新型RAV4発売1年経過 販売絶好調!! ユーザーを魅了し続ける7つのポイント

 2019年4月に日本市場では約3年振りに復活する形で再登場したミドルSUVのトヨタRAV4。

 2019-2020年の日本カーオブザイヤーを受賞しただけでなく、3000台の月間販売目標台数に対し昨年は月約6000台(4月の登場ながら登録車の年間販売台数ランキング16位)、2020年に入ってからの平均販売台数も月約5600台と絶好調である。

 当記事では一度日本市場では絶版になったこともあり、発売前はそれほど期待が大きくなかったRAV4が絶好調となっている理由を考察する。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、平野学

【画像ギャラリー】一度は日本から消滅!! 紆余曲折を経て現在に至るRAV4の歴代モデル


RAV4はトヨタの世界戦略車だけに気合十分

1994年にデビューした初代RAV4は、シティコミューター的に使えるシティクロカン(当時はSUVではなくクロカンと呼んだ)として大ヒット

 RAV4は1994年に初代モデルが登場した。初代モデルはエンジン、トランスミッションといったパワートレーンこそ既存のものながら、今でいうプラットホームは新規のものを使った当時としては珍しい乗用車ベースとなるエンジン横置きFFのSUVだった。

 初代モデルは3ドアのみでスタートし、3ドアはキュートなスタイルや木村拓哉さんを起用したCMが受けたほか、価格も約160万円からと安かったこともあり大ヒット。翌1995年には5ドアも加わり、トヨタの世界戦略車にも成長した。

 しかし2000年登場の2代目モデル以降は世界戦略車となったせいもあるのか保守的なクルマとなったのも否めなかった。

2代目から大型化され徐々に海外メインにシフトしていったRAV4。写真の3代目で2016年に一度日本市場から姿を消した

 2005年登場の3代目モデルの後は海外向けこそ2012年に4代目モデルとなったものの日本向けは3代目モデルのまま販売され、2016年に一度絶版となった。

 という歴史を経て「心機一転」と昨年4月に再投入された現行RAV4は現行カムリなどにも使われる新世代のTNGA-Kプラットホームを使ったオーソドックスなミドルSUVである。

 コンセプトはオーソドックスながら、RAV4はグローバルで年に100万台近くが売れるという世界戦略車だけに力の入ったモデルだ。

 具体的な要素としては各部の入念な造りこみはもちろん、それぞれ新しい2Lガソリン(組み合わされるトランスミッションも新しいスタートギア付の変速幅の広いCVTだ)と2.5Lハイブリッドの搭載、2Lガソリンのアドベンチャーに付く後輪の左右コントロールも行う「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をはじめとした3つの4WDシステムの採用などが挙げられる。

4代目RAV4は2013年にデビューするも日本では3代目の販売を続けていたため結局販売されることはなかった。写真はキーンルックを採用した後期モデル

RAV4が売れている7つのポイント

 現行RAV4の「売れる理由、魅力を挙げよ」と言われれば即座にいくつも浮かぶ。

(1)人気のミドルSUV
 SUVブームのなか、いかにも売れそうな「オーソドックスなミドルSUV」というジャンルに属している(だから日本でも復活したのだろうが)。

(2)デザインがユーザーを惹きつける
 SUVらしいワイルドなところもあるアウトドアなどに行きたくなるスタイルに加え、カーキや明るいブルーといったボディカラーもRAV4のキャラクターを際立てている。

オフロードにも耐える強さとシティSUVとしての洗練された雰囲気を併せ持っていて、トヨタのほかのSUVとは一線を画すキャラクター

(3)実用性に優れ芸が細かい
 インテリアもオレンジなどのアクセントカラーが目を引く明るく楽し気な雰囲気で、質感も上々。リアシートやラゲッジスペースの広さも申し分なく、ラゲッジスペースのボードは裏返せば汚れても掃除しやすい樹脂製になるなどの芸も細かい。

インテリアデザインは奇をてらわずシンプル。大型のセンターコンソールをはじめ、視認性、操作性に優れている

(4)性能面で満足度が高い
 2Lガソリン、2.5Lハイブリッドともに排気量以上にパワフルなのに加え、燃費も素晴らしい。

(5)3タイプの4WDはどれも実力充分
 アドベンチャーのダイナミックトルクベクタリングAWDはもちろん、2Lガソリン、2.5Lハイブリッドともに標準の4WDシステムも後輪への駆動力配分を増やしており、高いスタビリティ(安定性)を持ちながらよく曲がるという安全で楽しいハンドリングを持ちながら、乗り心地も良好。

RAV4は2つのパワーユニットに対し3タイプの4WDシステムをラインナップ。見た目以上のオフロード走破性が与えられ、そのギャップも魅力のひとつだ

(6)装備充実でコストパフォーマンスが抜群
 日本で買える車トップレベルの自動ブレーキや停止まで対応する先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールなどから構成される安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備するなど、安全性も万全ながら価格は265万6500円からと全体的に納得できる。

(7)値引きが大きく買い得感が倍増
 価格が安いうえに全店全車扱いとなっているトヨタモビリティ東京以外は3月までカローラ店とネッツ店扱いになるため、4月からの全国全店全車種扱いを前にした囲い込みを行うため値引きも大きく、買い得感が高かった。

遊べるSUVをアピールしているだけあって、ラゲッジの積載性、使い勝手などもよく考えられていて購入ユーザーの満足度は高い

幅広い全幅もまったくネガにならず

 まとめればトヨタらしいソツなさに加え、本来スバル車などに求めたい走りのよさなどの趣味性まで備えている。

 発売前は1855㎜という全幅は少し気になったものの、これも現在では特に大きいわけでもないのでそう懸念する要素にもならなかった。

 という破れ目のないRAV4が需要の大きいミドルSUVというジャンルに現れたわけだ。

ディーゼルをラインナップするCX-5はRAV4とは違う魅力を持っている1台。ミドルSUVでは1855mmの全幅も当たり前になってきている

 このジャンルでRAV4に対抗できるのはゴージャスなトヨタハリアー、ディーゼルエンジンのあるマツダCX-5、プラグインハイブリッドの三菱アウトランダーPHEVといった明確なキャラクターのあるモデルくらいだ。

 要するにRAV4が売れるのは当然、売れるべくして売れているというだけだと思う。

随所にシャープなライン、エッジが配されているRAV4のエクステリア。リアでは大型のディフューザーがスポーティさをアピール

RAV4は元気なトヨタを象徴するクルマ

 RAV4はこれだけよくできたSUVだけに、かつてフォレスターにあったターボ車のようなスポーツモデルが欲しくなるくらいだ。

 RAV4には2019年のロサンゼルスモーターショーに出展され、0-100km/h加速とほぼ同じ0-60マイル加速がトヨタでスープラに次ぐ2番目の5.8秒という超パワフルなプラグインハイブリッドも追加されるようなので、価格はそれなりにするにせよ当面盤石に違いない。

 もう1点加えるなら、RAV4は非常に活気があり元気な現在のトヨタを象徴する1台であり、このまま行くと日本の自動車業界が「トヨタ一色になってしまわないか」という不安すら覚えてしまう。

2020年6月の日本導入が濃厚なRAV4 PHVはRAV4史上最強のシステム出力306psを誇り、加速性能はスープラに次ぐ速さというから驚きだ

【画像ギャラリー】一度は日本から消滅!! 紆余曲折を経て現在に至るRAV4の歴代モデル

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ