PHV追加でRAV4と新型ハリアーの関係に動き!? ほか国内最新情報が続々!!!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 販売各社は新型コロナウイルス感染拡大の対応策で1時間半から2時間程度営業時間を短縮しており、新車販売はしばらくマイナスに推移しそうだが、今後はニューカーの登場も続々!!!

 今回まずは「トヨタのSUV被り問題」で、今月に発売を控えるハリアー、RAV4 PHV、そしてRAV4との兼ね合いについて、新たなトピックが。

 ほかタフトのOEM供給はあるのか!? など、今回も遠藤氏ならではの「足で稼いだ」情報盛りだくさんでお届け!!!

【画像ギャラリー】トヨタ ホンダ ハスラー タフト…クルマ界の最新トピックをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです/文:遠藤 徹、写真:ベストカー編集部/初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■RAV4、新型ハリアー、新型RAV4 PHVの車格付けを明確化へ

 トヨタは6月に新型ハリアーとRAV4 PHVを新たに投入します。従来のRAV4を含めて同クラスのSUVになるわけですが、このSUV3モデルの車格付けを明確にすることでユーザーに売り分けを進める方針です。

 クラス分けは価格の低いほうからRAV4、新型ハリアー、RAV4 PHVの順に価格設定を行ってコンセプト分けします。

 また、RAV4、RAV4 PHVはラフロード志向の4WDがメイン、ハリアーはシティ走行重視の2WDがメインのキャラクター分けをして、売り分け方を進める方向です。

4月13日に先行公開されたトヨタの新型ハリアー。発売は6月の予定。新型は2Lガソリンエンジン車と2.Lハイブリッド車が設定され、デザインもスタイリッシュ
トヨタ RAV4 PHV
トヨタ RAV4

■ダイハツ新型タフト、トヨタへのOEM供給はないか?

 新型タフトはダイハツブランドのみのとなり、そのほかの軽自動車のようにトヨタへのOEM供給は当面はない可能性があります。

 ダイハツのキャストはトヨタに「ピクシスジョイ」の名称でOEM供給されています。そのキャストのSUVテイスト車である「アクティバ」が廃止になり、これに代わる新モデルといえるのがタフトです。

 するとタフトもトヨタへOEM供給されるのは自然な流れともいえますが、タフトのOEM供給の動きは今のところ見られないのです。ただし、しばらくしてからOEMが実施される可能性も否定できません。

6月に正式デビューが予定されているダイハツの新型軽自動車のタフト

■ホンダ、新型フィットの納期が短縮傾向で即納の在庫車も?

 ホンダが3月14日に発売した新型フィットの納期がここにきて短縮化傾向にあります。

 4月初めには3カ月待ちで多数のバックオーダーを抱えていたのが、4月中旬以降になると2.5カ月待ち以内に短縮しているのです。

 先行発注分の在庫車だと2週間以内の即納グレードもあります。

 その要因としては、新型コロナウイルス感染拡大で販売店の営業時間縮小や訪問販売の自粛などが影響しているようです。

 さらに3月末まで1.9%の低金利残価設定クレジットを実施していましたが、4月から金利を3.5%に引き上げているのも理由のひとつになっているようです。

ホンダ フィット

■ホンダの注目EVホンダeは9月登場か?

 ホンダの量販電気自動車第1弾となるホンダeは今秋の9月発表、10月発売を目指し、スケジュール調整をしているようです。

 ホンダeは昨年の東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販になる見込みです。一充電あたりの航続距離は100km以上を実現し、30分以内で80%の急速充電を可能にする予定です。

 車両価格は300万~350万円の設定になるといわれています。また、月販100台以上の量販を目指すものと思われます。

レトロなデザインが注目されるEVのホンダeは今年9月発表、10月発売の予想

■新型ハスラーは納期の3カ月待ちを維持

 新型ハスラーの納期が、ここにきて1カ月程度延びて3カ月待ちになっています。

 その要因はバックオーダーが貯まっているというより、組み立てている静岡の湖西工場が稼働停止になる日が一時的に発生しているためです。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でサプライヤーから、部品供給がスムーズに行われなくなっているようです。

 受注ピッチは好調に推移しています。

スズキ ハスラー

■ライズ、ヤリスの納期が8月以降に先送り

 人気が高く多数のバックオーダーを抱えているトヨタのライズとヤリスのコンパクト2モデルの納期が、さらに延びていて8月以降にずれ込んでいます。

 4月18日現在はライズが4・5カ月待ちの8月下旬、ヤリスが4カ月待ちの8月中旬となっているのです。

 人気が高いだけでなく、新型コロナウイルス蔓延の影響で、両モデルの生産がスムーズに行われていないのも要因になっています。

「今後の動向次第ではさらに納期は先送りされる可能性もある」と販売店はみています。

トヨタ ヤリス
トヨタ ライズ

■2020年度下期はホンダからニューモデルが続々!

 ホンダは2020年度下期(2020年10月~2021年3月)において、新規モデルかフルモデルチェンジ、またはビッグマイナーチェンジによる5車種のニューモデルを投入し、これらによって増販攻勢を加速させる構えです。

 新規モデルは電気自動車の「ホンダe」、フルモデルチェンジは軽自動車「N-ONE」とコンパクトSUV「ヴェゼル」、ビッグマイナーチェンジは主軸軽自動車「N-BOX」と、ミニバン「オデッセイ」の5車種です。

 販売台数が期待されるニューモデルの車種数ではトヨタよりも多いといえます。

 発表予定のスケジュールは、ホンダeが9月、N-BOXが10月、N-ONEとオデッセイが11月、ヴェゼルが2021年1月と、9月以降は毎月のように投入するニューカーラッシュになる見込みです。

2020年度下期からホンダのニューカーラッシュが始まる予定。フルモデルチェンジが目されるホンダ ヴェゼル(写真はTOURING Modulo X Honda SENSING)

【画像ギャラリー】トヨタ ホンダ ハスラー タフト…クルマ界の最新トピックをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ