【受注約2万台!!? 早くも大ヒット驀進中】スズキ新型ハスラー 波乱の販売最戦線

 軽SUVとして一躍大人気となったハスラーが2019年12月24日にフルモデルチェンジで刷新された。

 そのハスラーは年末年始を挟み、1月20日から販売を開始した。

 東京モーターショーにコンセプトカーが出展された時は、マイチェン? という評価もあったが、実車を目にすると旧型との違いは歴然としている。

 遊びの要素をさらに盛り込み、タフさをアピールした新型に対してユーザー、販売会社はどのように見ているのか? 遠藤徹氏がレポートする。

文:遠藤徹/写真:SUZUKI、佐藤正勝、平野学、池之平昌信

【画像ギャラリー】新型ハスラーに早くも立ちふさがるライバル出現!? 2020年夏登場ダイハツタフトの全容


納期はすでに4月以降

新型ハスラーは軽SUVのコンセプトを旧型から踏襲しつつ、タフで遊びに特化した『遊びの達人グルマ』というキャラクターを大々的にアピール

 新型ハスラーは2019年12月24日に発表し、2020年1月20日に発売開始した。価格を決め先行予約での実質的な受注をスタートさせたのは12月中旬あたりだった。

 1月下旬現在の納期は4月以降であり、3カ月強の待ちとなっている。全国での推定受注累計は約2万台に達している見込みである。

 月販目標を6000台に設定し、これに沿った生産を行っているが、受注ピッチは計画をはるかに上回っているから、実際の販売台数は2月以降になると7000~8000台規模で推移すると思われる。

 組み立て工場では休日出勤や残業などによる増産で対応している状況にある。

キュートなエクステリアデザインでデビューして以来大人気となった旧型ハスラー。初期モデルを購入したオーナーの新型への買い替えが目立つ

最上級グレードの販売が好調

 2代目ハスラーのグレード構成は上級のXハイブリッドと標準のGハイブリッドの2タイプで、それぞれターボ、2WD、4WDがあるので、トータル12グレードで展開している。

 首都圏のケースでみると初期の受注構成比はXターボが全体の40%でノーマルのXが30%、Gターボが20%、ノーマルXが10%となっている。2WD比率は90%と高いが山間部、東北、北海道は半分以上が4WDになっていると推定される。

ジムニー人気は継続中で、2020年1月現在で納期はまだ10カ月程度とかなり長く、ジムニーを断念して新型ハスラーを購入する人も出てきている

 下取り車は今までのところ多くが初代ハスラーであとはジムニー、ワゴンR、アルトラパン、スイフト、ソリオなどのスズキ軽自動車車や小型車が多数を占める。今後は小型車クラスのSUV、ワゴンなど登録車を含めた他銘柄に拡大して行く方向にある。

旧型よりも2トーン人気が低下!?

新型の販売開始時点ではピュアホワイトパールの人気が高い。旧型ではオレンジ、赤といったビビッドカラーの人気が高かったが、明らかに傾向が変わっている

 ボディカラーはモノトーンが5色、2トーンが6色で、2トーンのほうが多いラインナップとなっている。これは初代モデルが2トーンの購入希望者が多く、長期の納車待ちになっていたことからの配慮をしたため。

 ところが今回の2代目はモノトーンの希望者のほうが半分以上と多く、2トーンは全体の40%程度となっている。

 モノトーンの人気色はピュアホワイトパール、クールカーキパールメタリック、ブルーイッシュブラックパールなどが売れ筋。

旧型がルーフのみの2トーンだったのに対し、新型ではクォーターパネル部分にまで別色を配した2トーンとなっているが、ユーザーの評価は賛否両論わかれている

 2トーンはルーフがホワイト、ブラックがあり、ボディはバーミリオンオレンジ、フェニックスレッドパール、デニムブルーメタリックなどの人気が高いがクオーターパネル部分までルーフのカラーリングを拡大させた配色に賛否両論があるようだ。

 インテリアカラーはバーミリオンオレンジ、デニムブルー、グレーイッシュホワイトの3色を揃えているが、温かみとウッド感覚のバーミリオンオレンジが最も希望者が多い傾向がある。

バーミリオンオレンジのボディカラーはオレンジ内装が標準だが、そのほかのボディカラーにも一部でオレンジ内装をオプションで選ぶことができる
新型ハスラーにはモノトーンが5色、2トーンが6色ラインナップされている。新色は写真のバーミリオンオレンジとデニムブルーの2色

残価設定ローンがお得で人気

 新型車の売りとなっているのは直線的でより個性的なエクステリアデザイン、室内のシート、ダッシュボードなどおしゃれ感覚の仕立て、マイルドハイブリッドの採用による性能向上と低燃費の両立、セーフティサポートによる進化した安全対策の強化などが上げられる。

旧型に比べて直線基調で、ワイドルドなデザインとなった新型ハスラー。このチェンジにより男性ユーザーにシフトしてきている

 SUVは最近のトレンドになっており、本格的な軽自動車のクロスオーバータイプは今のところハスラーだけであるから、同モデルに受注が集中している側面がある。ユーザー構成は20代から50代までの幅広い層になっている。

 初代モデルはソフトでキュートなエクステリアデザインで女性ユーザーも多かったが、現行2代目は直線的でワイルドなボディシェルにしたことで男性シフトが強まっている傾向がある。

 3月末までは残価設定クレジットの「かえるプラン」で実質年率1.9%と通常の3.5%を1.6ポイント引き下げて実施しており、このキャンペーン効果も追い風に一役買っている。

新型ハスラーは衝突被害軽減ブレーキをはじめ、最新の安全装備が充実している。これは新型ハスラーを購入する時に大きな魅力となっている

 首都圏にあるスズキアリーナ店でハイブリッドXターボ(車両本体価格179万7400円)にドアバイザー、フロアマット、ドライブレコーダー 、ETC、ナビ、ボディコートなど15万円程度の付属品を付けて弾いて貰うと法定、法定外諸費用を含めて210万円弱と出た。

 値引きは初回答で5万円という。1.9%の残価設定クレジットキャンペーンのサービスぶんや多数のバックオーダーを抱えているためか、かなり引き締めている状況にある。

証言:首都圏スズキアリーナ店営業担当者

 新型ハスラーは初代モデルほどの爆発的な人気の高さではないが、それでも目標台数は大幅に上回る趨勢となっている。今のところは多くが初代モデルの前半に購入したユーザーの代替えが目立っている。

 ジムニーはまだ10カ月以上も待つので、新型ハスラーに切り替えるお客さんもかなりいる。

 大半は最上級のXターボを購入している。モノトーンと2トーンは半々くらいの割合だ。

『遊びの達人グルマ』をアピールしているだけあって、ラゲッジスペースも広く、新型ではラゲッジフロア下のボックスなども装備して抜かりない

 30代の若いファミリーが小さい子供を連れて海や山、ハイキング出かけるのに便利な乗り物として愛用するようなケースを想定しているようだ。

 最近は60%以上が残価設定クレジットを利用しており、今回のような1.9%の低金利だと、通常の3.5%よりも5年60回払いで20万円以上の得になるので余計に利用率が高くなっている。

 旧型の前期モデルでも下取り車の価格が比較的高いので、代替えしてくれている。

 値引きは車両本体からは5万円以内に抑えるようにしている。夏になるとダイハツが新型タフトを発売し、競争が激しくなるので、今のうちに可能な限り多く売っておきたいという気持ちはある。

2020年夏頃にダイハツはブランニュー軽SUVのタフトをデビューさせ新型ハスラーに対し真っ向勝負を挑む。人気のハスラーにとっても強敵が出現する

【画像ギャラリー】新型ハスラーに早くも立ちふさがるライバル出現!? 2020年夏登場ダイハツタフトの全容

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ