パジェロの名声を轟かせた名工場が閉鎖…さらばパジェロ製造 輝かしい軌跡をたどる


数々の金字塔を打ち立てパジェロ製造に社名変更

 東洋工機は特装車の製作に長い経験を持ち、架装も得意だ。これに目をつけ、1987年にはFF方式に生まれ変わった5代目のミニカをベースに、背を高くして積載能力を高めたエコノウォークスルーバンの車体架装も行った。

 年号が平成に変わった1989年は2つの金字塔を打ち立てている。

 ひとつは初代パジェロの生産累計50万台達成の偉業だ。もうひとつは、三菱電機のエスカレータートラスの生産累計1万台達成である。

初代パジェロを大量に生産する傍らで、ミニカエコノをベースにした特装車であるミニカエコノウォークスルーバンの車体架装を手掛けた

 ちなみに1991年にはパジェロが第2世代にバトンタッチし、その2年後には累計100万台生産の大記録を打ち立てた。

 この記録達成の直後に本社の新社屋が完成し、10月には三菱ジープの生産累計が15万台になるなど、飛躍の年となっている。社名を「パジェロ製造株式会社」に変更するのは1995年7月だ。社名を一新し、新たなスタートを切った。

2代目パジェロは日本でRVブーム、クロカンブームの火付け役だったので最盛期には日本だけで年間8万台レベルが売れていた。累計200万台は3代目で達成

チャレンジャーがパジェロスポーツへと進化

 21世紀になってからは、2001年夏にチャレンジャーの一貫生産を開始している。これはフォルテ4WDの流れを汲むオールラウンドスポーティRVで、メカニズムの多くは2代目パジェロのロングボディと共通だ。

2代目パジェロのコンポーネントを使って誕生したチャレンジャーは1996~2001年に日本で販売。海外向けに2011年まで生産され2代目にバトンタッチ

 海外では「モンテロスポーツ」の名で販売を行い、ついには「パジェロスポーツ」へと発展する。創立60年の節目となる2003年12月には三菱自動車の完全子会社になり、三菱4WDシリーズの重要な生産拠点になる道を選んだ。

 2007年からは個性派ミニバンのデリカD:5の生産を任され、2015年12月にはアウトランダーの補完生産を開始するようになった。

 この2車種を主役に、現在も海外向けの左ハンドル仕様のパジェロと自衛隊専用モデルとなるハーフトン(1/2t)トラックの生産を行っている。

2代目パジェロベースの自衛隊専用モデルを1996年から供給中。2003年以降73式小型トラックから1/2tトラックに名称変更。出典(陸上自衛隊HPより引用)

次ページは : 三菱には生き残る道が残されている