新型ヤリスは初代ヴィッツを超えるか!? 祖先はコンパクトカー界を変えた革命児だった!!


 トヨタの主力コンパクトカーであり、世界戦略車でもある新型ヤリスが2月10日に販売を開始した。新型ヤリスは、コンセプトとして原点回帰を強調している。

 となると気になるのは、新型トヨタヤリスは『初代』ヴィッツを超えたのか、という点だ。

 しかし考えてみれば初代ヴィッツの発売は1999年、新型ヤリスは2020年2月(発表は2019年12月)だから、20年の歳月を飛び超えた新旧モデルを比べるのは無理がある。

 クルマの進化は日進月歩だから、走行性能や安全装備などの機能は、新型ヤリスが優れていて当然だ。だから、比べるのは存在感、各時代のライバル車との優劣関係、ほかのクルマに与えた影響などだ。

 新型トヨタヤリスは初代ヴィッツを超えたのか、というテーマで渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、平野学

【画像ギャラリー】ヤリスはヴィッツと決別!! いいことばかりじゃなかった3世代のヴィッツ


初代は世界戦略車ゆえの高クォリティで市場を席巻

初代ヴィッツは全長3610×全幅1660×全高1500mmのコンパクトなサイズで、3ドアと5ドアをラインナップ。デビューしてからすぐに人気モデルとなった
新型ヤリスは全長3940×全幅1695×全高1500mmで登場。原点回帰をアピールするだけあってデザインコンシャスに仕上げられている

 初代ヴィッツは、スターレットに代わるトヨタの新しいコンパクトカーとして、前述のとおり1999年に登場した。コンパクトカーの新しい指標とすべく、エンジン、プラットフォーム、サスペンションなどをすべて新開発している。

 発売時点で搭載したエンジンは、直列4気筒1Lのみだから動力性能はおとなしかったが、走行安定性と乗り心地は従来型のスターレットに比べると大幅に進化させた。

 フェンダーを張り出させた丸みのある外観も洗練され、従来型のスターレットに比べると、質感も大幅に高めた。

初代ヴィッツがデビューしたのは1999年。当時としてはインテリアのデザインはライバルを大きく引き離していた

 インパネの周辺にも丸みを付け、フランス車のような情緒を漂わせている。

 居住性については、スターレットに比べてホイールベース(前輪と後輪の間隔)を70mm拡大した効果もあり、後席の足元空間を拡大させた。初代ヴィッツはトヨタの世界戦略車に位置付けられ、欧州などでも売られたから、商品力を大幅に向上させていた。

全長3610mm、ホイールベースは2370mmと特筆すべき点はなかったが、大人がしっかりと座れる空間を実現していたのはさすがだ

ライバルの台頭により初代も安泰ではなくなった

 そして初代ヴィッツが発売された1999年におけるライバル車は、日産2代目マーチ、ホンダ初代ロゴ、マツダ初代デミオ、ダイハツ初代ストーリアなどであった。

 これらのコンパクトカーに比べると、初代ヴィッツはデザインが新鮮で運転感覚も優れている。そのために初代ヴィッツは、1999年と2000年には1カ月平均で1万3000台以上を登録した。コンパクトカーでは1位の売れ行きであった。

初代ホンダフィットは2001年にデビュー。センタータンクレイアウトによりコンパクトカーとは思えない異次元の室内スペース&ユーティリティを実現し空前のヒット

 ところがこの後、ライバル車の追い上げが激しくなる。2001年に発売されたホンダ初代フィットはヒット商品になり、2002年には1カ月平均で2万台以上を登録した。初代フィットは軽自動車まで含めて、国内販売の1位になっている。

 マーチも3代目(先代型)にフルモデルチェンジされ、2002年には1カ月平均で1万1611台を登録した。この影響もあり、ヴィッツの2002年の登録台数は、1カ月平均で8400台に下がった。

2002年に3代目に切り替わった日産マーチは、斬新なエクステリアで登場しコンパクトカー界を席巻する人気を誇った

次ページは : 重要な国内マーケットの中核をなした2代目