N-WGNが売れ続ける理由とホンダが抱える課題

N-WGNが売れ続ける理由とホンダが抱える課題

 全国軽自動車協会連合会 (全軽自協)がまとめている、軽自動車の販売台数ランキングが発表されたが、ホンダ「N-WGN」は2月:1万1121台、3月:1万271台という結果となった。

 3月の軽自動車の販売台数では7位で、軽ハイトワゴンのライバルであるスズキ「ワゴンR」にも勝っている。

 電動パーキングブレーキ問題で出遅れたものの、このご時世で1万台以上と健闘しているN-WGN。

 他社ライバルだけでなく、強力な新型「フィット」や王者「N-BOX」といった身内のライバルを向こうに回しても売れてる要因、そしてホンダが抱える課題について、自動車評論家の渡辺陽一郎氏が考察する。

文/渡辺陽一郎
写真/編集部、HONDA

【画像ギャラリー】地味だけど健闘中!! ホンダNシリーズの4男坊「N-WGN」の詳細をチェック!


■電動パーキングブレーキ問題の出遅れ挽回を急ぐN-WGN

 国内販売の1位は、2017年以降一環してホンダ「N-BOX」となっている。しかし直近の状況を見ると、同じホンダの「N-WGN」も増えた。2020年2月には1万1121台、3月には1万271台を届け出している。N-BOXと違って2万台前後には達しないが、売れ行きは好調だ。

丸目を基調としたフロントマスクで落ち着いた雰囲気に仕上げたN-WGN。運転席、後席ともに視界は広く、メーターパネルも視認性がよい

 今は新型コロナウイルスの影響もあり、クルマの売れ行きが下がっている。2020年1~3月の販売統計を見ると、前年に比べて10%前後は少ない。このなかで1万台を超えたのは注目される。

 N-WGNの販売台数を見る時に注意したいのは、発売直後に納車が滞ったことだ。2019年7月に発表され、納車を伴う発売は8月だったが、この直後に電動パーキングブレーキの不具合が発覚した。

 その対応に手間取り、2019年中は、新型N-WGNがほとんど売られなかった。ホンダカーズ(ホンダの販売店)も「N-WGNは売れ筋車種だが、納期がわからない生産中止の状態が続いていた」と述べている。

 そして電動パーキングブレーキの対策が済み、溜めていた受注の納車を開始できたのが2020年1月以降だった。従って過去数カ月にわたるN-WGNの届け出台数を見ると、2019年12月は74台(これは先代型の在庫の可能性が高い)、2020年1月は納車が開始されて3372台に増え、2月は前述の1万1121台、3月は1万271台だ。つまり今のN-WGNは、溜まっていた受注を大急ぎで納車している状態になる。

 N-WGNの納期をホンダカーズに尋ねると「すべてのグレードで約3カ月を要する。2020年4月中旬時点の契約で、納車は7月下旬だろう」という。軽自動車としては納期が長めだが、極端ではない。ただし新型コロナウイルスの影響もあるから、確定的ではない。

■N-WGNの強みとライバルとの選り分け

 N-WGNの商品力は、客観的に見ると軽自動車のなかではかなり高い。エンジンやプラットフォームはN-BOXと共通だが、N-WGNは全高が100mm以上低く、車両重量も40kgほど軽い。そのために動力性能と走行安定性はN-BOX以上に向上した。

 WLTCモード燃費も優れ、N-WGNで売れ筋になる2WDのノーマルエンジン車は23.2km/Lだ。N-BOXは21.8km/Lだから、N-WGNの数値は約6%勝る。

 N-WGNは内装も上質で、後席の下には、傘などが収まるワイドなトレイを装着した。このトレイがあるために、後席のシートアレンジは乏しいが、複雑な機能がないから座り心地はボリューム感が伴って快適だ。

ラゲッジは付属のボードにより上下2段に分けられていて、積み荷の大きさ、種類などにより多彩なアレンジが可能

 荷室は上下2段に分けられ、後席を前側に倒すとフラットで広い空間になる。さまざまな工夫を凝らして使い勝手を高めた。

 衝突被害軽減ブレーキも充実しており、歩行者とクルマに加えて自転車も検知する。車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、N-BOXでは走行速度が25km/h未満まで下がるとキャンセルされるが、N-WGNは全車速追従型に進化した。N-WGNのパーキングブレーキは前述の電動式だから、追従停車が長引いた時は、パーキングブレーキを自動的に作動させて止まり続けられる。

 このようにN-WGNは高機能だ。従ってN-BOXが欲しいと思った時も、まずはN-WGNを検討するとよい。検討した結果、N-WGNでは天井の高さが足りないとか、スライドドアが欲しいと思った時に、選択の範囲をN-BOXまで広げると合理的だ。

スライドドアは採用しなかったが、N-WGNはドアの開口部が広く、ドアも大きく開くので、子どもやお年寄りにとっても優しい設計がされている。スライドドアが欲しければ、N-BOXという選択肢になる

次ページは : ■N-BOXとの住み分けに成功したN-WGN ホンダの軽比率は55%に

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!