【決算期の値引きも魅力だけど…】未使用中古車は魅力的なのか?

 昨今、販売合戦のため自社登録が横行して大きな問題になった。俗に“新古車”と呼ばれる、登録済みの未使用車のことだ。

 大量の未使用車は、中古マーケットに大きな影響を及ぼす問題なのだが、新車購入を考えているユーザーサイドにとっては、お得にクルマを購入できるかもしれない見逃せないポイントになっている。

 中古車のスペシャリスト、萩原文博氏が未使用車ではないが、自社登録によって生まれる未使用中古車、登録済み未使用車を買うメリットとデメリットについて考察する。

文/萩原文博
写真/編集部、BMW MINI

【画像ギャラリー】今お買い得な未使用中古車があるモデルをもう一度チェック!


■問題化した未使用車。しかし一概に悪ともいえないメリットも

 かつて政治家が発した「2位じゃダメなのでしょうか?」という言葉が、様々な物議を醸した。しかし、新車の販売台数においては、どのメーカーも1位を目指して様々な努力を行っている。

 その1位になるために行っている行為のひとつが、未使用中古車や登録済み未使用車といわれるものだ。軽自動車は届出、登録車は登録だけしたまったく走行していないクルマのことで、最近写真週刊誌に新車の輸入車が大量にモータープールと呼ばれている場所に置かれているのが取り上げられていた。まさに、この未使用中古車や登録済み未使用車は登録台数を積み上げるために行われた結果発生するクルマなのだ。これほどまでしても新車販売台数No.1という称号がほしいのである。

 こういった未使用中古車は全面的に悪い! とは一概には言えない。それは、ほぼ新車といえる高コンディションのクルマが、新車より割安な価格で手に入るからだ。こういった未使用中古車が多く発生する軽自動車ではそういった未使用中古車を専門に扱う販売店も多く存在しているし、販売店で話を聞くとリピーターも数多くいると聞く。確かに、ほぼ新車同然のコンディションのクルマが値引き以上の価格で手に入るのだから魅力ではある。しかし、メリットばかりではない。未使用中古車にもデメリットがある。

ボディカラーやオプションなどは自分で選ぶことができないが、ほぼ新車をお値打ち価格で手に入れられるため、消費者としては一概に悪いとも言い切れないのが難しいところ

 それはまず車検期間が短くなるということだ。すでに登録だけはされているので、購入してから3年ということにはならないのだ。さらに、ボディカラーやグレード、装備、なかでもメーカーオプションの装備は装着できないというデメリットもあることは覚えておいてもらいたい。

 では、なぜこの未使用中古車の話をするのかというと、新車、中古車ともに年度末の3月が最も販売台数が増える最大の需要期だからだ。その需要期に向けて、メーカーは人気車の人気グレードを中心に需要を見込んで増産体制をとり、販売店も販売台数を増やすために値引き額が大きくなる。しかしその需要期祭りが終わると、捌ききれなかったクルマが未使用中古車として市場に出回ってくるという構造なのだ。

 では、実際に未使用中古車はどれくらい存在して、本当にお買い得なのか! を検証してみよう。

■国産未使用車の現状は? 人気軽自動車、ミニバン、ハイブリッドがお得に!?

 まずは、軽自動車から。2019年の軽自動車の新車販売ランキングで、5年連続No.1に輝いたのが現行型のホンダN-BOX。現在約4000台の中古車が流通しているが、年式を2019年~2020年式、走行距離500km以下という条件で絞ると、実に約2190台がヒットした。つまり、現行型N-BOXの中古車の約55%は未使用中古車ということになる。

5年連続、軽自動車販売台数No.1のホンダ「N-BOX」。新車価格は141万1300~212万9600円。オプションなどを付ければ、250万円を超えるグレードもある

 グレードではカスタムG・L ホンダセンシングが約35%を占めており、次いで標準車のG ・L ホンダセンシングが続く。そして第3位にカスタムG・Lターボ ホンダセンシングとなっており、自然吸気エンジンだけでなく、ターボ車も探しやすい状況だ。

 最も多いカスタムG・L ホンダセンシングの価格帯は、修復歴有りの物件を除くと約139.8万~約237万円となっている。カスタムG・L ホンダセンシングの新車価格が174万6800円。その新車価格より安いクルマは約690台も流通している。

 ボディカラーは黒系が約半数を占め、ホワイトパールも多めで青や赤といったボディカラーも少数ながら見つけることができる。新車ならば、諸費用を含めた乗り出し価格は200万円近くになるが、未使用中古車ならば走行距離約20kmというクルマが約160万円で乗ることができ、約40万円もお得ということなっている。

N-BOXを、「2019年式以上」「90万円以上」「走行距離1万キロ以下」「修復歴なし」の条件で検索すると登録済み未使用車が多数ヒット(画像をクリックすると検索結果がご覧いただけます)

 続いて紹介するのは2019年に登場し、王者N-BOXの牙城を崩したダイハツ「タント」だ。2019年に登場したばかりの現行型タントは、現在約1300台の中古車が流通しているが、「2019年~2020年式」「走行距離500km以下」という条件で絞ると、実に約85.8%の約1185台がヒットした。

2019年11月の軽自動車 車名別新車販売台数で、N-BOXを2年3カ月ぶりに逆転したダイハツ「タント」。新車価格は124万3000~197万4500円

 現行型タントの中古車では、ターボエンジンを搭載したカスタムRSが約322台で最も多く、次いでカスタムX、標準車のXと自然吸気エンジンを搭載した売れ筋グレードが並んでいる。

 最も流通台数の多いカスタムRSの未使用中古車の価格帯は、約145.4万~約225.0万。新車価格が178万2000円なので、諸費用込みの乗り出し価格は約200万円となる。未使用中古車のなかには、乗り出し価格約170万円のクルマもあるので、約30万円お得となる。

 新車の値引きでも、ここまで安くなることはほぼないと考えられる。ボディカラーは半数が黒で、白も多め・その一方で赤や青といったボディカラーは十数台とかなり少なくなっている。

タントを、「2019年式以上」「100万円以上」「走行距離1万キロ以下」「修復歴なし」の条件で検索すると登録済み未使用車が多数ヒット(画像をクリックすると検索結果がご覧いただけます)

 一方、久しぶりに小型車、登録車の新車販売台数でNo.1に返り咲いたのがトヨタ「プリウス」。現行型プリウスの中古車は約3570台流通しているが、「2019年~2020年式」「走行距離500km以下」という条件で絞ると、約213台ヒットする。

2019年に、2017年以来となる登録車販売台数1位を獲得したトヨタ「プリウス」。2018年12月に、フェイスリフトを伴うビッグマイナーチェンジを行ったが、それが功を奏した。新車価格は256万5200~354万3100円

 グレードは1.8Sが最も多く、次いで多い1.8Sツーリングセレクションの2グレードで約90%を占めており、軽自動車に比べるとグレードの選択肢が狭くなっている。

 最も多い1.8Sの未使用中古車で、高価格帯に多いカスタマイズ済のクルマを除いた価格帯は約199万円~約265万円で、プリウス1.8Sの新車価格が261万2500円なので、半数程度のクルマは諸費用を含んだ乗り出し価格が新車価格を下回っている。しかし、ボディカラーは黒が半数以上を占めて、残りは白とシルバーとなっており、グレードとともにボディカラーの選択肢もかなり狭くなってしまう。

プリウスを、「2019年式以上」「210万円以上」「走行距離1万キロ以下」「修復歴なし」の条件で検索すると登録済み未使用車が多数ヒット(画像をクリックすると検索結果がご覧いただけます)

 そして、ミニバンの新車販売台数No.1に輝いたのが日産「セレナ」。現在、約2235台の現行型セレナの中古車が流通しているが、そのうち「2019年~2020年式」「走行距離500km以下」という条件で絞ると、約560台がヒットした。

2019年のミニバン登録台数No.1を獲得した日産「セレナ」。e-POWERが追加された2018年3月以降に勢いを取り戻し、ライバルを逆転した。新車価格は257万6200~372万5700円

 エンジンで発電した電気で、モーターを駆動させるe-POWERというパワートレーンでヒットしたセレナだが、未使用中古車の大半がガソリンエンジン車。最も多く半数以上を占めるのが2.0ハイウェイスターVで、次いで2.0ハイウェイスターV IIがとなり、この2グレードで約86.9%を占めている。プリウス同様にグレードの選択肢が少なく、人気のe-POWERも選びにくいという状況だ。

 最も多い2.0ハイウェイスターの未使用車の価格帯は、約220万~約336万円で、諸費用を含めた乗り出し価格が250万円以下という中古車も見つかる。2.0ハイウェイスターVの新車価格が298万6500円で、諸費用を含めると約350万円。さすがに100万円の値引きはないと思われるので未使用中古車の価格はかなり魅力。ボディカラーはほぼ、白(パール)、黒、シルバーで占められているので選択肢の幅は少ないが、セレナを安く買いたい! という人には魅力と言える。

セレナを、「2019年式以上」「210万円以上」「走行距離1万キロ以下」「修復歴なし」の条件で検索すると登録済み未使用車が多数ヒット(画像をクリックすると検索結果がご覧いただけます)

■国産車だけじゃない 輸入車でも発生する未使用中古車

 こういった未使用中古車は国産車に限った話ではない。輸入車のプレミアムブランドでもこういった中古車は見つけることができる。しかし最近は問題視されるようになっていて、極端に走行距離が短い中古車が出回りにくくなっている。そんななかで、2019年にマイナーチェンジを行ったミニクラブマンは2019年式、走行距離500km以下という条件で検索すると約58台の中古車がヒットする。

 最も多いのがジョンクーパーワークスで、クーパーD、クーパーSDのディーゼルエンジン車が続く。最も多いミニクラブマン ジョンクーパーワークスの未使用中古車の価格帯は約376万~約428万円で、どのモデルも数多くのオプション装備が付いているのが特徴だ。ミニクラブマンジョンクーパーワークスの新車価格は568万円で、流通している未使用中古車はマイナーチェンジ前なので、国産車以上に価格差が広がっているのが特徴だ。

モータースポーツ技術を投入したメーカーチューンドモデル「ジョンクーパーワークス」。走りは一級品なので、未使用中古車はお得感が強い。ミニクラブマンジョンクーパーワークスの新車価格は568万円となっている

 人気の軽自動車ならば、未使用中古車でもグレードやボディカラーの選択肢は広く、自分の好みのクルマを見つけやすいが、登録車となるとさすがに選択肢の幅が狭くなる。ただ、特定の車種に少しでも安く乗りたい!という人には未使用中古車はかなり魅力のある商品だといえる。しかも需要期前の現在より、4月から5月のゴールデンウィーク明けになれば、さらに価格が安くなるはずなので、購入予定のある人はチェックを欠かせないだろう。

【画像ギャラリー】今お買い得な未使用中古車があるモデルをもう一度チェック!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ