新型ハリアー登場で超激戦区!! ライバルSUVが勝る「長所」はあるのか


キャラ異なる身内のRAV4が優る部分はある?

RAV4 Adventure 313万7400円~

 ハリアーとRAV4は同じベースを使いながら、車両の性格は異なる。ハリアーは従来型を踏襲して、都会的で洗練されたシティ派SUVに仕上げた。

 RAV4は前輪駆動をベースにしたSUVでも、ランドクルーザーのような後輪駆動ベースのオフロードSUVに近い価値観を備える。

 そのためにRAV4では、2Lエンジン車、2.5Lハイブリッド車ともに、前輪駆動の2WDを選べるのはベーシックグレードの「X」のみだ。「G」以上はすべて4WDになる。

 ノーマルエンジンの4WDには、「G・Zパッケージ」とアドベンチャーというグレードがあり、ダイナミックトルクベクタリングAWDを装着した。

 カーブを曲がる時など、外側に位置する後輪に高い駆動力を伝えて、旋回軌跡が拡大するのを防ぐ。峠道や悪路のカーブでも、操舵角に忠実に曲がる。

新開発4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」の説明映像

 この機能はRAV4のハイブリッドには用意されず(ブレーキ制御で旋回性能は高めるが)、ノーマルエンジンを充実させた。つまり4WD+ノーマルエンジンがRAV4の主力だ。

 その点でハリアーは、ノーマルエンジンとハイブリッド、2WDと4WDをすべてのグレードに設定している。

 ハリアーとRAV4の価格を比べると、2Lエンジン車の場合、ハリアー「G」(4WD)が361万円、RAV4「G」(4WD)は326万1500円だ。価格はハリアーが約35万円高い。

ハリアーG“Leather Package” 361万円~

 その代わりハリアー「G」には、アダプティブハイビーム、前後両方向の録画機能を備えたデジタルインナーミラー、カーナビ画面として使えるディスプレイオーディオなどを標準装着した。RAV4ではカーナビを別途オプション装着せねばならない。

 またリアクロストラフィックオートブレーキは、RAV4「G」には標準装着されるのに、ハリアー「G」ではオプションだ。装備によってはRAV4が充実することもある。

 こういった点まで踏まえて装備を価格に価算すると、ハリアーがRAV4よりも内外装を上級化させたことによる価格アップは約16万円だ。

 価格差が35万円だとハリアーが割高に思えるが、実際には装備も充実しているから、価格とのバランスではあまり差が付かない。

装備充実&割安さ目立つマツダ CX-5

 なお今はハリアーのように都会的なSUVが増えて、ユーザーは飽食気味になり、オフロード感覚を備えた原点回帰的なRAV4が注目されている。

 ハリアーとRAV4は、共通のベースを使いながら、異なるユーザーに受け入れられて売れ行きを伸ばしている。

 マツダもSUVに力を入れる。ハリアーのライバル車としてイメージしやすいのはCX-5だろう。

CX-5 285万4500円~

 2Lエンジンを搭載する「20Sプロアクティブ」(2WD)の価格は285万4500円で、ハリアーの「S」(2WD)は299万円だ。価格はCX-5が約14万円安い。

 しかも装備はCX-5が充実しており、「20Sプロアクティブ」にも、リアクロストラフィックアラート、アダプティブLEDヘッドライト、リアゲートの電動開閉機能、19インチアルミホイール(ハリアー「S」は17インチ)などが標準装着される。

 このようにハリアーに対するCX-5のメリットは、装備の充実と割安な価格だ。CX-5は先代型から価格の安さで人気を得ており、装備と価格を新型ハリアーと比べると、CX-5が35~40万円は割安になる。その代わり内装の質はハリアーが明らかに勝る。

CX-8(XDプロアクティブ Sパッケージ:399万9600円~)3列シートが装着されていたりと乗り心地も快適である

 価格の違いを考えると、ハリアーのライバル車に相応しいのは、CX-5よりもCX-8だ。CX-8は全車に3列のシートが装着されて内装も上質になる。海外で販売されるCX-9の幅を狭めた仕様だから(CX-5のロング版ではない)、乗り心地も快適だ。

 CX-8の価格は、装備の違いを補正するとCX-5よりも約40万円高く、ハリアーとほぼ同額だ。

 ハリアー「ハイブリッドG」の2WDは400万円、CX-8に2.2Lクリーンディーゼルターボを搭載する「XDプロアクティブ Sパッケージ」は、2WDが399万9600円になる。

 装備水準も近い。CX-8「XDプロアクティブ Sパッケージ」は、リアクロストラフィックオートブレーキや360度ビューモニターなどを標準装着した。

 ハリアー「ハイブリッドG」には、デジタルインナーミラーやエアバッグが作動した時などに自動通報される通信機能が備わる。内装の質は、CX-8もCX-5に比べると高められ、ハリアーとの優劣は好みの範囲に収まる。

CX-8の車内はハリアーよりも広めに設計されている

 そうなるとCX-8の魅力は、ハリアーよりも広い室内だ。CX-8の全車に標準装着される3列目シートは、ミニバンに当てはめるとコンパクトなフリードやシエンタと同等だが、国産SUVの3列目としては最も広くて快適だ。

 クリーンディーゼルターボの動力性能も、ハリアーでは得られない魅力になる。その代わりハリアーは、内外装のデザインを洗練させ、ハイブリッド特有の静かで滑らかな運転感覚も味わえる。

次ページは : まとめ