ライズの残価設定ローン利用率は80%!? 人気の理由と注意点


 トヨタのコンパクトSUVのライズが人気で売れまくっている。2020年1月は1万220台を販売して小型/普通車の販売トップに躍進。売れすぎてオーダーストップがかかったほどだ。

 その大人気のライズの売れ方の特徴として特筆すべきは、残価設定ローンの利用率が非常に高いことだ。長らく日本に根付かないと言われていた残価設定ローンが人気の要因は何なのか? ライズだけに限った特別な現象なのか? 渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、DAIHATSU、LEXUS、平野学、佐藤正勝

【画像ギャラリー】2020年1月の小型/普通車の販売ランキングTOP10


2020年1月に小型/普通車の販売1位に輝いたライズ

ライズは全長3995×全幅1695×全高1620mmの5ナンバーサイズだからコンパクトカーからの乗り換え組でも不安なく運転できる

 トヨタのコンパクトSUV、ライズが絶好調で売れている。2019年11月に発売されると、小型/普通車販売ランキングの上位に喰い込み、12月はカローラシリーズに次ぐ2位となった。

 そして2020年1月は、小型/普通車の1位を奪い取っている。

 1月は正月休みによって販売店の稼働日数が大幅に減るが、それでもライズの登録台数は、2019年中の契約が多かったから1万台を超える1万220台をマーク。2位のカローラシリーズは8480台だから、大差を付けている。

 SUVは人気のカテゴリーだが、小型/普通車の販売1位になることは珍しい。2017年4月にC-HRが1位になったことがあるが、その後はプリウスに抜かれている。

ライズは価格の割にインテリアの質感が高いのもユーザーに人気がある要因のひとつ。SUVだから車高も高いのでアイポイントも高く快適性が高い

日本で残価設定ローンの利用率が上昇中!!

 ライズの売れ方について販売店に尋ねると「残価設定ローンを使うお客様が多い」と返答された。

 残価設定ローンの利用率は販売店によって異なるが、おおむね「50~60%」と返答する店舗が多く、「ライズは80%に達した」という情報も聞かれる。

 残価設定ローンは、トヨタに限らず、各メーカーとも利用率を上昇させている。

2019年12月に発表され1月から販売を開始した新型ハスラーも期間限定ながら残価設定ローンの金利が優遇されているため利用者は多いという

 理由は複数あるが、まず月々の返済額を安く抑えられるからだ。

 通常ローンは車両価格の全額を返済して最終的にユーザーの所有になるが、残価設定ローンは違う。数年後の残価(残存価値)を設定して、残価を除いた金額を分割返済する。

 例えば車両価格が200万円で、3年後の残価が40%だとすれば、残りの60%に相当する金額を支払うわけだ。

ライズは価格設定も安めとなっているため買いやすさも人気のポイント。1Lターボは98psとパワフルではないが、車重が軽いので動力性能にも不満は出ない

 見方を変えると、使用期間中に価値が減る金額を支払うことになるから、カーリースに似たローンともいえるだろう。返済期間を終えても車両は自分の所有にならないが、月々の返済額は安い。

 返済期間を終えた時には、車両の返却、再びローンを組んで乗り続ける、残価を支払って車両を買い取る、という選択のできるタイプが多い。

次ページは : 残価設定ローンはメーカーと販社に好都合