アクア C-HRに改良情報!!今夏以降の国内メーカー事情を網羅!

 毎月200店以上の新車ディーラーを回り「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。

 コロナ禍による生産調整や販売店の営業時間短縮、セールス活動の自粛などで新車販売が大幅マイナスとなっているなか、各社とも今夏から営業活動を活発化させる方向にある。

 そのなかでもトヨタは今後、他を圧倒するラインナップの強化によって新車販売で独走しそうだとのこと。一方でホンダはニューモデル投入が暗礁に?? …ほか、今夏以降の国内メーカー最新事情を先取りしお伝え!!!

【画像ギャラリー】トヨタのさらなる新鋭ヤリスクロスの画像6枚を中心に話題に登ったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年7月26日号


■トヨタ、アクアを8月3日一部改良

 トヨタは8月3日、アクアを一部改良します。今回の改良は一部グレードの廃止とボディカラーの再編などが中心になります。

 ボディカラーはセメントグレーメタリック、ダークブラウンの2色を設定する代わりにイエロー、ブルーメタリックの2色を廃止します。装備は中心グレードのS系を中心に簡素化されて、グレードはクロスオーバーや特別仕様車のSスタイルブラックが廃止になります。

トヨタ アクア(現行型・2020年6月の特別仕様車 S “Style Black” )

■トヨタ 8月4日、C-HRを一部改良、特別仕様車を設定

 トヨタは8月4日、C-HRを一部改良すると同時に特別仕様車を設定します。

 主な改良内容は、ACCの先行車追随機能追加、バックガイドモニターの標準装備、オーディオディスプレイのディーラーオプションナビ機能の追加、燃費表示のWLTCモードの採用などです。

 特別仕様車はGタイプをベースに特別色の「ダークグレーマイカ」を設定し、アラウンドビューモニターを標準装備したモデルになります。

写真は現行型

■トヨタ ヤリスクロスは8月31日に発表&発売!!

 トヨタは8月31日、新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」を発表、発売します。そして8月初めには価格を決めて、先行予約の受付を開始する見通しです。

 ヤリスクロスは5ドアハッチバックの現行ヤリスをベースとしたクロスオーバーSUVです。ヤリスと同じ1.5L NAガソリンと1.5Lハイブリッドを搭載します。

 車両価格はC-HRとライズの中間に位置し、200万~250万円程度に設定する見込みです。月販5000台規模を計画していますが、立ち上がり半年間は8000台以上を目指し、SUV分野のトップセラーに浮上する可能性があります。

注目のコンパクトSUV、ヤリスクロスは8月31日に発表、発売予定。価格は200万~250万円程度になる予想で、SUVの売れ筋モデルとなりそう

■ホンダ コロナ禍によってニューモデル投入は先送りへ

 ホンダは、今夏から年末にかけてのニューモデル投入スケジュールを軒並み先送りする見通しです。コロナ禍による影響です。

 当初は6月~8月はシビックタイプRのマイナーチェンジ&特別仕様車の設定、N-BOXのビッグマイナーチェンジ、10月~12月はN-ONEのフルモデルチェンジ、オデッセイのビッグマイナーチェンジ、電気自動車ホンダeの発売を予定していました。

 しかし、これがコロナ禍の影響でスケジュール調整が難しくなり、当初の予定よりも発売時期を1~2カ月先送りせざるを得ない状況となっています。

今後登場が予定されるホンダ新型車などは軒並み発売が延期になる見込み。改良型のシビックタイプRも予約開始が7月以降にずれ込む予定

 本来であればシビックタイプRの特別仕様車の200台分(グローバルで1000台)は5月末に先行予約の受付を開始する予定でしたが、これが今のところ7月あたりに延期されそうです。

 したがって標準車のシビックタイプRのマイナーチェンジは8月頃になる見通しです。

 こうしたことから以降に予定されているN-ONEの新型やオデッセイのマイナーチェンジなどの予定も、年末ぎりぎりまで先送りされる見通しです。

■トヨタ、7月1日プリウスを一部改良&特別仕様車を設定

 トヨタは7月1日、プリウスを一部改良すると同時に、特別仕様車を設定して発売します。今回の改良では「トヨタセーフティセンス」の衝突被害軽減ブレーキに夜間歩行者の検知機能、ACCに高速道路での追随走行機能などを追加して標準装備します。さらにメイングレードのAタイプにはムーンルーフなどが標準装備されます。

 特別仕様車はSタイプをベースに装備を充実させた「セーフティプラスII」を設定します。この改良車と特別仕様車は、6月中旬以降に価格を決めて先行予約の受付をスタートさせる予定です。

プリウス A ツーリングセレクション(一部改良後のモデル・ブルーメタリック)

■トヨタ、7月4日ポルテ/スぺイドに特別仕様車を設定

 トヨタは7月4日、ポルテ/スぺイドに特別仕様車「セーフティプラス」を設定し、発売します。

 この特別仕様車は最上級グレードの「G」をベースにインテリジェントクリアランスソナー、バックカメラ、HIDバックコンビランプなどを標準装備し、買い得価格を設定したモデルとなります。

 なお、ポルテ/スペイドは年内のモデル廃止が予想され、今回が最終のテコ入れ策となりそうです。

ポルテ(現行型)
スペイド(現行型)

■ダイハツ タフトは好調な滑り出し。早くも納期が3カ月待ち

 ダイハツが6月10日に発売した新型軽SUV「タフト」が好調な滑り出しを見せています。月販目標を4000台に設定したのに対して、発売までの事前受注台数はこの約2倍にあたる8000台に達しているのです。その後も順調に受注台数を伸ばしていて、納期が3カ月待ちの状況にあります。

 受注台数の大部分は最上級グレードのGターボで占められています。今のところ、キャストアクティバやスズキハスラー、ジムニーなどからの代替えが目立っています。

スズキ ハスラーと渡り合えるか? ダイハツ タフト

 ハスラーと直接対抗するモデルですが、大型ガラスルーフの「スカイフィールトップ」を標準装備するという特殊なラインナップのため、好き嫌いが発生し、「ハスラーほどの販売台数は期待できないのではないか?」という見方もあります。

■スバル 新型レヴォーグを9月末に発売。8月20日に予約開始

 スバルは新型レヴォーグを、9月末の発売を目途にスケジュール調整しています。

 8月下旬から先行予約の受付を開始する予定ですが、新型コロナウイルスの状況次第では若干のスケジュール変更もありそうです。

レヴォーグプロトタイプ

 新型レヴォーグは昨年の東京モーターショーで参考出展されたプロトタイプとほぼ同じ内容で市販化されます。

 エンジンは1.8Lターボのみで、4WDとCVTとの組み合わせ。グレードは17インチアルミホイールのGTと18インチのGT-H、STIの3グレードで、それぞれにアイサイトの進化バージョンを搭載する安全装備を充実させた仕様をラインナップします。

 標準タイプには引き続き「アイサイトツーリングアシスト」も設定します。

■タントの売れゆきが苦戦?

 2019年7月にフルモデルチェンジしたダイハツのタントが苦戦を強いられています。

 本来であれば現行モデルになってから3年近くが経過しているライバルのホンダN-BOXを抜いて軽自動車のトップセラーになってもおかしくないのですが、月販台数でN-BOXを抜いたのは2019年11月の1カ月だけです。最近はさらにランクダウンしています。

 5月の届出台数は軽自動車のランキングで8位に大幅下落しました。

 ダイハツの販売店筋では「サプライヤーからの部品供給が滞り3月~5月の間、生産ラインが時々止まり、ろくに供給ができなかったため」と説明していますが、現行タントはコストアップしていて、値引きがあまりできないといった要因もあるようです。

昨年7月にフルモデルチェンジし、新車効果でトップセラーになることが予想されたダイハツのタントだが、売れゆきは今ひとつ伸びていない状況

【画像ギャラリー】トヨタのさらなる新鋭ヤリスクロスの画像6枚を中心に話題に登ったクルマたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ