ボルボが日本で売れている理由とは? かつて「安全なワゴン」から「お洒落な高級車」へ


 ボルボは昔から日本人が好きな輸入車メーカーだが、ここ数年はドイツ車に迫る販売台数をマーク。2019年度の販売台数を見ると、1位メルセデス、2位VW、3位BMW、4位アウディ、5位MINIに次ぐ6位と大健闘している。

 輸入車のなかでも個性派のボルボの魅力とはどこにあるのか?

 モデルごとの魅力に軽く触れつつ、売れている理由はどこにあるのかを多角的に考察していく。日本車と価格差が小さくなっているのも人気の要因!?

文:岡本幸一郎/写真:VOLVO

【画像ギャラリー】日本導入が待ち遠しい!! XC40リチャージはボルボ初のフル電動車として大注目!!


輸入車の非ドイツ系の先鋒

 ボルボの2019年の世界販売台数は、前年比9.8%プラスとなる70万5452台を記録した。

 年間販売台数は6年連続のプラスとなり、70万台を超えたのは初めてのこと。

 地域別でみると、欧州が前年比7.2%増の34万605台と回復傾向で4年連続のプラスとなり、中国が同18.7%増の15万4961台、米国が10.1%増の10万8234台で、そのほかが6.4%増の10万1652台、日本でも6.8%増の1万8583台を販売した。

 なお、数字は登録台数であり、受注台数は2万台を超えていたようだ。

ボルボは廉価モデルだけでなくフラッグシップSUVのXC90も販売は堅調。モデルが新しいこともあり2年連続で前年比を上回っている

 日本における純輸入車ブランドの新規登録台数で、このところずっと上位3位はドイツの3強のいずれかであり、4位がアウディ、5位がBMW MINI、6位がボルボという定位置となっている。

 2019年はここ数年優勢なメルセデスベンツが6万7554台で1位となり、2位に4万6814台のBMW、3位に4万6794台のフォルクスワーゲンが僅差でつづき、4位に2万4222台のアウディ、5位に2万3813台のBMW MINIがこれまた接戦を見せ、これらドイツ勢に次いでボルボとつづく。ちなみに7位は1万3360台のジープだ。

 参考までにボルボのこの10年余の新規登録台数を見ると、2008年が 7657台だったから、2019年の時点で2.4倍になっている。

ボルボの2019年の日本での販売台数は2008年に比べると2.4倍になっている。2014年に販売が落ち込んだが、その後順調に伸ばしている

低迷期からV字回復

 もともと日本ではボルボのブランドイメージは高かった。それは「安全」への徹底したこだわりはもちろん、ちょっと控えめながらステイタス性もある知的な雰囲気など、ドイツのプレミアム勢とはひとあじ違った魅力に惹かれるユーザーが少なくなかったからだといえる。

 1990年代半ばからは850、V70が大いに人気を博したことも思い出される。ところが2000年代に入ると事情により低迷し、2010年代前半にやや回復するも、2013~2014年にかけて再び落ち込んだ。

1990年代を代表するボルボの1台といえば850エステート。最強モデルのT-5Rは日本でも大人気となった

 そして現在は、そこからまたV字回復をはたした格好になっている。2017年にはXC60、2018年にはXC40と2年連続して日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのも記憶に新しい。

 日本の輸入車市場は依然としてドイツ勢が圧倒的に強いのは周知の事実だが、こうして非ドイツ系の急先鋒といえるボルボが見せる近年の好調の背景を見ていきたい。

次ページは : 躍動感のあるデザインの採用