日産スカイラインが売れなくなった理由 伝統を切り捨て自滅!?

上級にシフトしすぎたのも苦境の要因

 多くの悪い条件が重なり、11代目のV35スカイラインの時に栄光の神話は崩れた。しかし、代を重ねるごとに開発陣は軌道修正し、スカイラインらしさを取り戻してきている。

 現行のV37スカイラインは気持ちいい走りを存分に楽しむことができ、同乗者も快適だ。販売は伸び悩んでいるが、これはセダン離れが進んでいることに加え、登場から7年目に突入した古参モデルであることが大きいのだろう。

先代のV36、現行スカイランとも走りの楽しさは健在だ。開発陣はスポーツセダンとしてい旧品を作り上げているが、ユーザーに訴求できていないのが残念

 基本設計の古さを感じさせる部分が多くなっているから、忘れ去られないうちにモデルチェンジしたほうがいいと思う。

 また、スカイラインが売れなくなった理由のひとつに挙げられるのが、高すぎる価格設定だ。

 歴代のスカイラインは、コストパフォーマンスに優れていることが魅力だった。高性能だし、採用するメカニズムも最新だから買い得感が高い。これはGT-Rにも言える美点である。

 が、21世紀になってからはインフィニティのクルマをベースにしてスカイラインを造っているから、販売価格はレクサス並みに跳ね上がった。

 これでは違う魅力を加味しないと買える人は限られてしまう。かつての栄光を取り戻すには、思い切ってダウンサイジングしたり、BMWやアウディのようにモータースポーツに再び参戦するなどの荒療治が必要なのかもしれない。

 頑張れ、スカイライン!!

販売台数は少ないものの、マイチェンによりスカイラインへの注目度が高まったのは事実。この勢いがあるうちにフルモデルチェンジしてもらいたい

【画像ギャラリー】日本人が最も愛したクルマの1台~スカイライン歴代写真館~

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します