プリウスα タンクなど販売終了… 混迷の新車市場最新ニュース


■トヨタ カローラアクシオ&フィールダーはしばらく継続販売

 トヨタは昨年9月にカローラシリーズをフルモデルチェンジしても、従来モデルのカローラアクシオ&フィールダーを継続販売しています。価格が安くて5ナンバーサイズのため、法人向けやレンタカー用としてニーズがあるためです。

 ただ当初、継続するのは1年程度の予定だったのですが、カローラアクシオ&フィールダーは9月1日にヘッドライトスイッチの法規制対応による一部改良をします。法人需要がまだあり、1年経過後もしばらくまた継続して生産販売する見込みです。

 1.5Lのガソリン車とハイブリッド車の格安モデルに限定し販売しており、受注台数がある程度たまった段階で生産、納車する方式を取っています。法人だけでなく一般ユーザーも購入できますが、納車は3カ月程度待たされる場合が多いようです。

旧型カローラのカローラアクシオ&フィールダーは継続販売されているが、売れゆき好調のため、当初の予定を延長してもうしばらく販売される

■トヨタ ルーミー/タンクはタンク廃止で、ルーミーに一本化

 トヨタは9月15日、ルーミー/タンクをマイナーチェンジしますが、この時にタンクを廃止し、ラインナップをルーミーに一本化します。

 タンクのスポーツ&上級バージョンはフロントデザインを残してカスタムモデルとして継続するのですが、タンクの名称は廃止します。標準モデルは従来のルーミーが継続することになります。

トヨタ ルーミー
トヨタ タンク

 今回の改良は、パーキングブレーキを足踏み式から、電子制御タイプに切り替えるのが大きなポイントです。さらに、先進安全装備のセンサーを新型カメラに切り替えて検知性能の向上を図ります。

 ボディカラーは従来の9色から7色のラインナップに再編します。なお、8月上旬から価格を決めて、先行予約の受付をスタートさせています。

次ページは : ■スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 過去最高レベルの販売実績!!! 納期も…??