スバル 新型レヴォーグの期待と不安 唯一無二の高性能ワゴンに転機!?


 衰退する国産ワゴンで孤軍奮闘!! スバルの旗艦「新型レヴォーグ」年内発売で高まる期待と一抹の不安とは?

 最近の日本車では、ステーションワゴンが大幅に減った。カローラツーリングは新型になったが、それ以外はコンパクトなホンダ シャトル、ミドルサイズのレヴォーグ、Lサイズのマツダ6程度だ。

 かつてブームだった国産ワゴンも、居住性の優れるミニバンやSUVの登場で、カテゴリーは大幅に縮小。そうしたなかで根強い支持を得ているのがスバルのレヴォーグだ。

 すでにスバルが2020年内の国内発売をアナウンスしている新型に懸かる期待と不安とは?

文:渡辺陽一郎
写真:SUBARU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】(全13枚!)歴代レガシィ&新型レヴォーグ STIスポーツを写真で全て見る!!


レガシィの受け皿に!! レヴォーグは国内専用車として誕生

現行型レヴォーグはモデル末期ながら2019年も1万2717台を販売するなど根強い人気を誇る

 1996年以降は、車内が大幅に広いミニバンの新型車が続々と発売され、ステーションワゴンは需要を奪われた。

 しかし、ステーションワゴンのメリットは健在だ。本来はセダンのルーフを後方に伸ばして、荷室容量を広げたボディタイプだから、SUVやミニバンに比べると低重心で走行安定性と乗り心地を高めやすい。

 日常的に高速移動の機会が多い欧州では、今でもステーションワゴンが多く用意され、ビジネスにも使われている。

 そして、ワゴンの走りの良さを最も強く意識させる日本車がスバル レヴォーグだ。

 レガシィのボディが拡大され、ツーリングワゴンが廃止されるのを受けて、2014年に発売。今では海外でも販売するが、発売時点で扱ったのは日本のみだ。つまり、保有台数の多いレガシィツーリングワゴンから乗り替える、日本のユーザーをターゲットに開発された。

4代目レガシィ(左)に回帰したともいえるレヴォーグ(右)は、レガシィが5代目以降で大型化・ツーリングワゴンを廃止したことを背景に生まれた

 そのために全長は4690mm、全幅も1780mmで、従来のレガシィツーリングワゴンとほぼ同じ大きさだ。エンジンは、水平対向4気筒1.6Lターボと2Lターボで、駆動方式は4WDのみになる。

 さらに両方に「STIスポーツ」も用意した。ビルシュタイン製ショックアブソーバーなどを装着して、内外装の質感も高めている。販売比率も多く、高性能な2Lターボエンジン搭載車は大半がSTIスポーツで占められる。

 かつてのレガシィツーリングワゴンも、2000年代に販売された4代目では、ターボを搭載する高性能なGT系が販売総数の30%前後を占めた。

 レヴォーグは車名を変えたものの、レガシィツーリングワゴンの後継車として、ファンの期待に応えている。サーキットも安心して走れる安定性は、高重心のSUVやミニバンでは得難く、レヴォーグはまさにスポーティワゴンの代表だ。

新型レヴォーグは新エンジンと新アイサイトの二本柱に「期待」

新型レヴォーグプロトタイプ。キープコンセプトながらエンジンは新開発の1.8Lターボに一本化される

 このレヴォーグが2020年後半にフルモデルチェンジを受ける。新型のプロトタイプは、『東京モーターショー2019』で披露された。

 ボディサイズは現行型と同等だが、外観の印象は異なり、フロントマスクは鋭角的な形状に変わってワイド感が強調される。

 プラットフォームは、2019年7月に北米生産を開始した新型レガシィと共通で、フルインナーフレーム構造となる。

 エンジンは新開発される水平対向4気筒1.8L直噴ターボとされ、従来の1.6Lターボと2Lターボは設定されない。希薄燃焼技術が採用され、優れた環境&燃費性能も達成する。

新型レヴォーグは新世代のアイサイトもスバル車として初搭載される予定

 装備は新世代アイサイトに注目したい。

 センサーは従来と同様のステレオカメラに加えて、ボディの前後に4つのレーダーも備える。周囲の交通状況を360度検知して、見通しの悪い交差点、自車が右左折する時の事故も防止したり被害を軽減する。

 運転支援機能は、マップ精度を高め、GPS通信衛生と準天頂衛生「みちびき」も利用して自車位置を正確に測定する。カーブの手前で自動減速したり、渋滞時にはクルーズコントロールのハンズオフ(手離し)走行も可能だ。

次ページは : 新型の「不安」もエンジン? 迫る燃費規制で高出力難しく