あえて「クルマ」にこだわるトヨタの宣言と覚悟【東京モーターショー2017開幕】


 2017年10月25日、クルマ好きの祭典である東京モーターショーが、有明の東京ビッグサイトで開幕しました(10月25日はプレスデー、一般公開日は10月28日〜11月5日)。

 各メーカーの先陣をきって午前8時30分よりプレスブリーフィング(報道陣向けのお披露目説明会)を開いたのはトヨタ自動車。本記事では速報でお届けします。(記事後半にトヨタ副社長のスピーチ全文があります)

文:ベストカーWeb編集部


■挑むのは、不可能へのチャレンジ

 「Start Your Impossible」というフレーズをタグライン(商品広告における中心的なキャッチフレーズもしくはスローガン)とし、あらゆる人に移動の自由を届けることを企業メッセージとして伝えてゆく。

 トヨタブースの壇上に立つトヨタ自動車取締役副社長ディディエ・ルロワ氏は高らかにそう宣言した。

 「ここ東京で開催されるモーターショーで、フランス人であるわたしが壇上に立っていることに、とまどいを覚える方もいらっしゃるかもしれません。大丈夫です、間違えてはいません。ここは東京です」

 と冒頭で軽いジョークを交えて緊張した報道陣に微笑みかけるルロワ氏。確かに「トヨタの顔」といえば豊田章男社長だが、豊田氏自身、いまは自動車工業会の会長代行として「日本のクルマ界全体を引っ張っていく立場」に立っており、トヨタ一社のプレス対応に執着はできないということだろう。

 加えてトヨタが打ち出す「多様性」を示す意味でも、東京モーターショーにおいてフランス人のルロワ氏が英語でスピーチすることに意義があったといえる。

 「人工知能」と「コネクテッド」をキーワードとし、すべての人に「クルマの楽しさ」を伝えていきたい、と語るトヨタ。

 そのビジョンのひとつが自動運転技術にあり、「ショーファー(自動運転)」と「ガーディアン(高度安全技術)」というふたつのキーフレーズで、2020年には高速道路上で、2020年代前半には一般道で、これ(自動運転技術)を実用化していくという。

 トヨタブースには、2018年夏(おそらく6月)にフルモデルチェンジ予定の新型クラウンも展示されており、報道陣の人気を集めていた。

 「トヨタはクルマを愛しています」と力強く宣言するルロワ氏。

 昨今の自動車界では、(人工知能や自動車運転技術の隆盛で)「自動車メーカーはクルマ以上のものを作るべきではないか」という風潮があるなかで、あえて「クルマで人を幸せにしたい」という決意を語っているように感じた。

■トヨタ自動車取締役副社長 ディディエ・ルロワ氏スピーチ全文

 皆様、おはようございます。

 先ほどビデオをご覧いただいたとおり、「Start Your Impossible」(「不可能と思えることにチャレンジしよう」)が今日のキーワードです。

 トヨタは、「グローバル・ビジョン」のコミットメントに沿って、オリンピック・パラリンピックのパートナーシップをきっかけとしたグローバルな企業としてのチャレンジをスタートいたします。

 そのテーマが「Start Your Impossible」です。本日より、日本でもトヨタの企業としてのタグラインとなるものです。我々にとって、これは言葉以上に大きな意味を持つものであり、「Mobility for All」(「すべての人に移動の自由を」)の実現に向けた決意を表すものです。

 すべての人が参画し、「限界」を打ち破れるような社会づくりに貢献すべくトヨタは、どんなに困難なことにも挑み続けます。

 人それぞれの「限界」もあれば、身体的・社会的に課された「限界」もあるでしょう。私たちはそのために、オリンピックやパラリンピックのアスリートから勇気やファイティングスピリットを学びたいと考えています。アスリートは、母国の希望や想いを背負い、日々それぞれの困難を乗り越え続けているからです。

 社長の豊田は、将来のモビリティ社会を切り拓くのは、「もっといい社会をつくりたい」という情熱で他者に勝る者、と申し上げています。

 1937年、豊田喜一郎は当時の日本に自動車を普及させることが、国の発展に欠かせないと考えました。多くの人に「不可能だ!」と言われながら、彼は仲間とともに最初の一歩を踏み出しました。

 自動車業界がかつてないスピードで変化する今、私たちは新たな転換期を迎えています。トヨタは、この変化は自らを変革する「チャンス」と捉えています。ただ、我々がヒューマンサポートロボットやカーシェアサービスのような新しい領域に進もうとしているなかでも、クルマには特別な何かがあります。

 どんな形であってもモビリティが実現すべき価値……それは「自由」です。私たちが自由に移動できるとき、どんなことも可能になるのですから。

 それこそが、クルマが楽しく、人々が単なる機械としてではなく、愛する対象としてクルマを見る理由だと思っています。

次ページは : ■クルマへの愛は、時間とともに色あせるものではない

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ