ヤリス&フィットも歯が立たず!? フォルクスワーゲンポロが絶賛される理由


 世界中にコンパクトカーはたくさん販売されている。コンパクトカーはグローバルカーとして販売されることが多く、日本車ではトヨタヤリス、ホンダフィット、日産ノート(欧州、北米では販売終了)、三菱ミラージュ、マツダマツダ2、スズキスイフトなどが、グローバルコンパクトとして評価も高い。

 しかし、同じBセグメントのコンパクトカーで別格の評価を得ているモデルがある。それがVWポロだ。

 今となってはコンパクトカーとは呼べないほど立派になったCセグメントで長きにわたりワールドスタンダードに君臨しているゴルフの弟分として販売されていて、ゴルフに勝るとも劣らないほど絶賛されている。日本での販売も堅調だ。

 なぜここまでポロの評価が高いのか? ヤリス、フィットはまだまだ追いつけていないのか? ポロが絶賛されている理由について岡本幸一郎氏が考察する。

文:岡本幸一郎/写真:VOLKS WAGEN、平野学

【画像ギャラリー】現行モデルが6代目 ゴルフの弟分として世界に認知されているポロの歴代モデルをチェック!!


日本では2代目から正規販売開始

「ビートル」の通称で親しまれたタイプ1に代わる大衆車としてフォルクスワーゲン(以下「VW」)が1974年送り出したのが初代ゴルフで、その弟分となるボトムレンジを担うクルマとして少し遅れて翌年登場したのが初代ポロだ。

 ゴルフと相似に近いデザインに、ふた回りほど小柄である点はいまと同じだ。

1994年にデビューした3代目ポロは日本で1996年から販売。ポロに初めてGTIが設定されたのもこのモデルで、日本でもにメジャーな存在となった

 初代ポロは日本では正式に輸入販売されなかったが、1981~1994年と長いモデルライフを送った2代目の途中でヤナセが限定的に販売。

 その後1996年よりフォルクスワーゲン グループ ジャパンにより本格的な販売が始まった3代目で、日本でも一気にメジャーな存在になった。

 さらには、ゴルフが先駆けとなったホットハッチの代名詞である「GTI」が初めてポロにも設定されたことで、まさしくゴルフの弟分というイメージが強まった。

 以降、2001年、2009年、2018年にモデルチェンジして現在で6代目となる。

低価格で世界に普及させることが重要視させているポロだが、エクステリアデザインはビックリするほど質感が高くなっている

ポロはBセグメントの世界最量販車種

 ポロはもともと南欧や開発途上国など、よりコンパクトで低価格な実用車を求める層に主眼を置いて開発されたクルマであり、その本質はいまでも変わっていない。

 グローバルではやはりCセグのゴルフが圧倒的に多いが、実は近年のSUV人気の影響で、より安価なゴルフやポロをしのいでティグアンがVWの最量販車種となっていることには少々驚かされる。

欧州でも人気のヤリスは、現行モデルで走りとデザインに特化したコンパクトカーだが、走りに関してはポロもベンチマークの1台だ

 そのいっぽうでポロはポロでダントツのBセグにおける世界最量販であり続けていることには違いない。

 それはフィット(ジャズ)やヤリスら日本勢にとってもはるかに及ばない域で、その大きな要因が、ほかでもない走りのよさに定評があるからだという。

 むろんフィットやヤリスもポロの牙城に迫るべく努力しているが、幅広い販売網や浸透した知名度を含めポロがこれまでに築き上げてきた地位はそう簡単には崩せそうにない。

次ページは : 長年輸入車の新車登録台数の上位に食い込む

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ