わずか半年経過で特別仕様車を設定することになりますが、これは異例の試みです。

 競合するホンダN-BOXが2019年10月3日にマイナーチェンジしたため、これに対抗する措置とも受け取れます。

 なお、タントの特別仕様車「セレクション」シリーズは149万500円~です。

■日産 次期型デイズルークスは2月中旬発表、3月上旬発売?

 日産は次期型デイズルークスを2020年2月中旬に発表、3月上旬に発売する方向で調整をしているようです。1月中旬には日産店向けの商品説明会を実施する見通しです。

 ハイトワゴンの現行デイズは2019年3月28日に発表され、4月からの実質発売となりましたが、主力のスーパースペースワゴンである次期型デイズルークスはこれより11カ月後の投入となります。早めに立ち上げることで2020年度からの反転攻勢を優位に展開させる狙いがありそうです。

 デイズとデイズルークスでは4対6でデイズルークスのほうが販売構成比は高く、両モデルトータルで公表している「デイズシリーズ」はピーク時で月販2万台規模となる可能性もあります。

 従来モデルは2019年末にオーダーストップし、在庫一掃セールに入っています。

2月発表、3月発売と目される日産ブランドの「デイズルークス」

■日産の2020年度ニューモデルの投入計画は4車種か?

 日産が2020年度(2020年4月~2021年3月)に投入するニューモデル(新規&フルモデルチェンジ車)は合計4車種になりそうです。

 その内訳は新型コンパクトSUVのキックスはじめノート、エクストレイルの各フルモデルチェンジ、新小型SUVの電気自動車などが有力です。

4月の登場が予想される日産 キックス

 これまで2020年度の投入は5車種としていましたが、4車種となるのは、次期型デイズルークスが2019年度に繰り上がるためと思われます。

 販売店筋には詳細な投入車種はまだ伝えられていませんが、「4~5車種程度の新型車を発売する」という提示がされているようです。

 これによって、2020年度の日産における新車販売は2019年度に比べて、5%程度のプラスとなりそうです。

■三菱 次期型アウトランダーは次期型エクストレイルと初のパーツ共用化でコストダウン

 三菱自動車は2020年秋にもミディアムSUVのアウトランダーをフルモデルチェンジします。

 同モデルは日産の次期型エクストレイルとプラットフォーム、パワートレーン、トランスミッション、駆動系などかなりの部分でパーツを共用化し、大幅なコストダウンを図る見込みです。

 ただし、内外装のデザイン処理、味付けは別仕立てとなって、コンセプト分けを明確にするものと思われます。

 電動系のパワーユニットは、PHEVについては三菱自動車、ハイブリッドは日産の各独自開発ですから、お互いにユニット供給し合うことで開発投資の負担減が図れるといったメリットも活用できる強みがあります。

 コンセプトとしてはエクストレイルを4WD中心のラフロード派、アウトランダーをシティ感覚のクロスオーバー派と分けることで競合を避けるものと思われます。

新型アウトランダーのデザインベースになると目されている「エンゲルベルク・ツアラー」

■ホンダ 新型フィットは2020年2月13日発表 14日発売

 ホンダは新型フィットを2020年2月13日に発表、14日に発売開始します。

 すでに2019年12月中旬から先行予約を開始しており、好調な滑り出しを見せています。その多くは1.5Lハイブリッド車で占められています。

 納期はすでに3月以降となっており、受注累計は1万台を突破している見込みです。正式に発売になれば、さらに納期は5月にずれ込む見通しとなっています。

 発売までの事前受注目標は3万台以上と強気の設定をしています。

すでに先行予約が始まっているフィットだが、2月に正式発表される予定。この予約は好調な滑り出しを見せていて、売れ筋は1.5Lハイブリッドだという

■ダイハツ ロッキーが16位。登録車メーカー別で初の4番手に浮上

 ダイハツが2019年11月5日に発表、発売した新型コンパクトSUVのロッキーの販売が絶好調の立ち上がりを見せています。11月の登録台数が4294台で計画の2倍以上となっているのです。

ダイハツが2019年11月に発売したロッキーが好調な売れゆき。トヨタブランドのライズも好調で、ダイハツの工場はフル生産の状態にある

 登録車の車名別ランキングは16位であり、スバル、スズキ、マツダを上回り、初めてメーカー別ランキングでトヨタ、日産、ホンダに次いで4番手に浮上しました。

 これまでは7番手が最高でしたが、今回で3社の有力モデルを超えました。

 ダイハツが開発生産し、トヨタにOEM供給している姉妹車のライズは11月の登録台数が7484台、ランキング4位で初めてSUV分野のトップブランドにランクされました。

 両モデルを合わせると1万1778台で、ダイハツの池田工場は休日出勤や残業でのフル生産が続いています。

■トヨタ 新世代セダンのラインナップは5車種体制か?

 トヨタは2020~2022年に量販戦略モデルにおける新世代セダンのラインナップを再構築する見込みです。

 現在トヨタのセダンはクラウンを頂点にカムリ、プレミオ/アリオン、カローラの4モデル系を揃えます。

 このうちクラウン、カムリ、カローラの3車種は継続しますが、プレミオ/アリオンは統合し、2L中心のミディアムクラスとした世代交代モデルを投入します。

 また、これに1.5L中心のコンパクトクラスを新規開発し、合わせて5車種の体制を揃える方向のラインナップを進めています。

 プレミオ/アリオンはプレミオにブランドを1本化する方向ですが、新しいネーミングの採用案も浮上しています。

 いずれもTNGAのプラットフォームを採用し、パワーユニットは3.5L、2.5L、2L、1.8L、1.5Lの各ハイブリッドを中心に搭載しますが、1.8Lは2Lに統合し廃止する可能性もあります。

トヨタはセダンラインナップの再構築を図っていて、現行型のプレミオ(上)/アリオン(下)はプレミオに統合される可能性が高く、さらに新型車投入も見込まれている

【画像ギャラリー】タント! デイズルークス!! キックス!!! 各車期待のニューモデルたちをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ