RAV4が変身!! 日本車界の傾奇者!! モデリスタ 圧巻のラインアップと足跡


最新モデルも芸の細かさが魅力

2020年4月に発売した特別仕様車のアルファードタイプゴールド(上)、ヴェルファイアゴールデンアイはキャラクターに合わせて差別化

 最新作を見ていくと、アルファード「タイプゴールド」とヴェルファイアの「ゴールデンアイ」のように、兄弟車でも個性が際立ち独自の世界観を提供。

 もっと驚くのが、RAV4とRAV4PHV用のエアロデザインをそれぞれ作り変えるところだ。本当に、芸が細かい。このあたりは、モデリスタ伝統の職人魂を感じさせるところである。

販売好調のRAV4はモデリスタのエアロの人気も高い。ノーマルよりもスポーティかつ精悍なイメージに仕上げられている
RAV4PHVはデザインは基本的にRAV4と同じだが、よりスポーティなキャラクターに合わせてエアロパーツも差別化。この芸の細かさがモデリスタの魅力

 個人的には、スタイリッシュSUV「C-HR」の「ブーストインパルススタイル」がオススメだ。大型フロントスポイラーが、低いシルエットを強調し、C-HRのクーペライクなスタイルが際立つからだ。

 最近のセダンやハッチバックは、ベース車のデザインがかなりスポーティになっているが、やはり全高の高いSUVやミニバンとの組み合わせが、モデリスタの魅力が光るところだと思う。

 ただ「GR」シリーズの誕生などで、モデリスタの役割も変化した。

 今後、モデリスタの名を冠した羊の皮被った系のモデルが誕生する可能性が低いことは、少し残念だが、裏を返せばドレスアップに特化することで、これまで以上にエモーショナルなものが登場することに期待したい。

モデリスタの手にかかると、スタイリッシュSUVのC-HRがさらに過激に大変身。開口部の大きなフロントバンパーが大迫力のブーストインパルススタイル
フロント以上に迫力があるリアビューは一度見たら忘れないインパクト。特にディフューザーを含めたリアバンパーのデザインが出色の出来

【画像ギャラリー】こんなクルマはもう出てこない!? モデリスタが世に送り出したオリジナルコンプリートカーの頂点に君臨する3台の共演