やっぱりフィット&ヤリスは外せない!!? コスパで選ぶ300万円以下のオススメ国産車 5選


 予算は限られている(あるいは出来る限り抑えたい)、でも失敗はしたくない。「コストパフォーマンス」という言葉にはそんな願いが込められている気がする。

 決して安くはない買い物なのだから、そんな思いは至極当然。では、300万円以下で抜群のコスパを誇る国産車はどれだろう?

 自動車評論家、渡辺陽一郎氏がイチオシグレードとともに5台をチョイス!!!

【画像ギャラリー】コスパで選ぶならこの5台! オススメモデルたちをイチオシグレードとともにギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです/選出&文:渡辺陽一郎、写真:ベストカー編集部/初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■まずはやはりフィット&ヤリスに注目!

 コスパの優れた商品の条件は、機能、デザイン、装備などに高い魅力を持たせながら、価格を割安に抑えることだ。

 商品やサービスの価値は、すべて価格とのバランスで成り立つから、コスパの悪い優れた商品は存在しない。

 そして軽自動車を除いた小型/普通車からコスパの優れた車種を探すと、コンパクトなクルマが中心になる。

 このなかでも筆頭はフィットだ。従来型と同じく燃料タンクを前席の下に搭載して、空間効率が高い。

ホンダ フィット(155万7600~253万6600円)…新型で一新された1.5Lハイブリッド車も魅力的だが、コスパに優れるのは1.3Lガソリン車。内装デザインも外観同様にカジュアルな雰囲気。イチ押しグレードは1.3 ホーム(171万8200円・2WD)

 全長は4m以下で運転しやすく、全高も立体駐車場を使いやすい1550mm以内だが、荷室の床を低く抑えたから積載容量は大きい。

 後席もミドルサイズのカローラやマツダ3よりも広く、大人4名が快適に乗車できる。現行型は前側のピラー形状を工夫して、外観も水平基調だから、視界も前後左右ともに良好だ。

 ハイブリッドシステムは刷新され、エンジンは主に発電を担当して駆動は専用のモーターが行う。高効率な運転が可能で、実用燃費が向上した。加速性能に余裕があって走りも滑らかだ。

 プラットフォームは先代型と共通だが、ボディやサスペンションの取り付け剛性を高めるなど改善を加え、走行安定性と乗り心地はコンパクトカーでは優れた部類に入る。

 価格が割安なグレードは直列4気筒1.3Lノーマルエンジンを搭載する「ホーム」で、内装を上質に仕上げ、装備も充実させて価格は171万8200円だ。ファミリーカーとしても使える実用性を備えて買い得感も強い。

 お次はヤリスだ。

トヨタ ヤリス(139万5000~249万3000円)…ヤリスは1L、1.5L、1.5Lハイブリッドと3つのパワーユニットを設定。内装は前席の居住性は優れるが、後席はヴィッツよりやや狭い。イチ押しグレードは1.5G(175万6000円・CVT/2WD)

 後席と荷室は従来型のヴィッツと比べても狭いため、乗り替えるユーザーは注意が必要だが、前席の居住性は優れている。背もたれは腰を包む形状で快適だ。インパネなどの内装も上質に仕上げた。

 そして直列3気筒1.5Lノーマルエンジンとハイブリッドを新開発している。車両重量はノーマルエンジン車なら1t前後と軽く、加速性能も活発だ。プラットフォームも新開発され、走行安定性と乗り心地がいい。

 フィットは居住性や積載性も優れているのでファミリー向きだが、ヤリスは前席と走行性能を優先させたから、2名以内で乗車したり運転感覚にこだわるユーザーに向く。機能や装備と価格のバランスを考えると、1.5Lノーマルエンジンを搭載するGグレードが買い得で、価格は175万6000円だ。

■人気のSUV・ミニバンにもコスパに優れたお薦めモデルあり!

 最初の2台はコンパクトカーだが、3番手はSUVのXVとした。

スバル XV(220万~292万6000円)…インプレッサベースのクロスオーバーSUV。1.6Lと2Lハイブリッドを設定。内装デザインはインプレッサとほぼ同じ。イチ押しグレードは2.0e-Lアイサイト(265万1000円)

 インプレッサスポーツがベースだから、ミドルサイズカーでは視界が優れ、後席も広くて快適だ。4名で乗車して荷物を積むスペースも充分な広さにしている。

 しかも全高を1550mmに抑えながら、最低地上高は200mmを確保した。立体駐車場で使えて、重心もあまり高くならずに、悪路のデコボコを乗り越えやすい。合理的に作り込んだ。

 2Lエンジンはハイブリッドシステムを使いながら価格は割安だ。買い得グレードの2.0 e-Lアイサイトは、4WDも搭載して265万1000円に抑えた。

 今の2Lはハイブリッドのみだが、以前の2Lノーマルエンジンに比べると、消費税を10%に補正して価格上昇を約12万円としている。マイルドハイブリッド並みに安い。

 コンパクトミニバンのシエンタもいい。シエンタは薄型燃料タンクを採用して、3列目シートの部分まで床を低く抑えた。

トヨタ シエンタ(180万9500~257万9500円)…コンパクトなサイズの3列シートミニバンだが、2018年9月のマイチェンで2列シート車も追加。インパネデザインも個性的。イチ押しグレードは1.5G(205万8100円・2WD)

 3列目の膝先空間は狭いが、床と座面の間隔は適度に確保したから、大人が多人数で乗車してもあまり窮屈に感じない。スライドドア部分の床面地上高は330mmだから、子どもや高齢者も乗り降りしやすい。

 また、3列目シートを2列目シートの下に格納すると、スッキリと広い荷室になり、荷室床面地上高も505mmと低めだから荷物を積みやすい。このようにシエンタは、薄型燃料タンクで床を低く抑えたことにより、コンパクトミニバンでありながら、ミドルサイズに匹敵する居住性と積載性を備える。

 しかも価格は割安で、1.5Lノーマルエンジンを搭載するGは205万8100円(7人乗り)だ。ヴォクシー&ノアに比べて約50万円安いので買い得感がある。

次ページは : ■EVのリーフは補助金を差し引けば300万円以下

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ