RAV4が変身!! 日本車界の傾奇者!! モデリスタ 圧巻のラインアップと足跡


 モデリスタは長年にわたってトヨタ車やレクサス車をカスタマイズして、独自のモデルを世に登場させてきた。

 2018年にTRD、トヨタテクノクラフト、ジータックスと統合され、ドレスアップに特化した感はあるが、精力的に開発を進めている。

 20年以上の歴史があり、今では知名度も高くなっているが、モデリスタってどんなことやっているのか? という疑問を持つ人もいるだろう。

 創業から現在までそのモデリスタの過去のモデル、最新モデルについて見ていき、どんな仕事をしてきたのかを考察していく。

文:大音安弘/写真:TOYOTA、MODELLISTA、池之平昌信、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】こんなクルマはもう出てこない!? モデリスタが世に送り出したオリジナルコンプリートカーの頂点に君臨する3台の共演


ドレスアップだけでなくコンプリートカーも販売

 トヨタ車の後付けカスタマイズ用品を手掛けるモデリスタの歴史は、1997年2月、トヨタモデリスタインターナショナル、モデリスタ神戸、モデリスタ福岡の設立に始まる。

 バブル崩壊後の新車市場の閉塞感の突破口として、カスタマイズ事業に取り組むことを目的としていた。

モデリスタのコンプリートカー第1弾がハイラックスサーフをベースとしたPX-01。丸4灯ヘッドランプ、メッシュグリルが精悍

 2002年には開発を主導する「トヨタモデリスタインターナショナル」に統合されるが、独立した組織であることに変わりはなかった。

 モデリスタとは、イタリア語でデザイナーを意味する。そのため、当初よりドレスアップに重きを置いてきた。

 設立後の初作品となるコンプリートカーは、1997年リリースの「サーフPX01」だ。

1998年に登場したPX12ナポリはカローラIIをベースに、当時流行っていた丸目+メッキグリルによってレトロデザインを実現

 当時、人気の高かったハイラックスサーフをベースに、専用エクステリアを中心に、サスペンションやマフラーなどのチューニングを加えたモデルで、専用丸目4灯ヘッドライトやワイドフェンダーを与えるなど、凝った作りであった。

 このPX-01を皮切りに、さまざまなコンプリートカーを投入。

 初期作品である「PXシリーズ」は、VIVIOビストロなどのレトロデザインのブームを受けたクラシック路線のモデルも多かったが、度肝を抜くモデルも存在。

ランドクルーザー80のラゲッジルームをくり抜いてピックアップとする大掛かりな変更によってレジャー感を好演出。ここまでできるのは高い技術力の証

 それが「ランクルダブルピックアップPX20」だ。なんとランドクルーザー80のラゲッジルームをくり抜いて、荷台を付けたアウトドアレジャービークルであった。

 メーカー直系ながら、異なる価値を提供しようとしたモデリスタの意気込みをヒシヒシと感じるモデルである。

当時話題のアルテッツァを魅力的に変貌

 1999年以降のモデリスタは、ドレスアップに主軸を置くのは同様だが、トータルバランスを追求したコンプリートカーの要素を強めていく。

 その走りといえるのが、ハチロク的セダンとして脚光を浴びた「アルテッツァ」をベースとした1999年6月発売の「アルテッツァ クオリタート」だ。

アルテッツァクォリタートは1999年登場。専用エアロパーツ&グリル、ゴールドのホイールなどでドレスアップ。ダークブルーマイカは専用色だった

 アルテッツァの基本デザインを活かしたスポーティなエアロパーツを纏い、インテリアも赤を基調とした専用仕様へと変更。シビエ製フォグランプとフジツボ製スポーツマフラーが奢られていた。

 さらにオプションに走行性能を高めるチューニングパーツを用意していた。因みにスーパーレッド外装色を採用した「クオリタート スーパーレッド」も翌年に追加された。

次ページは : MR-Sベースの完全オリジナル車

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ