フェアレディZがついに!?? 次の日産「AからZ」全12車種の正体を暴く


 去る5月28日、オンラインで行われた、日産の2019年度決算・事業構造改革計画発表記者会見。会見の最後、参加者に衝撃が走った。今後18か月以内に投入されるという12車種が、シルエットのみではあるが、動画で公開されたのだ。

 内田社長兼CEOは、今回の事業構造計画「NISSAN NEXT」の会見で、2023年度までに車種数を20%削減(69から55車種以下)したうえで、商品ライフサイクルを4年以下に若返らせることを発表。

 さらには、「2023年度末までに、新たに電気自動車2車種とe-POWER搭載車両4車種を追加し、ラインアップを拡充する」とも発表した。業績悪化に苦しむ日産だが、ついに逆襲が始まる模様だ。

 その鍵を握る「次の日産」全12車種とは? 動画を分析すると、ほぼ全車種の正体を掴むことができた。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、編集部、RENAULT

【画像ギャラリー】「サイドビュー」にヒントあり! 初公開された全12車種のシルエット


「A」はアリア、「K」は新型キックス

 ムービー前半に登場した、サイドビュー12車種を整理した。

【1】A=アリア(2020年7月ニューモデル)

2019年の東京モーターショーで公開されたアリアコンセプト。7月の発表がアナウンスされている

 アリアは、全長4600×全幅1920×全高1630mmと、車幅はR35 GT-R(1895mm)よりも広く、全長はエクストレイル(4690mm)よりも短い、クロスオーバーSUVだ。

 前後に1基ずつ、高出力電動モーターを搭載するツインモーター四輪制御システム「e-4ORCE」を搭載する。GT-Rやエクストレイルなどの4WD制御に長けた日産ならではの技術であり、正確なハンドリングと安定性で、今まで以上の安心感とワクワク感が期待できる。

【2】A=アルマーダ(現行モデル:2016年~)

写真はパトロール。米国仕様のアルマーダも改良でこちらと同モデルになるものとみられる

 中東地域で販売している「パトロール」の北米市場向けフルサイズSUVが「アルマーダ」だ。

 全長5305×全幅2030×全高1925mm、5.6L・V8エンジンを搭載し、後輪もしくは4WDとなる。走破力と頑丈さがウリであり、フェイスを変更するだけでも人気モデルとなる可能性が高い。

【3】F=フロンティア(現行モデル:北米2015年~)

米国仕様のフロンティア(現行モデル)

 主に米国市場で販売されているピックアップトラックだ。日本ではなかなか見かけないピックアップトラックだが、北米市場では、最も売れるジャンルである。

 2.5L・V6エンジン、もしくは4.0L・V6エンジンを搭載し、駆動方式をセレクトできる4WDだ。5ATもしくは5MT、6MTとなる。フレーム式車台による頑丈さが魅力だが、すでにモデルが古く、最も更新が期待されているモデルだ。

【4】K=キックス(現行モデル:南米2016年~、北米デビューは2018年)

タイで発表されたキックス e-POWER

 キックスはもともと、海外では2016年から売られているコンパクトSUVだが、e-POWER車は2020年5月にタイ市場にて追加されたばかりの新型だ。全長4295×全幅1760×全高1585mm。

 初代ジュークに比べて160mm長く、全幅は同程度、全高は20mmほど高い。この新型キックスがいよいよ日本市場に登場する。発売日は2020年6月24日だ。

シルエットには新型ノートのヒントも

【5】M=?(2020年8月インドにて発売予定)

 サイドビューは映ったのだが、このサイドビューに対応する「M」から始まるクルマは、現状日産のラインナップには見当たらない。これについては、後述しているので、そちらをご参照いただきたい。

【6】N=ナバラ(現行モデル:2014年~)

ピックアップトラックのナバラ(現行モデル)

 ナバラはタイやメキシコ、中国といった海外で作られ、販売されている、全長5mを超える大きなピックアップトラックだ。

 ボディタイプはシングルキャブ、キングキャブ、ダブルキャブの三種類。2.5Lのディーゼルエンジンとガソリンエンジンがあり、積載能力も抜群に高い。

【7】N=ノート(現行モデル:2012年~)

すでに発売から7年以上が経過している現行型ノート

 すでに8年目に突入しているノートは、国内市場における日産の屋台骨のひとつだ。2016年11月に追加となった「e-POWER」によって人気車種へと成長した。新型登場間近といわれており、窮地にいる日産を救う一台になるだろう。

【8】P=パスファインダー(現行モデル:2012年~)

大型SUVのパスファインダー(現行モデル)

 現行型パスファインダーは、ムラーノと同じDプラットフォームを採用する、全長5mの7人乗りクロスオーバーSUVだ。主に北米で販売されている。

 前型はクロカンタイプのSUVであったが、現行型パスファインダーはFFベースとなった。2016年のマイナーチェンジでフェイスリフトを行い、Vモーショングリルとヘッドライトが精悍な印象となった。

次ページは : 動画には新型エクストレイル&フェアレディZの姿も

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ