歴戦のプロを今なお魅了してやまない名機たち エンジンが個性的なクルマ 5選

 クルマの心臓部たるエンジン。自動車評論家、そしてレーシングドライバーでもある松田秀士氏が、個性派エンジンを搭載した国産モデル5台を旧車&現行車から選出。類まれなる個性派5台が揃った。

【画像ギャラリー】RX-8 マツダ3 フロンテクーペ…珠玉の個性派エンジンを積んだ傑作モデルたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
選者&文:松田秀士/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■まさに唯一無二のマツダ ロータリーエンジン

 個性的なエンジン。世界で唯一の存在として注目を集めたマツダのロータリーエンジンだろう。

 ロータリー搭載車は数あれど、なかでも個性的なのは、現時点で最後のロータリーエンジン車となったRX-8だ。それに搭載された13B-MSPエンジンだ。

マツダ RX-8(2003年)…個性的ロータリーエンジン、現時点で最後の搭載車、RX-8。観音開きの4ドアも個性的だ

 そのどこが個性的なのか? というと、それまでのロータリーエンジンはペリフェラルポート式といって、吸排気用のポート(穴)がおむすび型ローターが回転する頭上の天井に開いていたのに対して、ローターの側壁に開けたサイドポート式を採用したこと。

 ペリフェラル式は吸排気のオーバーラップ(同時に開いている)が発生するうえ吸排気ポートのタイミングに制約があるのに対して、サイドポートはオーバーラップ解消が可能。

 加えて開閉タイミングの自由度が広がり、よりたくさんの吸気が可能になりパワーが出せる。自然吸気でもターボ並みのパワー、それがRX-8だった。

■世界の誰も成功しなかったSKYACTIV-Xの技術

 同じくマツダがMAZDA3などに搭載するSKYACTIV-Xも個性的。もうマツダは個性派エンジンのデパートです。

マツダ MAZDA3(2020年)…SKYACTIV-X搭載のMAZDA3やCX-30も個性派

 ガソリンエンジンをディーゼルのように圧縮着火させるこの技術は世界中の自動車メーカーのエンジニアが研究し、成しえていない技術。

 初めて試乗した時、「ある回転域だけHCCI(予混合圧縮着火)を行っているのだろう」と高を括っていたのだが、実際には非常に広い回転域でHCCIを行っていたことに驚いた。

■「個性的」というよりも「優秀」 スバルの水平対向ボクサーエンジン

 スバルといえば水平対向のボクサーエンジン。

 現在その主流は4気筒だがアルシオーネの時代から6気筒が存在した。

 その最終機となったのがEZ36型、3.6Lの水平対向6気筒エンジンで4代目アウトバックに搭載されていた。

スバル 4代目アウトバック(2009年)…スバル特有の個性派、ボクサーエンジン。その水平対向6気筒、3.6Lを搭載。5代目に搭載されなかっただけに個性的といえる

 その排気量ゆえ低回転域で力強く、高回転域までフラットで滑らか。

 6気筒ゆえにバランスがよく振動の少ない、「個性的」というよりも「優秀な」エンジンだった。

■直列5気筒のホンダ インスパイア

 ホンダ インスパイアの初代と2代目に搭載の直列5気筒エンジン。国産の直5は後にも先にもこのG20AとG25A型のみ。

ホンダ初代インスパイア(1989年)…専用設計された2L(G20A)と2.5L(G25A)の直列5気筒エンジンを搭載。クルマもヒットした

 FFに直5は長すぎる! フロントミドシップと銘打ってフロント車軸上にエンジンをポン置き! なのでドライブシャフトがオイルパンを貫通していた。ホンダはこのレイアウトをほかのエンジンでも採用してましたね。

■最も忘れられない スズキ フロンテクーペの排気ノイズと白煙

 最後は古いです。2サイクル直列3気筒360ccをRR搭載したスズキフロンテクーペ。3連キャブレターで37ps‌を発生。

スズキ フロンテクーペ(1971年)…直列3気筒360ccをRR搭載し、3連キャブで37psを発生したフロンテクーペ

 筆者は当時ライバル車のホンダZを所有していたので、“信号GP”からフル加速する、フロンテクーペの3気筒エンジンの排気ノイズと白煙が忘れられない。

【画像ギャラリー】RX-8 マツダ3 フロンテクーペ…珠玉の個性派エンジンを積んだ傑作モデルたちをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ