グレイス ジェイド シビックセダン惜別試乗 さらばホンダの名バイプレイヤーたち

 グレイスとジェイドが7月に販売終了、シビックセダンもこの8月で販売終了となる。販売が振るわなかったとはいえ、個性的な3台だけに惜しい。

 3台の足跡と、同じように散っていった気骨のホンダ車たちを振り返る。

【画像ギャラリー】最後の撮影は雨の中…3台の勇姿と「とんがってる」歴代ホンダ車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:国沢光宏、清水草一、永田恵一、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年8月10日号


■3台の足跡を振り返る

 ジェイドは2013年9月にまず中国で販売を開始。日本では2015年2月から販売が開始された。当初は3列シートモデルのみの販売。ハイブリッドモデルのほか、1.5Lターボモデルもあり、ライバルとなるプリウスαと迷う人も多かったことだろう。

ホンダ ジェイド

 グレイスは先代フィット3ベースの5ナンバーセダン。いまやセダンも大型化していくなかで、貴重な存在だった。ハイブリッドは燃費もよく、フィットの「外しグルマ」として存在感があったと思う。

ホンダ グレイス

 悲惨なのはシビックセダンである。今年1月にマイナーチェンジされたばかりなのに廃止。ホンダはシビックセダンに恨みでもあるのかという扱いだ。

 実質的にシビックハイブリッド的立ち位置にいるインサイトもシビックセダンにトドメを刺した原因のひとつだ。シビックのほうがインサイトより全幅が20mm狭く(1800mm)、日本人としてはちょうどいいサイズのCセグセダンのはずだった。シビックセダンにe:HEVが搭載されれば……と、悔やんでも悔やみきれない。

ホンダ シビック

■国沢光宏があらためて評価「3台とも売れないのが明々白々だった」

 3台とも「売れないことが明々白々なのになぜ日本導入したんだろう?」と強く強く思う。

 新型車を出す場合、一般的には、(1)これは売れそう、(2)売れるかもしれない、(3)どうなるか注視、(4)微妙ですね、といったイメージ。

(5)100%売れないでしょ、と思えるケースは、5千年の歴史を持つ日本の自動車産業を見てもありませんワな。この3車種、揃って(5)に属す。

 当時、ホンダ以外のメーカーにこの3台の売れゆき予想を聞いた。興味深いことに皆さん口を揃えて「売れないと思います。ウチなら絶対出さない」。

 ホンダの社員ですら「なぜ多額のコストを投じ日本で生産することを決めたのかまったく理解できません」。

 考えてほしい。この3台、海外生産じゃなくあえて日本に生産ライン作ったのだ。売れなければムダ遣いになる。

無事丸刈りを回避した国沢氏。確かに現行シビックは販売が厳しい状況が続いている

 最初の「酷いね!」がジェイド。本来、中国におけるフィットの上級モデルとして企画されたモデルで、3列シートモデルは想定しておらず。加えて価格帯もフィットの10~15%高といったイメージ。

 なのに日本じゃストリームより圧倒的に高いプライスを付け、それでいて3列目シート使いモノにならず、2列目シートだって超安っぽかった。日本で160万円なら市場あったと考えます。

 シビックについちゃジェイドの時に「売れない」と言ったら逆切れされたため「日本でアクセラより売れたら丸刈りにしてやる!」と公言した。

 すべての点でインプレッサと同等レベルのシビックを、インプレッサより70万円も高い値付けしたら売れるワケない。グレイスだってホンダは日本に4ドアセダン買う顧客層を持ってないです。この大失敗、誰が責任取るんでしょ?

ジェイド

■清水草一があらためて評価「ジェイドとグレイスの消滅は惜しい」

 個人的には、ジェイドとグレイスの消滅は惜しい! この2台は確実に刺さる部分を持ったクルマだった。少なくとも私には。ホントですウソじゃないです。どっちも一瞬真剣に欲しいと思ったもん!

 ジェイドはものすごくスタイリッシュで、走りもよかったんだよね。あの重心の低さ、ステアリングレスポンスのよさはカーマニアを唸らせた。1.5Lハイブリッドは遅かったけど、1.5Lターボなら動力性能もOK! 

 3列目シートを緊急用と思えば、パッケージングだってオシャレさん! 走りを捨てられない中高年のクルマ好きなら、理想のファミリーカーとして一度は夢想したんじゃないか?

 ただ、価格設定があまりにも高すぎた。それに尽きる!

ミニ3シリーズと清水氏が太鼓判を押すグレイス。編集部の馬場も同じことを言っていたゾ

 グレイスも、ミニ3シリーズっぽい端正なルックスだったし、走りもステキ! ジェイドより軽かったから、1.5Lハイブリッドで充分軽快に走ってくれたんだよね。

 でもまあ、小型セダンってカテゴリー自体、日本じゃあまりにも厳しいからねぇ。そのわりには健闘したと思うのであります!

 この2台に関しては、新車販売は終了しても、中古車としてはこれからが狙い目だ。まだ全然死んでないぜ!

 シビックセダンに関しては、さすがに「死んだ」と申しましょうか……。グローバルでは世界で3番目に売れてるクルマだし、デキには文句はないですが、日本ではムダにデカすぎ。

 シビックハッチバックみたいなスポーティなイメージもなかったし、つまりウリがまったくなかった! それじゃ売れなくてアタリマエだ。中古車としての魅力もナイ! 日本に導入したこと自体が軽いミステイクだったと思うであります。是非もなし。

今回撮影に使わせていただいたグレードの主要諸元

■後継車のない絶版ホンダ車たち

(車両解説/永田恵一)

 後継車なく絶版となったホンダ車たちを自動車評論家の永田恵一氏が7台セレクト。こうやって見ると、個性的でアクが強いクルマが多い。ホンダ、とんがってます。

●S2000(1999~2009)

S2000(1999~2009)

 2005年のモデルチェンジまでは9000回転回る250馬力の2L NAを積む、ほとんどが専用部品のFRリアルオープン2シータースポーツ(モデルチェンジ後は2.2L、242馬力になり、レブリミットは8000回転に)。販売台数の少なさと高コストという理由で後継車が出ないのはわかるが、横置きミドシップだったら望みはないだろうか。

●CR-Z (2010~2017)

CR-Z (2010~2017)

 2代目フィットと深い関係のある、アシスト型で簡易なハイブリッドとなる1.5LのホンダIMAを搭載したライトな3ドアクーペ。悪くないクルマだったが、価格を考えるとスポーツモデルらしい速さや楽しさに欠けるのも事実で、直接的な後継車の登場は絶望的だろう。

●インテグラ(1985~2007)

インテグラ(1985~2007)

 もともとミドルクラスの3ドアクーペと4ドアハードトップで、最終的にはプレリュードも統合した3ドアクーペとなった。15年ほど前のクーペ絶滅期に絶版となったが、CR-Zとインテグラを統合した後継車としてアメリカ製のシビッククーペがあってもいい。

●ラグレイト(1999~2005)

ラグレイト(1999~2005)

 全長5mオーバー×全幅約1.9mの巨大なボディに3.5L V6を搭載したアメリカンなビッグミニバン。ビッグミニバンらしい魅力はあったが、いかんせん日本では大きすぎ絶版となった。アメリカ製だけにグランエース人気も考慮して実験的でもいいから復活を望む。

●エレメント(2003~2005)

エレメント(2003~2005)

 2代目CR-Vをベースに、センターピラーレスの観音開きドアや汚れに強いインテリアを持つアメリカ製SUV。初期モデルで消費税抜き259万円という価格の高さで売れず、後継車がないのもわかる。トヨタTjクルーザーの影響を受けた復活に期待したい。

●アコードワゴン(1989~2008)

アコードワゴン(1989~2008)

 初代と2代目はアメリカ製で、最終的にアコードツアラーとなったステーションワゴン。ミニバンながら全高を低くした3代目&4代目オデッセイとのバッティングもあり4代目で絶版となった。中国で販売される同クラスのクロスオーバーが後継車に近いか?

●初代インサイト(1999~2006)

初代インサイト(1999~2006)

 空気抵抗低減を極め、軽量化のためアルミ製とした2シーターの3ドアクーペボディに、1L3気筒+ホンダIMAハイブリッドを搭載した燃費追求の実験車のようなモデル。技術レベルは高いが、実用性や普遍性に欠けるため絶版になったのもわかる。ただ、インサイトという車名は今も消えていない。

■まとめ

 最後に、ガソリンスタンドで洗車をしていた時のエピソードをひとつ。スタンドの若い兄ちゃんが「このクルマ、めちゃカッコイイですね」と言ったのはグレイス。販売終了になる旨を伝えるとなんとも悲しそうにしていた。

 今回は辛口になったが、刺さる人にはがっつり刺さるのがグレイスなのだ。タイでは新型シティ(グレイス)が発表されており、これがまたカッコイイ。日本で新型グレイス発売の可能性もゼロじゃないかも?

【画像ギャラリー】最後の撮影は雨の中…3台の勇姿と「とんがってる」歴代ホンダ車たちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ