BMW、VWら輸入車を買うなら覚えておくべき4つの条件とは?? 


 月に200店舗のディーラーを回り、新車情報や販売状況を調べる「販売の鬼」、流通ジャーナリスト遠藤徹氏。『ベストカー』でも連載を持ち、当サイトでもたびたび人気車の値引き情報や新車情報などをレポートしてくれる。

 そんな遠藤氏にここで「輸入車でも思いっきり値引き交渉していいものなんですか」と聞いてみた。

 なんとなく「お金持ちが買う車」というイメージがあるし、こざっぱりした輸入車ディーラーに行くと「まさかお金の話なんかしませんよね?」という雰囲気を出してくる営業マンも多い。

 そういう場所で「で、これいくら安くしてくれんの?」って聞いていいものなのでしょうか? そこのところぜひ教えてください!!

文:遠藤徹


■輸入車ディーラーで「で、値引きはどれくらい?」と交渉していいのか?

 当然してもかまわないし、むしろ積極的に交渉すべきだ。ただ国産車と状況が同じとそうでない事情があるので、それを念頭に置く必要がある。

 発売したばかりのニューモデルは売り手市場だから、渋ちん(編集部註/遠藤氏の好きなワード。意味は「値引きが渋い」)であり、その後時の経過とともに拡大して行くのは共通している。人気の高いモデルもガードが固いのも同様である。

■狙うなら7〜8月、つまり今だ!!!!!

 国産車と異なるのは、輸入車にはモデルイヤーがあること。昔ほどきちんとしてないが、多くは毎年9~10月あたりに切り替えがスタートし、翌年の8月あたりに終了するまで順次「その年の仕様」に小変更を実施していく。

 新しいイヤーモデルになると細かく一部改良、仕様変更して価格も改定し、そのたびに値引き幅はシビアになり、その後、時の経過とともにゆっくり拡大して行く。

 つまり7~8月になると次のモデルイヤーを控えて「在庫一掃セール」になるので、大盤振る舞い状態に入り、買い時となる。

 ただしフルモデルチェンジ、マイナーチェンジなど途中で行われる場合はこれにこだわらず、モデルの切り替え前は在庫一掃セールで安くなり、新型車の発売直後はきつくなる。

次ページは : ■そもそも値引き幅は国産車と違うのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ