新型プリウス&新型アクアが投入!! 王座奪還できるのか?

新型プリウス&新型アクアが投入!! 王座奪還できるのか?

 トヨタは2020年7月1日、看板車種のプリウスおよびプリウスPHVの一部改良を発表した。2020年8月1日にはアクアも一部改良モデルを発表する予定だ。

 ここ最近、カローラやヤリス、ライズ、フィットの台頭で、プリウスとアクアの販売は極端な減少傾向にある。

 コロナ禍により影響があるとはいえ、4月の販売台数は、プリウスが9位、4669台(対前年同月比57.8%減)、アクアが10位、4551台(対前年同月比41.4%減)。

 5月の販売台数もプリウスが9位、3499台(68.2%減)、アクアが11位、3453台(対前年同月比56.0%減)と、かつてはトップ3の常連だった2車種の落ち込みぶりが目立ってきている。

 そんななか7月1日に行われたプリウスの一部改良、そして8月1日に予定されているアクアの一部改良モデルの内容を解説していこう。

 はたして、プリウスとアクアは今回の一部改良モデルの発売で、挽回できるのか?

文/遠藤徹
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】トヨタの既販売車種用後付け「踏み間違い加速抑制システムII」とは?


プリウス&プリウスPHVの一部改良モデルを2020年7月1日に発表発売

今回の一部改良は、安全、安心機能の強化、そしてトヨタ初採用となる「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」がポイント。写真はプリウス A“ツーリングセレクション”(2WD)
今回の一部改良は、安全、安心機能の強化、そしてトヨタ初採用となる「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」がポイント。写真はプリウス A“ツーリングセレクション”(2WD)
プリウスPHVはソーラー充電システムをオプション設定。また1500Wの外部給電機能が全車標準装備により、CEV補助金が一律22万円となった。写真はプリウスPHV A(2WD)
プリウスPHVはソーラー充電システムをオプション設定。また1500Wの外部給電機能が全車標準装備により、CEV補助金が一律22万円となった。写真はプリウスPHV A(2WD)

 トヨタはプリウスおよびプリウスPHVの一部改良モデルを2020年7月1日から発売するとともに、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラート、バックカメラ搭載ナビレディセットなど、さらなる安全・安心機能を充実させたプリウスの特別仕様車 S“Safety PlusII”(FF/275万5000円、E-FOUR/295万3000円)を設定し、同日発売した。

 一部改良の具体的なメニューは、トヨタセーフティセンスの機能向上やインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ「静止物」)を全車に標準装備。

 さらに、今回の一部改良で、運転が不安なドライバー向けにプラスサポート(急アクセル時加速抑制)をトヨタとして初採用したのも見逃がせないポイントだ。

 そして、災害時などに役立つ、外部給電機能を全車標準装備。さらに、プリウスPHVにはソーラー充電システムを全グレードにオプション設定。このソーラー充電システムは、太陽光で発電した電力を駆動用バッテリーに貯めて給電することが可能で、全グレードに設定した。

■プリウス&プリウスPHV 一部改良の主なポイント
1/安心、安全装備の強化
●予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の機能向上
・プリクラッシュセーフティの検知範囲が従来の昼間の歩行者のみ対応から、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大
・レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援するレーントレーシングアシスト(LTA)を装備
・カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促すロードサインアシスト(RSA)を追加
・先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能を追加

プリクラッシュセーフティの検知範囲はこれまで昼間の歩行者のみの対応だったが、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大した
プリクラッシュセーフティの検知範囲はこれまで昼間の歩行者のみの対応だったが、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者に拡大した

●駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備
●「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をトヨタ初採用
・高齢者や運転に不安なドライバー向けに、プラスサポート用スマートキー(販売店装着オプション/税込価格1万3200円~)を設定。このキーで解錠すると自動でシステムが起動し、進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制。インテリジェントクリアランスソナーに加え、ペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減に貢献することが狙い
・プラスサポートは、プラスサポート用スマートキーによる解錠以外、複雑な操作や設定は不要で、家族内でも、使用者に応じて標準スマートキーとの使い分けが可能

プラスサポート用スマートキー
プラスサポート用スマートキー
プラスサポート(急アクセル時加速抑制)作動・非作動時 比較イメージ
プラスサポート(急アクセル時加速抑制)作動・非作動時 比較イメージ

2/給電機能の強化
●AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備
●プリウスPHVでは、ソーラー充電システムを全車オプション設定

ソーラー発電量をマルチインフォメーションディスプレーに表示。発電量が確認しやすくなった

プリウスはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個(Eグレードは1個)/非常時給電システム付き)。プリウスPHVは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個、ヴィークルパワーコネクター付)として設定
プリウスはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個(Eグレードは1個)/非常時給電システム付き)。プリウスPHVは、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2個、ヴィークルパワーコネクター付)として設定
プリウスPHVにオプション設定されたソーラー発電システム。マルチインフォメーションディスプレイにソーラー発電量が表示される
プリウスPHVにオプション設定されたソーラー発電システム。マルチインフォメーションディスプレイにソーラー発電量が表示される

■プリウス 特別仕様車 S“Safety PlusII”の概要
●「S」をベースに、主に以下の機能を特別装備
・車線変更時の後方確認をアシストするブラインドスポットモニター
・駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意喚起するリアクロストラフィックアラートを装備
・後方の映像を表示し車庫入れをサポートするバックカメラに加え、ステアリングから手を離さずに音声操作やハンズフリー通話を可能にするステアリングスイッチがセットになったナビレディセット
・悪天候時にヘッドランプの明かりを補助するLEDアクセサリーランプ(薄暮灯)
 そのほか、車内を爽やかな空気で包むナノイー、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インナーミラーを特別装備

プリウスの特別仕様車 S“Safety PlusII”。価格はFF/275万5000円、E-FOUR/295万3000円
プリウスの特別仕様車 S“Safety PlusII”。価格はFF/275万5000円、E-FOUR/295万3000円

次ページは : 2020年8月1日に行われるアクアの一部改良の内容 クロスオーバーは廃止!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号