新型ヤリスは初代ヴィッツを超えるか!? 祖先はコンパクトカー界を変えた革命児だった!!


重要な国内マーケットの中核をなした2代目

 そこで2005年に発売された2代目ヴィッツは開発に力を注ぎ、初代モデルの路線を踏襲しながら、内外装の造り、走行安定性、乗り心地をさらに向上させている。

 ちなみにトヨタの世界販売台数に占める国内比率は、2019年はOEM軽自動車を含めて17%だが、2000年代の前半は約30%を占めていた。国内市場は今よりも重要だったから、当時のトヨタは、各カテゴリーで販売ナンバーワンを取ることにこだわった。

2代目ヴィッツは2005年にデビュー。ボディサイズは全長3750×全幅1695×全高1520mmと若干大型化し、エンジンは1.3Lがメインとなった

 例えばホンダがストリームで注目されるとライバル車のウィッシュを発売して、日産エルグランドが好調に売れると、グランビアなどをアルファードに統合して商品力を大幅に高めた。

 いずれも販売合戦で勝利しており、ヴィッツもフィットやマーチに負けるわけにいかなかった。

2代目ヴィッツはフロントマスクは変更されたがリアデザインは初代を踏襲。2代目のデザインは初代に負けず劣らず評価は高かった

 2代目ヴィッツは初代の路線を踏襲しながら機能を幅広く向上させたから、2005年には1カ月平均で1万1000台を登録している。フィットの1万500台を抑えて、コンパクトカーの1位になった。

 このように初代と2代目のヴィッツは、販売面で多少の浮沈はあっても商品力が高く、好調に売れた。

3代目でコンパクトカーの覇権争いから脱落

2010年にデビューした3代目は一気に男性的なデザインが与えられ、カッコよさにこだわったことを大々的にアピールしたが、ユーザーとの乖離が激しかった

 ところが2010年に発売された3代目で問題が生じた。2代目に比べて内装の質と乗り心地が悪化して、商品力を下げたからだ。

 ネッツトヨタ店のセールスマンが、「これでは2代目ヴィッツを使うお客様に、新型への乗り替えを提案できない」と頭を抱えるほどであった。

 3代目ヴィッツは、フィットに対抗するため、後席の足元空間と荷室の奥行を拡大した。それでもフィットを超えられず、乗り心地を含めた質の低下と相まって売れ行きを低迷させた。

3代目ヴィッツにとってはハイブリッド専用車のアクアの登場も大きな足かせとなった。最終的にはヴィッツにもハイブリッドを設定

 この背景には、2008年に発生したリーマンショックに基づく開発費用の削減もあった。

 しかもトヨタアクアが2011年に投入され、3代目ヴィッツの売れ行きはいっそう低迷した。

次ページは : 新型ヤリスは原点回帰

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ