マツダはどこへ向かうのか「我々はシェア2%でいい」マツダ副社長ロングインタビュー


 今年、創業100周年を迎えたマツダ。並々ならぬこだわりを持ってクルマを作り上げるその姿勢は、多くのクルマ好きたちから共感を得ている。

 そんなマツダの100年の軌跡、現在、そして未来を探るため、広島本社にて藤原清志副社長にロングインタビューを敢行。

 聞き手はマツダ車を乗り継ぐ自動車評論家の鈴木直也氏。現状のマツダに不安と不満を抱いている様子の鈴木氏。あふれる思いを存分にぶつけた90分!

【画像ギャラリー】マツダの志を体現したモデルたち! メインラインナップ8台をギャラリーでチェック!!!

※藤原清志氏…マツダ(株)代表取締役副社長。2代目デミオの開発責任者などを経て現職。海外勤務の経験も豊富で、知識の広さ、深さには驚かされる
※本稿は2020年3月のものです
聞き手:鈴木直也、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年3月26日号


■直6エンジン、FRプラットフォームの狙いは?

鈴木直也(以下鈴木) まず聞きたいのが、前回の決算報告で少し遅らせると発表した直6エンジン、FRプラットフォームのことですが、マツダの販売規模でペイできるのか? という心配があります。

藤原清志副社長(以下藤原) 同じ6気筒でもV型にするのはコストがかかりますが、直列のままならそんなにかかりません。V6は必ずショートストロークになるので4気筒と違う燃焼になりますけど、同じ燃焼なら2気筒足すのはラクです。

2022年登場の新型マツダ6に搭載される直6エンジン&新FRプラットフォーム。マツダの新しい挑戦である(画像はベストカー予想CG)

鈴木 マツダの一括企画の流れで見ると、そんなに困難ではないと。

藤原 大排気量はV型ではなく直列の6気筒でいくと2008年から決めていましたから。なぜ直6かというとエミッション規制がどんどん厳しくなる。そうすると排ガスを減らすための補機類がV型だと2列分いるけど、直列ならひとつでいい。

また電動化への対応もしやすいし、あとは衝突ですね。オフセット衝突がどんどん厳しくなるなかで、6気筒を真っ直ぐに置けるとフレームも真っ直ぐに通せて有利なんです。

鈴木 ベンツが直6エンジンをやめた時、衝突安全性が直6は不利だからと言ってましたが、ひっくり返りましたね。

藤原 オフセット衝突が厳しくなったことがどんどん状況を変えています。実は、クルマの歴史を全部調べたんです。パッケージ優先だったFFから、ある時期に横置きV6のFFが登場し、その4WDも出てくると、プロペラシャフトがフロアを通って縦置きのFRとほとんど室内の広さが変わらなくなる。

衝突対応していくと、どんどんスペースが食われて縦置きFRのほうがある時から逆転し始めるんです。そこまで調べ、将来を見据えて今回の決断に至ったわけです。「走る歓び」だとか「プレミアム」といってFRをやってるわけじゃない。すごく論理的に考えてやっているんですよ。

マツダ(株)代表取締役副社長・藤原清志氏

鈴木 直6、FRで、マツダ車が手の届かない価格ゾーンにいっちゃうという懸念がありましたが、コストを抑えるためにやっているんですね。

藤原 アメリカでは大排気量エンジンが必要で、今言った理由で大排気量なら縦置きのFRにするとコストが抑えられる。だけど、高価だとかプレミアムだとか言われてしまう。違うんですよ。早くクルマを出して証明したいんですけどね(笑)。

鈴木 マツダは高額車ゾーンに行く気はないと。

藤原 行く気がないのではなくて、自分たちからは行けないんです。お客様が選んでくれて最終的にはプレミアムカーと呼ばれるところに行けるかもしれないけど、自分たちから意図しては行かない。それは過去失敗していることがいっぱいありますので。

鈴木 話があまりにも理詰めで反論できない(笑)。

藤原 よし(笑)。

もうひとつ言うと、マツダ3のファストバックはCX-30があるからあそこまでスタイル優先にできるんです。我々は単独の車種ではなく「群」で考えるようにしています。直6、FRも「群」のひとつなんです。

新しく加わったCセグSUVのCX-30。マツダ3と役割を分担することで両車の魅力を際立たせられる

■デザイン優先でいいのか?

鈴木 僕はデミオ、CX-3を続けて買って満足していましたが、どちらも年数が経ってきました。コンパクトクラスの商品力アップが必要ではないですか?

藤原 利幅がそれほど大きくないので、モデルライフをどう考えるかですね。マツダ2もCX-3もどんどん改良していこうと思ってます。

鈴木 そうは言ってもコンパクトクラスはモデルチェンジを繰り返して市場を刺激する必要があります。マツダは今、そういう従来型のビジネスと距離を置こうとしてますよね。

藤原 頻繁にモデルチェンジするのはマツダの規模としては難しい。マツダ2とCX-3はデザインもインテリアもいいので、改良を加えていけばまだまだ戦える商品力はあると思っています。

鈴木 藤原さんは2代目デミオの開発責任者でしたよね。

藤原 はい。この間まで革シートのスーパーコージーに乗ってました。

鈴木 ああいうクルマが最近のマツダにないんですよね。デザインがカッチリしていて格好つけすぎ。真ん中から下のゾーンはもうちょっとユルいほうがいいんじゃないかな。

マツダ最大の魅力は内外装の上質感。特に最新のマツダ3のインテリアは欧州プレミアムモデルにも負けない質感

藤原 そこは考え方でしょう。統一した戦略を継続しきれなかったのが日本企業だと思っています。我々は徹底的に継続して「日本企業のなかにもこんな会社がある」という存在になりたいんです。

鈴木 僕は藤原さんとは異なる意見を持っていて、デザインに正解はないけど、技術はいつか正解が見つけられる。技術を積み重ねていくと向上していけるけど、デザインは正解がないうえに時間が経つと風化します。デザインでブランドを高めていくのは凄くリスキーだと思うんですよ。

藤原 リスキーでもやらなくちゃいけない。短期的な浮き沈みに惑わされず、そこは守り通したいと思っています。マツダの世界シェアは2%です。販売台数至上主義だった時代もありましたが、あれは間違いで、2%でいいと。徐々に認めてくれるお客様も増えていると思うし、我々がやっていることは絶対に間違ってないと思っています。

鈴木 茨の道でも歯を食いしばってやっていくと。

藤原 BMWもアウディも1980年代前半くらいから歯を食いしばってやってきたんです。我々も20年、30年と続けないといけないんですよ。

次ページは : ■なぜマツダには室内の広い小型車がないのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ