スバルが技術ミーティングで見せた「未来の姿」とは!?


【番外】スバルの将来を担うのは北米一本足からの脱却だ

(談/福田俊之)

 正直、私はスバルの将来に不安を禁じ得ない。プレゼンテーションでは「いいこと」を伝えてはいたけれど、EVの開発にしても、ハイブリッドシステムの根幹にしても、結局はトヨタの支えがなければ進めていけないという現実が見え隠れする内容だった。

 例えばマツダのように、背水の陣で臨んだSKYACTIV-X開発のような『覚悟』のようなものを感じない。水平対向エンジンをスバルの個性として大事にしていくことは当然理解できるが、そこから先に進むための『スバル独自』の技術に言及してはいなかった。

 この背景には完検問題など一連の不祥事があることは否めない。経営的に苦しくなりトヨタの増資を受け入れ、トヨタの影響力はますます大きくなっていく。スバル独自の技術開発の余力がなくなっていく。

 それと、相変わらず「北米一本足打法」の現況から脱却できずにいる。これも心配だ。軸足が北米一点に集中しているのは、逆に言えば北米の販売状況によってどうなるかわからない。

 スバルが本当にこの先、将来的な発展を目指すのであれば、この北米一本足打法からの脱却こそが求められていると思う。

【画像ギャラリー】EVにPHEV…スバルがみせた未来像と現行車たちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ