【CX-8、CR-V、ランクル…】最新国産3列シートSUVランキング

「6人以上乗れるクルマ」といえば、大抵の場合3列シートのミニバンをまずは思い浮かべる。

 ヴォクシー/ノア/エスクァイア、セレナ、ステップワゴンの「5ナンバーサイズミニバン」に始まり、ヴェルファイア/アルファード、エルグランドといったフルサイズミニバンまで、ニーズに合わせて多様に選択肢が揃う。日本はミニバン大国だ。

 でも、「正直ミニバンじゃ物足りないかな…」という人だっているはず。そこで着目したのが3列シートのSUV。現行で8車存在する「国産3列シートSUV」のうち、ミニバンには叶わないまでも日常的に3列シートを使わ“ない”ならアリなモデルはどれか?

 自動車評論家の渡辺陽一郎氏にジャッジを仰ぐ。

【画像ギャラリー】CX-8、CR-V、ランクル…国内8モデル! 3列シートSUVをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月26日号


■3列シートのSUVに魅力を感じるユーザーは少なくない!

 最近はSUVの人気が高い。悪路走破力を高める大径タイヤなどを備えて外観がカッコよく、ボディの基本形状はワゴンだから、居住性や積載性も優れている。デザイン性と実用性を両立させて高い人気を得た。そのためにミドルサイズ以上のSUVには、3列のシートを装着した車種も多く、乗車定員は6~8名だ。

3列シートSUVでは圧倒的な居住空間を実現するマツダCX-8。2列目シートを前倒しても身体をかがめるようにしなければならない乗降性はやや大変だが、座ってしまえば広々しており、足元も窮屈ではない

 3列シート車ではミニバンが一般的だが、SUVとはシャシーと床面構造が異なる。

 スライドドアを備えた背の高いミニバンは、燃料タンクをカバーできる位置まで床を持ち上げ、平らに仕上げた。したがって3列目に座っても、膝が大きく持ち上がる窮屈な姿勢になりにくい。

 しかしSUVは、この床面構造を採用していない。3列目の床は、燃料タンクのために1/2列目よりも高く設定される。ミニバンの3列目に比べると、床と座面の間隔が乏しく、膝の持ち上がった窮屈な姿勢になりやすい。

右のクルマが、ホイールベースを変えることなく車体後端部の形状変更で3列シート化したレクサスRX450hL。左はベースとなるRX450h 

 この室内設計は、全高の数値にもあらわれている。スライドドアを備えたミニバンは、大半の全高が1800mmを超える。床を持ち上げてフラットに仕上げたから、天井も高くなった。

 その点でSUVでは、全高が1800mmを超える車種は珍しい。SUVの3列目シートは、ミニバンと異なり、基本的には緊急用の位置付けだ。

 それでも3列シートのSUVに魅力を感じるユーザーは少なくない。例えば1年に数回だけ、短い距離を多人数で移動するために、3列目まで快適なミニバンを買うのはもったいない。

 特にミニバンがユーザーの好みに合わない場合、外観がカッコよくて走りも楽しいSUVの3列シート車は、ちょうどいい選択肢になる。

レクサスRX450hLの室内。さすがに3列目シートは大人が長時間乗るには、ちょっとキツイか

■3列シートSUVのランキングは!?

 そこでSUVに装着された「3列目シートの使える度」をランキングすると、1位に挙げられるのはCX-8だ。

●1位 マツダ CX-8

圧倒的な居住性でトップを獲得したのがマツダCX-8。2列目乗員が充分楽な姿勢を取っても3列目乗員の膝スペースにコブシ1つ半の余裕が生じる。フリードやシエンタなどのコンパクトミニバンと同等レベルの居住性を確保しており、1時間程度であれば充分対応

 身長170cmの大人6名が乗車した場合、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目には握りコブシ1つ半の余裕が生じる。

 SUVだから、床と座面の間隔が不足して膝が持ち上がるが、極端に窮屈な姿勢にはならない。シートの座り心地も柔軟で、SUVの3列目としては快適だ。

 片道1時間程度の距離なら、大人が多人数で移動できる。ミニバンの3列目に当てはめると、フリードやシエンタなどのコンパクトミニバンと同水準になる。

 CX-8は、マツダがプレマシーなどミニバンの販売を終えた代わりに投入されたから、3列目の居住性にも配慮した。

 2位はCR-Vだ。

●2位 ホンダ CR-V

CR-Vの3列シート仕様はハイブリッドには設定がなく、1.5Lターボモデルのみ。CX-8と比べると前後方向の余裕が小さく、2列目乗員が余裕たっぷりのシート位置にすると3列目に大人が座るのは困難。3列目乗員の足は2列目下に収まるので、窮屈感は比較的小さい

 CX-8と同じ測り方で2列目の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目に大人が座るのは難しい。

 そこで2列目の膝先空間を握りコブシ1つ分まで詰める。見栄えは窮屈だが、2列目に座る乗員の足が1列目の下側にスッポリと収まり、意外に狭く感じない。

 この状態で3列目の膝先空間は、握りコブシの半分程度だ。最小限度だが、CR-Vの3列目は、足元の床を少し深く掘り込んだ。

 この効果で乗員の足が2列目の下側に収まりやすい。大人6名が乗車して、片道45分程度であれば不満なく移動できる。

 ミニバンの3列目に当てはめると、フリードやシエンタよりは少し狭いが、フラットな床面構造を採用しないジェイドやプリウスαに比べると快適だ。

 3位はランドクルーザーとレクサスLX570になる。

●3位 トヨタ ランドクルーザー&レクサスLX570

ランクルとレクサスLX570は車体構造は同じで、3列シート仕様の居住空間も同様だ。大柄な車体ながら、フロアが高いこともあり、3列目シートの乗員は足元が高くなり、膝が上に突き出すような姿勢を強いられる。プリウスαやジェイドよりは少し快適か!?

 ボディが大柄なわりに、車内はあまり広くない。2列目でも床と座面の間隔が不足して、膝が持ち上がる。

 3列目はこの傾向がさらに強く、足元空間はCR-Vよりも少し広いが、着座姿勢が窮屈だ。多人数で乗車するなら片道30分程度までだろう。

 ミニバンに当てはめると、プリウスαやジェイドよりは快適に座れる。

 4位はランドクルーザープラド。

●4位 トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザー同様、本格的なクロカンタイプのためフロアが高く、3列目シートは足元が高く、どうしても窮屈な姿勢を強いられる。ランクルやレクサスLXが8名乗りなのに対し、プラドの3列目は2人掛けで乗車定員は7名。プリウスαと同程度の居住性だ

 着座姿勢はランドクルーザーと同様、膝が大きく持ち上がる。

 足元空間はランドクルーザーよりも少し狭いが、2列目の膝先を握りコブシ1つ分まで詰めると、3列目にも同程度の余裕ができる。

 ミニバンでいえば、プリウスαと同程度でジェイドよりは広い(ジェイドの3列目は頭上が極端に狭い)。

 5位はレクサスRX450hLだ。

●5位 レクサスRX450hL

ベースとなるRXのホイールベースはそのまま、リアセクションの車体を110mm延長してスペースを捻出して3列目シートを押し込んだ。昨年8月のマイチェンで3列目シートに前後スライド機構を追加したことで、多少は居住空間に余裕ができたが、それでもキツイ

 全長はCX-8よりも100mm長いが、床と座面の間隔が乏しく、膝の大きく持ち上がる座り方になる。足元空間も狭い。多人数で乗車するなら、片道20分程度までだ。

 6位はアウトランダー。

●6位 三菱 アウトランダー

PHEVは2列シートの5名定員だが、ガソリンエンジンモデルは全グレード3列シートの7名定員となるアウトランダー。車体サイズもいわゆるミッドサイズということもあり、3列目シートは完全にエマージェンシーという位置付け。大人なら15分程度が限界だろう

 2列目の膝先を握りコブシ1つ分に調節すると、3列目には若干の隙間ができる。床と座面の間隔も不足している。

 7位はエクストレイル。

●7位 日産 エクストレイル

エクストレイルの3列シート7人乗り仕様はガソリンエンジン搭載の「20X」にのみ設定される。アウトランダー同様、あくまでもエマージェンシーという位置付けで、大人が3列目に2人並んで座るのは現実的ではない

 2列目の膝先が握りコブシ1つ分でも、3列目に座ると膝が2列目の背面に触れてしまう。アウトランダーとエクストレイルに大人6名が乗車するなら、片道15分程度の移動になる。

■ちなみに……日本で買える輸入車3列シートのSUVと価格
・プジョー5008(7人乗)…421万7000〜481万8000円
・BMW X5(7人乗)…938万〜1354万円
・ベンツGLS(7人乗り)…1261万〜2014万円
・アウディ Q7(7人乗り)…827万〜955万円
・ランドローバー レンジローバースポーツ(7人乗り)…1272万〜1723万円
・ランドローバー ディスカバリー(7人乗り)…877万〜1023万円
・ランドローバー ディスカバリースポーツ(7人乗り)…450万〜660万円
・ボルボ XC90(7人乗り)…894万〜1359万円
・キャデラック エスカレード(7人・8人乗り)…1397万円
・テスラ モデルX(7人乗り)…1110万〜1348万円

【画像ギャラリー】CX-8、CR-V、ランクル…国内8モデル! 3列シートSUVをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【今夏やってくる!?】ヤリスクロスオーバー&キックス最新情報|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、新型ヤリスクロスオーバーのエクステリアデザイン最新情報と、新型キックス含めた日産SUV新車攻勢の最新情報をお届け。  そのほか、予算200万円から250万円までで買える軽自動車&コンパ…

カタログ