名門車続々生産終了へ…トヨタ大規模車種整理で消えゆく商用車たち


 トヨタ車は5月からトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店というディーラー系列に関係なく、基本的に全ディーラー全車種扱いとなった。

 それに伴い今後アルファードとヴェルファイアといった兄弟車は片方に統合されていくと言われているが、統合の先駆けとなったのは商用車だった。

 当記事では販売会社の統合によって絶版となった、または今後消滅する可能性の高いトヨタの商用車たちを振り返り、偲ぶ場としていく。

文:永田恵一/写真:TOYOTA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】全部見せます!! 2020年に統合により消滅のトヨタ商用車の歴代モデル


トヨエース(ダイナに統合)

初代モデル登場:1956年(前身モデルは1954年)

1954年に登場したトヨペットライトトラックは、一般公募によって1956年にトヨエースに車名変更。トヨタのエース系車名の元祖だ

 最終的に1トン、2トン積みの小型トラックとなったトヨエースは初代クラウンが登場する1年前の1954年に前身となるトヨペットライトトラックの車名でデビュー。

 トヨペットライトトラックは当時小型トラックの主流がタイヤは三本でバーハンドルだったオート三輪だったのに対し、「オート三輪に近い価格で、快適かつ走行安定性に優れる小型四輪トラック」というコンセプトで開発された。

 登場当初は62万5000円とまだ価格が高かったため販売も振るわなかったのだが、1956年に車名をトヨエースとした際に53万8000円に値下げし、この時期からトヨエースは人気車に成長。小型トラック業界の四輪化にきっかけとなるモデルとなった。

 またトヨエースはクラウンに匹敵するか、トヨペットライトトラック時代を含めればクラウンより長い歴史を持ち、クラウンを日本車の基礎とするなら、トヨエースはトヨタ商用車の基礎を築いた存在でもあった。

 トヨタでは1959年にトヨエースと同じ小型トラックのカテゴリーにダイナも加わり(それぞれの扱いディーラーはトヨエースがトヨペット店、ダイナがトヨタ店)、2台は四代目モデルまで別のクルマとして歴史を重ねた。

上がトヨエースで下がダイナ。1995年の6代目から完全な兄弟車となり、2020年3月をもってトヨエースはダイナに統合される

 しかしそれぞれが5代目モデルとなった際にトヨエースにそれまでダイナだけにあった2トンから3.5トン積みが加わり、2台の関係は強まり、1995年登場の6代目モデルから2台は細部が違うだけの兄弟車となった。

 そして今回の全ディーラーでの全車種により歴史の長いトヨエースのほうが絶版となり、トヨエースは64年という長い歴史に幕を閉じた。

レジアスエース(ハイエースに統合)

初代モデル登場:1997年

ハイエースが絶大なる人気を誇るが、販売店違いの兄弟車のレジアスエースはハイエースほどではないが、コンスタントな販売をマーク

 ハイエースはトヨペット店に加え、1980年にビスタ店(2004年4月以降はネッツ店に統合)が設立されて以来1997年7月までビスタ店でも併売されていた。

 しかし1997年7月からビスタ店ではハイエースとしては販売されなくなり、それに伴い登場したのが兄弟車のレジアスエースである。

 兄弟車といってもハイエースとレジアスエースの違いはエンブレムと、ハイエースにあるスーパーロングバンベースとなる10人乗りのグランドキャビンを含めた乗用3ナンバーワゴンと14人乗りコミューター(小型バス)がレジアスエースにはなく、レジアスエースは商用バンのみとなる点だけだった。

 エンブレム(正確には車名のシール)の違いだけにレジアスエースが路上を走っていてもよーく見ない限りハイエースにしか見えないのも無理もないが、レジアスエースはトヨペット店より店舗数が多い旧ビスタ店も含むネッツ店で販売されていただけに、相当数が売れていたと思われる。

2018年に発売された特別仕様車のDARK PRIMEIIのインテリア。商用車とは思えないくらい豪華で質感が高い。当然ユーザーの満足度も高い

 実際、筆者の実家にはハイエースでない理由は、「ディーラーとの付き合い」というだけで買ったレジアスエーススーパーロングがある。

 しかしレジアスエースがある我が家でもハイエースだと思い込まれているくらいレジアスエースの存在感が薄かったのも事実で、レジアスエースが50年以上の歴史があるハイエースに統合されたのはごく順当な動きとしか言いようがない。

次ページは : ライトエース(タウンエースに統合予定)